お腹が妊婦並みに出てる・・・最速でぺたんこに治す!ぽっこりお腹をへこます治療方法

美容クリニック

お腹が妊婦並みに出てる・・・というぽっこりお腹を何とかへこましたい40代、50代の女性は特に必見です。

お腹周りが急に太ってきて、気付いたら妊婦並みにお腹が出てた・・・

という人もいるのではないでしょうか?

よくぽっこりお腹をへこますのに、腹筋とかエクササイズが良いよ~と勧める人が多いですが、基本的にトレーニングや運動やエクササイズでは、都合よく「お腹だけ」を部分痩せしてぺたんこに治す事はできません。

それは腹筋を根気よく続けたとしても同じです。

筋トレは筋肉を肥大させる効果はありますが、お腹周りの脂肪だけが燃焼して落ちる事は医学的にあり得ません。

ぽっこりしたお腹周りの脂肪を落としたいのであれば、摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状態をキープして、体重を落とす事によって体全体の脂肪が燃焼されていくので、その中でお腹周りの脂肪も一緒に落ちるという事になります。

つまり普通にキツイ食事制限を続けるか、運動をして消費カロリーを増やすなりしてダイエットをしないといけないという事になります。

ダイエットをすると内臓脂肪の方が落ちやすいですが、指でつまめる部分にある皮下脂肪は中々落ちません。

本当に落ちません。マジで落ちません。

なので、下腹などのぽっこりお腹をぺたんこに治したいのであれば、痩身治療を受けるのが一番のおすすめになります。

美容クリニックでの「痩身治療」であれば、お腹周りの皮下脂肪「だけ」を部分的に落とす事が可能です。

最近はお腹周りの脂肪を落としてへこましたい!とクリニックに来る方がとても多いです。

ここでは、ぽっこりお腹をへこます治療方法で、特におすすめできる施術をいくつか紹介します。

お腹が妊婦並みに出てる・・・ぽっこりお腹をへこますには?

先ほども書きましたが、お腹周りの脂肪「だけ」を部分的に落としたいのであれば、美容クリニックの痩身治療以外ではできません。

病院では注射や薬やマシンを使って、お腹周りの脂肪だけをピンポイントに落とす事でぺたんこに治す事ができます。

そしてどの治療も当然ですが、臨床実験により医学的な根拠(エビデンス)が、しっかりとあり確実に効果があるダイエット方法になっています。

よくぽっこりお腹なんて言うけど、

お腹周りには上記のように皮下脂肪内臓脂肪の2種類の脂肪がついています。

皮下脂肪
⇒女性は皮下脂肪がつきやすい。指でつまめる脂肪が皮下脂肪です。落としにくい脂肪です

内臓脂肪
⇒腹筋のさらに奥にあって臓器の周りにもついている脂肪が内臓脂肪です。減量すると内臓脂肪の方が先に燃焼されて減る

同じぽっこりお腹でも人によって、

皮下脂肪が多いタイプと内臓脂肪が多いタイプで違いがあります。そして、その人の脂肪の付き方によって効果的な治療方法が変わってきます。

例えば皮下脂肪だったら機械を使った痩身治療や脂肪溶解注射などがとても効果的です。

内臓脂肪に関しては、ダイエットで体重が減る事で、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が優先的に減っていくのでサクセンダというダイエット注射やダイエット薬を用いる事が多いです。

美容クリニックの痩身治療ではその人に合った、一番効果的な治療方法の組み合わせで、ぽっこりお腹をへこます治療を行います。

↓ぽっこりお腹をへこます具体的な治療方法を解説

最速でぺたんこに治す!ぽっこりお腹をへこます治療方法

体重を落としてもなかなか落ちない難敵が「皮下脂肪」です。

以下で紹介するマシンでの治療はその皮下脂肪をターゲットにした治療になります。

クールスカルプティング

⇒脂肪組織を凍らせて破壊する治療方法

【お腹の皮下脂肪を減らす】

クールスカルプティングは、手のひらくらいの大きさのアプリケーターをお腹につけて脂肪を4℃以下に冷却し脂肪細胞が生きていけないくらいまで冷たい温度にする事で破壊していきます。

破壊された脂肪細胞は老廃物と一緒にゆっくりと体から排出されていきます。

1回で今ある脂肪の約20%の脂肪を減少させることができるという医学的なデータもあるので効果は確実。

脂肪細胞の数を減らす事ができるので、やった部位への効果は半永久。

仮に何年後かにかなり太ったとしても他の部位にある脂肪細胞が大きくなりますが、脂肪細胞を減らした部分のリバウンドはほとんどしなくなります。

厚生労働省やアメリカのFDAで認可されているダイエット治療です。もちろん回数を重ねる事によってさらにぽっこりお腹をへこます事ができます。

効果が出るまでの期間
約1ヶ月後くらいから効果が分かり始めて最も効果が出てくるのは2~3ヵ月後

ダウンタイム
ほとんどない

↓クールスカルプティングをもっと詳しく知りたい方はこちら

クールスカルプティングの特集ページ。

トゥルースカルプiD

⇒ラジオ波で脂肪を温めて減少させる

【お腹の皮下脂肪を減らす】

トゥルースカルプiDはラジオ波を使用した痩身マシンで、皮下脂肪の脂肪細胞を温めて破壊する事で排出させるダイエット治療。

脂肪細胞を15分間45℃に加熱する事で破壊して排出させることで脂肪を減少させる事ができます。

こちらもクールスカルプティングと同様に、

1回の施術で約24%の脂肪を減少させる事ができるというエビデンスがあります。

加熱系の治療になるので、皮膚を引き締めつつ脂肪を落とすので大きく脂肪が減少してもたるみにくいのが特徴です。

最大で同時に6部位へ同時に照射が可能なので施術時間がとても速いのもポイント。

こちらもやった部分の脂肪細胞は減ったままになるので、やればしっかりと効果として残ります。

効果が出るまでの期間
約1ヶ月後くらいから効果が分かり始めて最も効果が出てくるのは2~3ヵ月後

ダウンタイム
ほとんどない

↓トゥルースカルプiDをもっと詳しく知りたい方はこちら

トゥルースカルプiDの特集ページ。

エムスカルプトNEO

⇒脂肪と筋肉に同時にアプローチするマシン

【お腹の皮下脂肪を減らす】

エムスカルプトはお腹の脂肪を落としながら同時に腹筋も鍛える事ができるマシンです。

MRIのように磁場を発生させて筋肉を収縮させる仕組みで、EMSを強力にしたような機械になっています。

臨床試験では30分間の施術で、

脂肪量が約19%減少して筋肉量が約15.4%増加しています。

最新のエムスカルプトneo(ニオ)というマシンは、2020年12月に日本に上陸したばかりの最新マシンです。

エムスカルプトneoは3回の施術で約3ヶ月間みっちり運動したのと同じくらいの効果があると言われています。

出力も20%~100%まで自由に調整できるので初めての方でも安心です。

効果が出るまでの期間
約1~2ヶ月後

ダウンタイム
ほとんどない

↓エムスカルプトNEOをもっと詳しく知りたい方はこちら

エムスカルプトNEOの特集ページ。

脂肪溶解注射

⇒注射した部分の脂肪を溶かして排出する

【お腹の皮下脂肪を減らす】

脂肪溶解注射は脂肪を減らしたい部分に注射するだけで、ピンポイントにその部分の脂肪を溶かして排出させるという治療です。

小顔にするためによく使われている注射ですが、お腹や太ももや二の腕などの体の脂肪にも使えます。

ただ体の脂肪になるとついている量も多いので、脂肪溶解注射の量が少しだと大きな変化を出せません。

具体的にはお腹全体だと1回大体50cc~60ccくらいが目安量になります。

1ccあたりの単価はBNLS注射が安いクリニックだと1,980円くらいです。

脂肪溶解注射だけでお腹全体をへこますとなると、かなり高額になってしまうので、くびれを作ったり下腹のぽっこりをぺたんこに治すようなボディデザイン的な使い方をするのがおすすめと言えます。

効果が出るまでの期間
脂肪が減ったなぁ~と実感するまでは約1~2週間

ダウンタイム
ほとんどない

↓脂肪溶解注射をもっと詳しく知りたい方はこちら

脂肪溶解注射の特集ページ。

サクセンダ

⇒注射で食欲と食事量をコントロールできる

【お腹の内臓脂肪を減らす】

内臓脂肪を減らすには減量が必要になってきます。つまり体重を減らすダイエットをしないといけません。

ストイックな方なら自分で食事制限をして体重を落とす事ができるかもしれませんが、食欲と空腹に耐えるのは本当につらいですよね?

この辛さでほとんどの方が失敗します。

そこでこのサクセンダ注射の出番になります。

サクセンダは1日1回自分でお腹に注射をするタイプのダイエット薬で、注射をする事で、満腹中枢に働きかけて食欲を抑える事ができます。

具体的にはいつもの半分くらいの量しか食べていないのに満腹になって、「もう食べたくないやぁ~」となります。

食欲を抑えて食事量も自然と減るので、空腹で辛いとか食べたいのに我慢するという事がなくなります。

自分で注射というと怖いですが、上記のように針は髪の毛くらい細いし5mmくらいの長さなので、痛みもほとんどなく数回使えばすぐに慣れます。

サクセンダを使いつついつも通りの生活をするだけで、いつの間にか痩せているという事が可能になります。

ストレスゼロです。

使用すればほぼ100%に近い人が確実に痩せる事ができるので、

医者や医療従事者の間でも「楽痩せ注射」と呼ばれていて、効果の面で見たら一番評価が高い薬です。

高須クリニック院長の話では、今まで色々なダイエットを試してきたけど、一番ストレスも忍耐も必要なく痩せる事ができたと言っています。

また、サクセンダを自分も含めて100人近くの友人が使ったけど、その全員が1ヶ月で3kg~5kg痩せたとおっしゃっています。

効果が出るまでの期間
個人差はあるが約1ヶ月で-3kg~5kgが多い

ダウンタイム

↓サクセンダをもっと詳しく知りたい方はこちら

サクセンダの特集ページ。

ダイエット薬

⇒食欲をコントロールしたり、カロリーカットをする

【お腹の内臓脂肪を減らす】

ダイエット薬を使った治療では、飲み薬を使って食欲をコントロールしたり、糖や脂肪の吸収をカットする事で体重を減らして内臓脂肪を落としていきます。

「サノレックス」、「ゼニカル」、「アカルボース」などが有名な薬です。

これらを飲むことでカロリーカットをして摂取カロリーを減らす事ができます。

そして、摂取カロリー<消費カロリー

という状態を作り出して体重と内臓脂肪を減らしていく事ができます。ただサクセンダと比べると効果は低いです。

効果が出るまでの期間

ダウンタイム

↓ダイエット薬をもっと詳しく知りたい方はこちら

ダイエット薬・痩せ薬の特集ページ。

女性は皮下脂肪が付きやすいです。

ただ、お腹のぽっこりが皮下脂肪タイプの方だとしても必ず内臓脂肪も付いています。

ですので、最速で「お腹をぺたんこ」にしたいのであれば、

上記で紹介した皮下脂肪を減らす治療と併せて、自分で食事制限や運動で「摂取カロリー<消費カロリー」の状態をキープする事で同時に内臓脂肪と皮下脂肪を減らす事ができるので効果が出るのがより早くなります。

自分でダイエットをするのが難しいという方は、

サクセンダのような内臓脂肪を減らす治療を同時にやる事を検討しましょう。

30代~50代のお腹が妊婦並みに出てる・・・とお悩みの方に最速でぽっこりお腹をへこます治療方法をご紹介しました。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。