お金をかけずに肝斑を治す!どうやって消す?肝斑を自分で治す方法

美容クリニック

できるだけお金をかけずに肝斑を治すにはどうしたらいい?低コストで肝斑を自分で治す方法!

30代後半~50代の女性で悩んでいる人が多い肝斑

肝斑はシミの一種ではあるけれどちょっと特殊で、目の下辺りにくすみのようにふわっと色ムラのように出てくるのが特徴

画像で見るとこのような感じなのが肝斑です。

三角形や扇状に左右対称に出てくることが多くて、肝臓のような形をしているので名前に肝臓の肝が入っています。

さて、この肝斑ですが治療方法は確立されています。

その中でもできるだけ簡単で「お金をかけずに肝斑を治す」おすすめの方法をご紹介します。
最初の1ヶ月はたった3,400円だけで始める事ができます。

肝斑は勝手に治るものではなく何らかの治療が必要なので、全くお金をかけずに治すのは無理ですが、以下で紹介する方法はかなり安いので必見です。

お金をかけずに肝斑を治す!低コストで肝斑を自分で治す方法

肝斑治療というと美容クリニックに行ってレーザー治療と内服薬を行うのが王道になっています。

そもそも肝斑というのは勝手になくなるものではないため、何らかの治療を受ける必要は絶対にあります。

肝斑で行われる治療いろいろ

レーザートーニング
ポテンツァ
シルファームX
エレクトロポレーション(イオン導入)
ハイドロキノンなどの外用薬
トラネキサム酸などの内服薬

と、肝斑の治療方法は色々とあります。

レーザートーニングなどのクリニックでできる肝斑治療も良いですが、2週間に1回くらいのペースで何度も受ける必要があったりするので、かなり値段が掛かってきてしまいます。

もっとお金をかけずに肝斑を治す事ができないかなぁ~と考えている人も多いと思いますが

実際の肝斑治療の例を見ても一番お金をかけずに肝斑を治すのであれば、美容内服薬セットを飲むというのが一番おすすめになります。

コスパという面で見てもレーザーよりも安く済みますし、手軽に自宅で治療をする事ができるのが大きなメリット。

具体的には

トランサミン(トラネキサム酸)で肝斑の原因である炎症を抑える事と、シナールハイチオールで抗酸化作用とメラニンの排出と阻害をする事。

が必要になります。シナールなどはトラネキサム酸との相性も良くこれらを同時に摂取する事で、肝斑の改善効果が高まるという報告があります。

美容クリニックでのレーザー治療を受けなくても、肝斑を自分で治す事が可能になってきます。

本当にお金をかけずに美容内服薬セットだけで肝斑を消す事ができるの?

美容内服薬セットのみを飲み続ける事でどれくらい肝斑を治す効果があるのかは、実際の事例を見るのが一番早いと思います。

上記が飲み始めて1ヶ月の状態になります。

1ヶ月目でもやや薄くはなってきているのが分かると思います。

そして、こちらが3ヵ月間続けた症例になります。

3ヶ月飲み薬を続ける事でさらに炎症が治まり肝斑が薄くなっています。レーザートーニングの治療は一切なしで飲み薬のみですが、平均して1~2ヶ月の内服で効果を感じられる方が多いです。

飲み薬だけでもしっかりと飲む続けることによって、肝斑の色味がかなり薄くなっているだけでなく顔全体の透明感も出て肌ツヤもよくなっています。

先ほども言ったように

トランサミン(トラネキサム酸)で肝斑の原因である炎症を抑える事と、シナールハイチオールで抗酸化作用とメラニンの排出と阻害をする事。

これが大事なので、トラネキサム酸だけを飲むのではなくて、美白内服セットとして複数の内服薬を飲むというのがポイントになります。

しかも以下で紹介しているサービスを利用すれば、肝斑に効果的な4種類の美白内服セットたった3,400円で始められるます。

かなりコスパが良いのではないでしょうか?

全くお金をかけないで治すのは難しいですが、できるだけお金をかけずに自分で肝斑を治すのなら経験上、美白内服セットが一番おすすめと言えます。

美容内服薬は少しずつ肝斑を良くしていくので、続ける事が大事です。毎日の生活に取り入れてまずは3ヵ月間は続けてみましょう。

↓肝斑に効く美白内服セットが安い

肝斑を治すのにおすすめの内服薬セットはオンラインで買える

美白内服薬を続けてみようかな・・・と考えている方におすすめなのがオンラインで美白内服セットが購入できるサービスになります。

簡単に言うと、自宅で電話だけで美白内服薬セットが購入できるサービスです。

このサービスを使えば病院に行く必要もなくなります。そして、診察料も送料も無料なのでクリニックに行くよりも値段が安いです。

しかも最初の月は3,000円OFFになるので、たった3,400円で肝斑治療が始められます。

・最低限のコストで結果を出したい
・忙しくてクリニックに通う時間が取れない
・定期的な通院をするのが難しい
・とにかく薬だけ欲しい

という方にはピッタリのサービスです。

eLife(イーライフ)

肝斑に効果的な美白内服セットがオンラインで購入できる!

eLife(イーライフ)は自宅にいながらスマホやPCを使ってオンラインで簡単に美容内服薬を購入できるサービスです。

オンライン診療は以下の3ステップで誰でも簡単にできます。

①【2分】問診票の入力&診察日選択
②【5分】電話でオンライン診療の受診
③美容内服薬が最短翌日に自宅に届く

やる事は簡単な2分程度で終わる問診票をスマホやPCから入力をして、電話でのオンライン診療をうける日時希望のセットを選んで予約完了。

そして、最短5分の電話でのオンライン診療を受けるだけです。

最短翌日には自宅に美白内服薬が届きます。

肝斑を治すのにおすすめなのは美白セット6,400円のものになります。こちらはシナール、ノイロビタン、ハイチオール、トランサミン(トラネキサム酸)がセットになっています。

美肌美白プレミアムセットというのもありますが、肝斑に対してユベラは特に必要ないので少しでもお金をかけずに行くなら美白セットで良いと思います。

取り扱っている薬は

・シナール
・ノイロビタン
・ハイチオール
・トランサミン(トラネキサム酸)
・ユベラ
・グルタチオン
・トレチノイン
・ハイドロキノン
・ナジフロキサシン
・ヘパリン類似物質
・医療用漢方薬

とたくさんあるので、単剤で購入したり、肝斑治療に合った薬を選んでもらっても良いです。

塗り薬としてよく使われるトレチノインやハイドロキノンなどの医薬品の外用薬まで購入する事ができるので、必要であればプラスするのもあり。

色々なクリニックの値段を見てみましたが、シナール30日分だけでも1ヶ月2,000円~4,400円くらいで処方しているクリニックが多いです。単純に薬の値段を比較してもeLife(イーライフ)さんは安いです。

そしてeLife(イーライフ)は今なら初回3,000円割引のクーポンが使えるので、最初の月はたった3,400円で済みます。

4種類の美白内服セットが3,400円は他のクリニックでは絶対に無理な値段だし、診察料や送料も無料で薬代だけで購入できるのでメチャメチャ安いです。

もちろん薬が不要になった場合は、次回決済の1日前までにマイページから定期便をキャンセルすればすぐに解約する事ができます。

もちろんクリニックで貰えるのと全く同じ飲み薬だし、お金をかけずに肝斑を治したいのであれば、オンライン診療のeLife(イーライフ)を使うのが一番コスパが良いのでおすすめです。

薬が自宅に届いたらあとは飲み始めるだけ!自分で肝斑治療が始められます。

値段 ★美容内服セット
・美肌セット(1か月分)⇒4,600円
(※シナール、ノイロビタン、ハイチオール
)
・美白セット(1か月分)⇒6,400円
(※シナール、ノイロビタン、ハイチオール、トランサミン(トラネキサム酸))

・美肌スペシャルセット(1か月分)⇒5,500円
(※シナール、ノイロビタン、ハイチオール、ユベラ)
・美肌美白プレミアムセット(1か月分)⇒7,900円
(※シナール、ノイロビタン、ハイチオール、トランサミン(トラネキサム酸)、ユベラ)
内服薬 シナール、ノイロビタン、ハイチオール、トランサミン(トラネキサム酸)、ユベラ、グルタチオン、トレチノイン、ハイドロキノン、医療用漢方薬など

オンラインのみ
※2020年12月現在

↓オンラインで今すぐ購入する!↓
eLife(イーライフ)公式サイト

⇒eLife(イーライフ)はこちらから

肝斑が治らない・・・肝斑を自分で治すなら絶対に守ってほしい事

肝斑というのは普通のシミとは違うので、いくら治療に沢山お金をかけてもスキンケアの方法や日常生活を改善しないと治すのが非常に難しいものです。

例えばずっと美容クリニックで内服治療やレーザートーニングを受けていても中々よくならない人が時々いますが、そういう人に限って、やたらと目の周りを擦る癖があったり、汗をタオルでゴシゴシ拭く癖があったりします。

肝斑は肌の摩擦が原因になる事も多く、肌の炎症によって色味がつくられていくので肌への「摩擦」「刺激」を加える事は絶対にやってはいけない事になります。

内服薬でトラネキサム酸を飲むのもこの炎症を抑えるため。

それなのに毎日タオルでゴシゴシ擦ったり、拭き取りシートをよく使ったり、洗顔の時に手でゴシゴシしていて新たな炎症を起こしていてはせっかく治療しているに治りが遅くなってしまいます。

小さい粒粒が入ったようなスクラブ石鹸とかを使っている人もいますが、こういったものも肝斑にはタブーです。

肌にかなりの摩擦と刺激になるため使ってはいけません。

そして紫外線も炎症の原因になるので日焼け止めクリームはしっかり使うようにしましょう。

スムーズに肝斑を治すのが目標であるなら

肝斑⇒摩擦による炎症は厳禁

という事を常に頭に入れて置いて、美白内服薬を飲み続けて日常やスキンケアではさわらない擦らないを徹底するのが大事です。

肝斑を自分で治すなら、

・トラネキサム酸を含んだ美白内服セットを飲み続ける
・肌への摩擦や刺激をおこさないようにする
・日焼け止めクリームで紫外線対策

これを守るのと守らないのでは肝斑の治り方が全然変わってきます。

摩擦の刺激をいかに少なくするかが肝斑治療で一番重要と言ってもいいです。

顔をすぐさわる癖がある人や洗顔ですぐにゴシゴシしてしまう人は注意するようにしましょう。

肝斑はある日突然できるのではなくて、ジワジワと出てくるのであまり気付いていない人も多いです。

頬の辺りが他の部位と違ってトーンが暗いとか、シミほどはくっきりしてはいないけど何となくモワッと黒くなってきているような人はすでに肝斑が出来始めている可能性があります。

シミもそうですが、できるだけ早い治療をすれば、それだけお金をかけずに肝斑を治す事ができるので放置するのではなくて怪しいと思ったらしっかりと対処をしていきましょう。

⇒最安値のeLife(イーライフ)はこちら

あまりお金をかけずに肝斑を治したいという方も、上記で紹介したサービスを使えば初月3,400円と極力コストを抑えた肝斑治療が始められます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。