ゼニカル(オルリガル)激安通販!一番安い個人輸入サイトは?【本物/正規品】

美容アイテム・お薬

ついつい食べ過ぎたりドカ食いしてしまう・・・といった方にピッタリの飲み薬が脂肪の吸収を阻害するゼニカルです。

ゼニカルとは歴史も古く、かなり昔から日本やアメリカなどで使われている飲み薬になります。

簡単に言うと、食べた脂肪分の吸収を阻害して便として排出する薬でカロリーの高い脂肪分を体に吸収させないようにするものです。

脂肪分はカロリーがとても高いので、海外では肥満治療薬として多くの方が利用しています。

ゼニカルは肥満治療薬として世界でもっとも使われていると言ってもいいメジャーな薬で、約2000万人以上が利用していると言われています。

↓ゼニカルの効果はどうなの?

ゼニカル(オルリガル)の効果は?本当に痩せるの?

ゼニカルは有効成分のオルリスタットが、

膵臓のリパーゼという消化酵素を止めて、食事で摂取した脂肪を便から排出してしまう飲み薬になります。

色々な飲み薬がありますが、脂肪の排出量は随一で効果が高いのがメリットです。

具体的には摂取した脂の約30%をカットしてくれます。

焼肉や唐揚げなどの揚げ物やラーメンなど脂肪が多い食事をした時や食べ過ぎてしまった時などに飲むと、その食べた脂肪分をなかった事にしてくれるので、とても大きな効果を発揮します。

吸収を阻害した脂質は大体1~2日後に脂がキラキラした脂肪便として排出されます。

「こんなに脂が出たのかぁ~」と実感しやすい薬です。

ゼニカルがおすすめな人
・とにかく脂っぽい食事が好きな方
・よくジャンクフードを食べている方

・飲み会などでついつい食べ過ぎてしまう方
・主に脂質や食べ過ぎが原因で肥満になっている方

このような方はゼニカルが特におすすめな方です。

脂分というのはカロリーが高いので、その分だけでも抑制できるのは大きいですよね。

また、ゼニカルのジェネリックとして日本で人気なのがオルリガルという薬になります。ジェネリック品なのでゼニカルと同じ効果になります。

ゼニカルやオルリガルは日本では未承認の医薬品になるので、

楽天やamazonや薬局などで購入する事ができません。入手するには個人輸入の通販か、海外から輸入している一部の美容クリニックでのみ購入する事ができます。

以下で紹介する通販サイトでは、ゼニカルやゼニカルのジェネリックで人気のオルリガルを取り扱っている個人輸入の通販サイトです。是非チェックしてみてください。

↓ゼニカルの通販ができるサイト!

ゼニカル(オルリガル)の激安通販・個人輸入はココ!一番安いのは?

ゼニカルが一番安い通販サイトは?

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★ゼニカル
・1箱(120mg/42錠)⇒7,326円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★ゼニカル
・1箱(120mg/42錠)⇒
9,496円
・1箱(120mg/84錠)⇒
19,800円
くすりエクスプレス ★ゼニカル
・1箱(120mg/42錠)⇒
9,496円
・1箱(120mg/84錠)⇒
19,800円
メデマート ★ゼニカル
・1箱(120mg/42錠)⇒
8,550円
・1箱(120mg/84錠)⇒16,250円

※横にスクロールできます

オルリガルが一番安い通販サイトは?

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★オルリガル
・1箱(120mg/84錠)⇒6,701円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★オルリガル
・1箱(120mg/84錠)⇒6,980円
くすりエクスプレス ★オルリガル
・1箱(120mg/84錠)⇒6,980円
メデマート ★オルリガル
・1箱(120mg/84錠)⇒
4,980円
・1箱(120mg/168錠)⇒9,960円

※横にスクロールできます

ゼニカルは美容クリニックで処方してもらうと1錠250円~650円くらいが相場になっていて、個人輸入の通販サイトで購入するよりもかなり割高で購入する事になります。

上記のようにゼニカルならユニドラメデマートが安いですし、オルリガルならメデマートが一番安いのでおすすめです。

ゼニカルはアメリカのFDAで認可されている肥満治療薬!美味しい料理を食べるのが我慢できない・・・という方は持っておいて損はない薬です。

ゼニカルの使い方と飲み方!一番良い飲むタイミングは?

ゼニカルの飲み方は、1回1錠を「食事の直前」「食間」「食後1時間以内」のどれかに水と一緒に服用するのが基本です。

ゼニカルの効果は飲んでから1時間~1時間半程度なので、食事をする1時間前とかに飲んでしまうと、効果を発揮しないという事です。

ですから、ゼニカルを飲むタイミングとしては、食事の直前食べ始めてからすぐに飲むのが一番効率が良い飲み方と言えます。

そうする事で、食事での脂肪分の吸収をしっかり阻害する事ができます。

ただ、継続してずっと飲むようなものではなくて、

「今日は思いっきり食べるぞ」
「付き合いで行かなくてはいけない」
「太りたくないけど飲み会が・・・」

というような時に頓服薬的に使用するのがおすすめになります。

脂肪吸収抑制剤になるので食事をとらない場合や、

あまり脂肪分がない食事時はゼニカルを服用する必要はないので、無理に飲まないようにしましょう。

ゼニカルの副作用は?危険性はある?

ゼニカルのデメリットとしては、かなり脂肪便が出てしまう所。

薬の効果なので仕方のない副作用ではありますが、

ゼニカルを飲むと下痢気味になったり、お腹が緩くなる可能性がとても高いというのは認識しておきましょう。

また、脂肪酸や脂溶性ビタミンも同様に吸収を阻害されるため、

飲み続けると栄養不足であったりビタミン欠乏症になる恐れがあります。

ですからゼニカルを飲む人はサプリメントを同時に飲むことが推奨されています。

ゼニカルは最大でも1日3回までの服用が限度になります。これ以上飲むと過剰摂取になり副作用を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

腸内の反応を止めるという作用機序から比較的副作用に関しては軽微なため、

処方する側の精神的な負担も少なく出しやすい薬という事もあり、現在で世界で最も使用されている肥満治療薬になります。

しかし、いずれにしても継続摂取には向かない薬で、頓服薬的に使用するのが向いている薬と言えます。

脂肪吸収抑制剤として人気のゼニカルについて効果、飲み方、副作用などを解説しました。使い方によってはとても効果的な薬です。用法用量を守って正しく使用しましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。