ヴァンパイアフェイシャル(ACRSダーマペン)が安いおすすめクリニック!【効果とダウンタイム】

美容クリニック

ヴァンパイアフェイシャル(ACRSダーマペン)はクレータのニキビ跡やボコボコした目立つ毛穴の改善に効果が高いおすすめの治療方法で話題!

ヴァンパイアフェイシャルはダーマペンと自分の血を使ったPRP療法を組み合わせた、クレーターのニキビ跡や重度なデコボコ毛穴の治療にとても効果的な最新の治療方法。

特徴は自分の血液を採血してその血小板を凝縮したものを、肌の奥に浸透させるという他の施術とはちょっと違った治療法。

血小板の自然治癒力を使った肌質改善効果も魅力的です。

↓ヴァンパイアフェイシャルならココ!

ヴァンパイアフェイシャル(ACRSダーマペン)とは?どんな施術?

ヴァンパイアフェイシャルでは、ダーマペン4という極細針がついたペン型の機械で、顔全体に微細の穴や傷をつけて肌に塗る薬剤を浸透しやすくします。

その後に、採血をした自分の血液を遠心分離機にかけて、血小板のみを凝縮したPRPを肌に塗りこんでいくというPRP療法を利用した施術になります。

PRP療法は自分の血液を利用した最先端の美肌治療で、値段は高めですがとても効果の高い治療です。

ダーマペン×PRP療法

という効果の高い治療方法の組み合わせになっているのが、ヴァンパイアフェイシャルが人気になっている理由と言ってもいいでしょう。

ヴァンパイアフェイシャルは特にクレーターや凸凹になったニキビ跡を治したいという人によく選ばれている施術です。

ヴァンパイアフェイシャルの効果が高い理由は?

ヴァンパイアフェイシャルの効果が高い理由は、

やはりPRP療法による所が大きいです。

血小板をギューッと凝縮したものを使用するPRP療法ですが、血小板はケガをしたときに血を止めてくれたり血管を修復してくれたりするのは知っている人も多いと思います。

血小板には傷んだ組織の修復や老化した細胞を回復させる効果のある成長因子やサイトカイン(生理活性タンパク質)が含まれています。

ダーマペンで微細な無数の穴をあけた後に、

肌の奥へこのPRP(自己血液の血小板)を直接塗りこんで浸透させること持続的に成長因子やサイトカインの効果を受けやすく、コラーゲンの産生も増えてクレーターやデコボコしたニキビ跡への効果も出やすいです。

血小板には成長因子やサイトカインが含まれていて、

ダーマペンにより肌の奥に血小板を入れることで肌の組織を再生・修復します。
またお肌の細胞を活性化させることができます。

皮膚の真皮層に浸透させることで持続的にサイトカインの効果を受けることができるのも効果が大きい理由の一つです。

また、自分の血液を使用するのでアレルギー反応が出ることが極めて少ないのも特徴です。

クレーターや重度なニキビ跡を治すなら
⇒ダーマペンの針を長くする

ダウンタイムを出したくないなら
⇒ダーマペンの針を短めにする

というように、ダーマペンの針の長さをMAXにする事で、ヴァンパイアフェイシャルの効果が一番高くなります。

上記はたった1回受けただけで、しかも施術から3日目で明らかに毛穴が目立たなくなっています。ヴァンパイアフェイシャルは肌の再生を促す治療だけあって流石です。

重度なニキビ跡や毛穴の凸凹を治したいなら、

顔が真っ赤になりますが、針を長めにして治療を受けるようにしましょう。

逆にそれほどニキビ跡が酷くないという方や毛穴の開きがちょっと気になるといった程度であれば、後藤真希さんのようにダーマペンの針を短くして施術を受けることでほとんどダウンタイムなしで施術を受けることもできます。

次世代のPRP療法「ACRS」が最強!?

自分の血液を遠心分離機にかけて使用するPRP療法はとても効果の高いものですが、さらに圧倒的に効果の高い次世代のPRP療法があります。

それが「ACRS」です。

ヴァンパイアフェイシャルなどで行われるPRP療法は、濃縮した血小板を浸透させる事で、血小板から出る成長因子やサイトカインの力で修復させる治療方法です。

通常のPRP療法では単純に血液から取り出した血小板を遠心分離機にかけてすぐに使用するのに対して、ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)では血小板をガラスビーズに移し替えて体温と同じ温度の容器で約3時間ほど置きます。

採血をした血液の抗炎症性サイトカインや成長因子を最大まで放出させた後に血小板などの細胞部分を除いた血清のみを治療に使用します。

通常のPRPと比較するとEGF(上皮成長因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)などの成長因子や、IL-1RaやIL-4などの抗炎症性サイトカインが、インキュベーションにより数倍~数十倍にまで増殖させることができます。

ACRSはPRP療法より圧倒的に効果が高い
・抗炎症性サイトカイン(IL-1Ra)が約5倍に
・EGF(上皮成長因子)が数倍~数十倍に
・FGF(線維芽細胞増殖因子)が数倍~数十倍に
・IL-4(インターロイキン4)が数倍~数十倍に

簡単に言うとPRPよりACRSの方が圧倒的に凄いよって事です。

その何倍にもなった抗炎症性サイトカインと成長因子だけを含んだ血清を使用するので、ACRSは「次世代型PRP療法」とも言われています。

PRP療法自体がとても非常に上質な治療ですが、ACRSはそれのさらに上をいく最先端治療です。

ダーマペン×ACRS療法

ACRSダーマペンという最強ヴァンパイアフェイシャルを受けることができるクリニックが「湘南美容クリニック」です。

ACRSは採血した後に、特殊な容器に入れて約3時間保管をする必要があるので、外出したりして時間をつぶす必要がありますが、最も効果の高いヴァンパイアフェイシャル(ACRSダーマペン)を受けることができます。

抗炎症性サイトカインと成長因子が通常のPRP療法の5倍量含まれる血清のみを使用します。

↓ダーマペンを使った似たような施術の違い

ヴェルヴェットスキン
⇒ダーマペンとマッサージピールを行う施術

ヴァンパイアフェイシャル
⇒ダーマペンで微細な穴を空けてからPRPを注入する。

ACRSダーマペン
⇒ダーマペンで微細な穴を空けてからACRSを注入する。

ACRSダーマペンは、PRP療法を使用するヴァンパイアフェイシャルをやっているクリニックとはレベルの違う進化版のヴァンパイアフェイシャルになっています。

湘南美容クリニックはACRSダーマペンなのにお値段は他のクリニックのヴァンパイアフェイシャルとあんまり変わらないのでメチャメチャ安いです。

⇒湘南美容クリニックはこちらから

クレーターニキビ跡やボコボコした目立つ毛穴を改善するのに一番効くと言ってもいいのがヴァンパイアフェイシャルです。

↓ヴァンパイアフェイシャルのおすすめ!

ヴァンパイアフェイシャルが安いおすすめクリニック

湘南美容クリニック

次世代のPRP療法「ACRS」を使用した最強ヴァンパイアフェイシャル!

湘南美容クリニックではPRP療法よりも抗炎症性サイトカインと成長因子が5倍以上含まれる血清を使用したACRSのヴァンパイアフェイシャルを受けることができます。

施術時間は大体30分くらいですが、ACRS作成には採血してから約3時間くらいかかります。途中で外出することはできるのでその日に受けるなら時間を潰す必要がありますが、受ける価値は圧倒的に高いです。

お値段も他のクリニックより安いので、何か特別な理由がないのであれば湘南美容クリニックでヴァンパイアフェイシャルを受けるのがおすすめです。

メイクも24時間後から可能です!

値段 ヴァンパイアフェイシャル(ACRS)
・顔全体(1回)⇒108,000円
・顔全体(1回)モニター価格⇒89,000円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、福島(福島院)、東京(新宿本院、新宿南口院、銀座院、SBC銀座院、新橋銀座口院、渋谷院、渋谷アネックス院、表参道院、六本木院、池袋東口院、池袋西口院、赤坂見附院、高田馬場院、品川院、秋葉原院、上野院、湘南メディカル記念病院(両国)、西葛西院、東京蒲田院、赤羽院、自由が丘院、二子玉川院、立川院、町田院、湘南内科皮フ科町田院、八王子院)、神奈川(横浜店、横浜東口院、川崎院、武蔵小杉院、橋本院、藤沢院、横須賀中央院、辻堂アカデミア)、埼玉(大宮東口院、川口院、所沢院、川越院)、千葉(千葉センシティ院、船橋院、松戸院、柏院)、群馬(高崎院)、栃木(宇都宮院)、茨城(水戸院)、愛知(名古屋院、名古屋栄院、栄矢場町院)、静岡(浜松院、静岡院)、新潟(新潟院)、石川(金沢院)、長野(長野院)、岐阜(岐阜院)、京都(京都院、京都河原町院)、大阪(大阪梅田院、大阪駅前院、大阪心斎橋院、大阪あべの院、大阪京橋院、大阪堺東院)、兵庫(神戸院、姫路院、西宮北口院)、奈良(奈良院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、香川(高松院)、愛媛(松山院)、福岡(福岡院、小倉院、熊本院)、鹿児島(鹿児島院)、沖縄(那覇院)、海外(ベトナム院、アーバイン院)
※2020年12月現在

↓クレーターや毛穴のボコボコを治す!↓
湘南美容クリニックはこちら

ビアンカクリニック

スタッフ間でも大人気!高濃度PRPで肌再生治療!

ビアンカクリニックでは高濃度PRP+美容液を混ぜた薬剤を使用したヴァンパイアフェイシャルが受けられます。

1回でも明らかに毛穴が目立たなくなって肌質も良くなるとスタッフの間でも大人気。

施術後3日くらいで見た目的にも全然違うのが分かるそうです。

自分の血液で生成する高濃度なPRP(多血小板血漿)の効果を実感したい方はビアンカクリニックもおすすめです。

値段 ヴァンパイアフェイシャル(PRP)
・顔全体(1回)⇒129,580円

東京(銀座院、表参道院)
※2020年12月現在

↓クレーターや毛穴のボコボコを治す!↓
ビアンカクリニックはこちら

高須クリニック

成長因子を使った安いヴァンパイアフェイシャルもあり!

高須クリニックでは、採血してPRPを使用するヴァンパイアフェイシャルと採血しないで高濃度なグロースファクター液を塗りこむ2種類のヴァンパイアフェイシャルを選べます。

自分の血小板を使わないでダーマペンの後に成長因子を塗りこむ形になっているので1回66,000円ととても安くなっています。

ただ採血して自分の血小板を使うのがヴァンパイアフェイシャルの良い所なので、ただの成長因子ではもったいない気がします。どうせなら、ちゃんとしたPRPを使用したヴァンパイアフェイシャルを受けた方が良いですね。

採血したPRPを使ったヴァンパイアフェイシャルは他のクリニックよりちょっと高めの1回165,000円です。

値段 ヴァンパイアフェイシャル(成長因子)
・顔全体(1回)⇒66,000円
ヴァンパイアフェイシャル(PRP)
・顔全体(1回)⇒165,000円

東京(東京院)、神奈川(横浜院)、愛知(名古屋院、栄院)、大阪(大阪院)
※2020年12月現在

↓クレーターや毛穴のボコボコを治す!↓
高須クリニックはこちら

ヴァンパイアフェイシャルの料金相場はどのくらい?

その他クリニックのヴァンパイアフェイシャルの値段
R.O. CLINIC
ヴァンパイアフェイシャル⇒107,800円
麗ビューティー皮フ科クリニック
ヴァンパイアフェイシャル⇒107,800円
ACRSダーマペン⇒132,000円

SELECT CLINIC
ヴァンパイアフェイシャル⇒109,780円
こたろクリニック
ヴァンパイアフェイシャル⇒109,780円
銀座よしえクリニック
ヴァンパイアフェイシャル⇒110,000円
大塚美容形成外科
ヴァンパイアフェイシャル⇒126,500円
VENUS BEAUTY CLINIC
ヴァンパイアフェイシャル⇒129,800円

上記のようにPRPを使った通常のヴァンパイアフェイシャルは1回10万~12万円台のクリニックが多いです。

他のクリニックの値段と比較しても、圧倒的に効果の高いACRSを使用したヴァンパイアフェイシャルを受けられる湘南美容クリニックが同じくらいの1回10万円はかなり破格な値段です。

ヴァンパイアフェイシャルに興味があるのであれば湘南美容クリニックは外せないと言っていいでしょう。

⇒湘南美容クリニックはこちらから

また、ヴァンパイアフェイシャルが値段的にちょっと高いから受けられないなぁ~という方は、ダーマペン4×マッサージピールを組み合わせたヴェルベットスキンを検討してみるのも良いかもしれません。

ヴェルベットスキンも毛穴の開きやクレーター状のニキビ跡に効果的な施術で安いクリニックなら1回2万円台で施術を受けることができます!

↓ヴェルベットスキンが安いおすすめクリニック

上記のページからヴェルベットスキンがうけられるクリニックが探せます。

PRP療法と聞くと難しそうですがヴァンパイアフェイシャルは思っているよりも簡単な施術になっています。中でも湘南のACRSダーマペンはかなりおすすめ!

ヴァンパイアフェイシャルの施術はこんな感じ

ヴァンパイアフェイシャルでも自分の血液の中にある血小板を使用しますのでまずは採血をします。

採血した血液を遠心分離機にかけて血小板だけを抽出してギューッと凝縮させます。

麻酔クリームを顔全体に塗布していきます。約20~30分程度そのままで待ちます。その間にPRPも完成しているので麻酔を洗い流してからダーマペンに入ります。

ダーマペン4で顔中に無数の穴を空けていきます。

針の長さは0.2mm~2.5mmまでの間で選ぶことができます。長さは悩みのレベルとダウンタイムがあっても良いかで自分に合った長さを相談して決めましょう。

ダーマペンを全顔にやりつつPRPを顔全体に塗りこんでいきます。ダーマペンの針を長めにした場合はこの時点で顔が真っ赤になっています。

最後は鎮静パックなどをして完了です。

ヴァンパイアフェイシャルのダウンタイムは?

ダウンタイムに関してはダーマペンの針を長めにすればするほど施術後に赤みが出ます。

この赤みや内出血に関しては早い人だと2日くらいで引いていきます。元々肌が弱い方や、赤みが出やすいタイプだと1週間くらい長引いてしまう人もいます。

また、施術直後にメイクをすることはできないので、施術当日に関してはマスクをして顔を隠して帰るようにしましょう。

ダウンタイムをなるべく抑えたいという方の場合は、

針の長さを短く調整する事で、顔の赤みをほとんど出さないことも可能です。

上記は実際に後藤真希さんが、ダーマペンで一番針の長さが短い0.2mmでヴァンパイアフェイシャルを受けていますが、ダーマペン直後でも顔が赤くなることすらなく全くダウンタイムもありませんでした。

PRP療法はかなり注目されている治療方法で医療現場でもよく使われるようになってきています。例えば膝が悪い人にPRPを入れることで膝関節の動きをよくするとか色々な治療でも使用されています。

軽度な毛穴の開きや小じわを改善したい方で受ける方も多いですが、やはりヴァンパイアフェイシャルに期待したいのはもっと重度な肌トラブルです。

例えばクレーター肌やニキビ跡のボコボコや重度な毛穴の開きなど、

他の施術では治すのが難しいような肌トラブルを治療するのにヴァンパイアフェイシャルはおすすめです。

ヴァンパイアフェイシャルはダーマペンの創傷治癒作用と血小板の修復力で優れた肌トラブル改善効果がある人気の治療です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。