ポテンツァが安いおすすめクリニック!ダーマペンと痛みやダウンタイムに違いは?【東京/大阪】

美容クリニック

ニキビ跡でできた凹凸のクレーター毛穴の開きを目立たなくしたい人におすすめの最新治療として話題になっているのがポテンツァです。

主に毛穴やニキビ跡に悩む人が受ける治療として2020年くらいにメチャメチャ流行って今でも根強い人気になっているのがダーマペン

そのダーマペンを進化させた治療と言ってもいいのがこの「POTENZA(ポテンツァ)」です。

ポテンツァは、最近の美容医療業界でグイグイ来てるマイクロニードル治療の一つでダーマペンのように針を刺して傷や針穴を作るだけではなく、そのままラジオ波を照射できたり、ドラッグデリバリーシステムで塗った薬剤をたくさん肌に入れ込む事ができます。

こんなニキビ跡や目立つ毛穴に悩んでいる人も多いと思います・・・。

しかし、ポテンツァの治療を受ければ、そんなニキビ跡や毛穴の「デコボコを平らに」目立たなくする事が可能です。

ダーマペンが大流行したようにこれから間違いなく流行る治療として、ポテンツァは2021年くらいから導入クリニックも増えてきてかなり注目されてきています。

毛穴やニキビ跡のボコボコに悩んでいる人にとっては、ダーマペンよりももっと良い治療が出てきたので嬉しいのではないでしょうか。

↓ポテンツァの効果はどれだけ凄いの?

ポテンツァの効果は?毛穴やニキビ跡に効く最新治療!

ポテンツァは機械で肌に針を刺して、同時にラジオ波(高周波)を照射して、さらに悩みに合った薬剤も注入する事ができるマイクロニードル治療になります。

ポテンツァがおすすめな人
・ニキビ跡のボコボコしたクレーターを治したい
・毛穴の開きを目立たなくしたい
・顔全体を綺麗にして肌にハリを出したい
・傷跡を目立たなくしたい
・肝斑の治療をしたい

ポテンツァでは肌の奥に極細針で均一に薬剤を届ける事ができるドラックデリバリー効果があるのが特徴です。針の先端からラジオ波の熱が出るので、止血をしてから薬剤を入れ込む事ができます。

効果に関しては、まず針で傷や針穴を付ける事で、それを治そうとする過程で肌が再生されていく「創傷治癒」の効果があります。

そして「ラジオ波の熱」をやや深い位置で加える事によって、コラーゲン産生の促進と繊維芽細胞の活性化作用があります。

さらには入れ込んだ「薬剤の効果」という3つの大きな効果があります。

・ダーマペンと同じような創傷治癒効果
・ラジオ波による収縮とコラーゲン産生
・肌の中に満遍なく入れ込んだ薬剤の効果

上記3つの大きな作用によって、毛穴やニキビ跡の収縮とデコボコを平らにするという効果があります。

上記は1回だけポテンツァを受けた方のビフォーアフター画像です。1回だけでもかなりデコボコを平らにする事ができています。

これだけ見てもポテンツァの効果がやばそうだと思う人は多いと思います。

薬剤の効果は約1ヶ月後くらいに出る事が多くて、その間に、自然治癒力やラジオ波によるコラーゲン産生が行われるので見るたびにジワジワ肌が良くなるといったイメージになります。

深いクレーターの人の場合であっても、3~5回程度の施術を受ける事でかなり改善する事が多いです。

複数回施術を受ける場合の頻度に関しては皮膚の状態によって異なりますが、大体1ヶ月おきに受けるのが推奨されています。

ポテンツァはニキビ跡のボコボコや毛穴を縮小させたい人や、デコボコを平らにしたい人にとってピッタリの治療になっているので気になる人は是非治療を検討してみてください。

↓ポテンツァを導入した安いクリニック!

ポテンツァが安いおすすめクリニックはどこ?

品川美容外科

コスパ抜群!ポテンツァがとにかく安いクリニックはココ!

品川美容外科では全顔1回35,200円という安さでポテンツァを受ける事ができます。頬だけだったら1回28,600円ととにかく安いです。

ドラッグデリバリーシステムで導入できる薬剤としてはニキビ跡改善用にマックーム(McCoom)や美肌目的用に幹細胞培養上清液を導入する事ができます。

ポテンツァ専用の先端チップもニキビ跡・美肌用チップ、肝斑・毛穴・酒さ用チップ、ニキビ・シワ・タイトニング用チップと悩みに合わせたチップが用意されているのも嬉しいポイント。

施術時間は大体30分~90分程度で、翌日からすぐにメイクも可能です。東京都内の品川本院か池袋院で施術が受けられます。

※「メニュー」⇒「ニキビ・ニキビ跡」⇒「ポテンツァ」で詳細が見れます。

値段 ★ポテンツァ
・頬(肝斑・毛穴・酒さ)⇒28,600円
・全顔(肝斑・毛穴・酒さ)⇒35,200円
・全顔(ニキビ跡・シワ・タイトニング)⇒49,500円
・全顔(美肌)⇒66,000円
(※幹細胞培養上清液導入)
・全顔(ニキビ跡)⇒82,500円
(※McCoom導入)

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、東京(品川本院、新宿院、渋谷院、表参道院、池袋院、銀座院、上野院、立川院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮店)、栃木(宇都宮院)、千葉(千葉院)、新潟(新潟院)、愛知(名古屋院)、静岡(静岡院)、大阪(梅田院、心斎橋院)、京都(京都院)、兵庫(神戸院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、福岡(福岡院)、鹿児島(鹿児島院)、熊本(熊本院)、沖縄(沖縄院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
品川美容外科はこちらから

聖心美容クリニック

ポテンツァを日本初導入したクリニックがココ!

2019年にどこよりも早くポテンツァを日本初導入したのが聖心美容クリニックさんです。

聖心美容クリニックのポテンツァでは針の密度や長さが違う11種類というバリエーション豊富なチップがあり深さも選択が可能です。

ラジオ波の照射と同時に薬剤導入ができるのがポテンツァの強みですが、薬剤の種類もサイトプロMD(ヒト幹細胞)F-XFC+(成長因子やヒアルロン酸)白雪注射(美白)PGDF-11(幹細胞培養液)と、悩みに合わせてオプションで薬剤の導入をする事ができます。

毛穴が気になる方はボトックスの注入も可能です。

値段 ★ポテンツァ
・全顔⇒198,000円
・全顔+首⇒330,000円

北海道(札幌院)、東京(東京院、渋谷S-Labo)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮院)、静岡(熱海院)、愛知(名古屋院)、大阪(大阪院)、広島(広島院)、福岡(福岡院)、海外(上海院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
聖心美容クリニックはこちら

ポテンツァの料金相場はどのくらい?

ポテンツァ導入クリニック一覧
表参道メディカルクリニック
⇒ポテンツァ
・両頬(肝斑)⇒33,000円
・両頬+鼻(軽度の毛穴・赤ら顔)⇒37,400円
・全顔(軽度の毛穴・赤ら顔)⇒56,100円
・首⇒56,100円
・全顔(McCoom導入)⇒107,525円
今泉スキンクリニック
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒44,000円
・全顔(ニキビ跡)⇒121,000円
イークリニック麻布
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒44,000円
・全顔(ニキビ跡・赤ら顔)⇒66,000円
・全顔(毛穴・引き締め)⇒77,000円
銀座たるみクリニック
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒44,000円
・全顔(毛穴・引き締め)⇒77,000円
La Clinique
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒49,800円
・全顔(ニキビ跡・肌再生)⇒77,800円
・全顔(陶器肌)⇒117,800円
NEXUS CLINIC
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒66,000円
・全顔(陶器肌コース)⇒66,000円
麹町皮ふ科・形成外科クリニック
⇒ポテンツァ
・全顔(肝斑)⇒82,500円
・全顔(ニキビ跡)⇒71,500円
アクネクリニック
⇒ポテンツァ
・全顔(ニキビ跡)⇒88,000円
はなふさ皮膚科
⇒ポテンツァ
・全顔⇒148,500円

※主に東京都内や大阪のクリニック

ポテンツァは肝斑治療なのかニキビ跡や毛穴治療なのかという目的によって値段が変わってきます。また導入する薬剤によっても値段が大きく変わります。

値段相場的には安くても全顔1回44,000円~80,000円くらいといったところになります。

値段的には品川美容外科さんが圧倒的に安く、頬だけだったら1回28,600円で全顔なら1回35,200円という安さでポテンツァを受ける事ができます。

ドラッグデリバリーシステムで幹細胞培養上清液を導入したとしても全顔で66,000円ですから他のクリニックと比べてもかなり値段的にお得なのが一目瞭然です。

⇒品川美容外科はこちら

ポテンツァの施術の流れ!痛みやダウンタイムは?

ポテンツァの痛みに関しては、ダーマペンやフラクショナルレーザーと同じくらいと感じる人が多いです。

針を刺すのとラジオ波の熱によって、ある程度の痛み(※耐えられる程度)はある治療になります。ですので、基本的には塗る麻酔クリームを使用します。

施術をする前にあらかじめ塗っていた麻酔クリームを取ります。

ポテンツァの治療では症状に合わせて、ラジオ波(RF)の強さや針の長さを変えながら満遍なく打っていきます。

クレーターの深さによっては、針を長めにしてよりアグレッシブな治療をする事ができます。終わったら最後に炎症を抑える軟膏を塗ってポテンツァの施術は終わりになります。

上記は右半分にダーマペン、左半分にポテンツァをやった直後の比較画像になっています。

赤み具合を比べると、やはりダーマペンよりポテンツァの方が少ないです。ただ、ラジオ波がある分、熱がこもったような感覚になります。

ポテンツァはダウンタイムが非常に少なくて、施術の当日は赤くなりますが、翌日には赤みがほとんど引いてしまう事が多いです。

また、針跡に関してもそれほど目立つ人は少ないです。

ポテンツァの場合は、針を刺すだけのダーマペンと違って、針を刺してからラジオ波(高周波)の熱を照射するという仕組みにより予め止血をする事ができるので、ダウンタイムはダーマペンよりも軽度な人が多いです。

例えばフラクショナルレーザーの場合は1週間くらいかかる事もありますが、ポテンツァでは大きな赤みでも約1日程度で引いてしまうのでほとんど生活にも影響し辛い治療と言えます。

ポテンツァとダーマペンの違いって何?どっちがいい?

ポテンツァもダーマペンも小さな針で穴をたくさん空けて治療をするというのは同じです。

ただ、ポテンツァはダーマペンを進化させた治療と言われているほどで、やっている事には大きな違いがあります。

以下でダーマペンとヴェルベットスキンとポテンツァの違いを簡単に説明します。

ダーマペン
針が付いたペン型の機械で顔に満遍なく傷や小さい穴を空けて、その刺した時の傷や針穴が治るときに起こる創傷治癒の効果で毛穴やニキビ跡のボコボコをギューッと収縮させて目立たなくする治療

ヴェルベットスキン
ダーマペンをやって傷や針穴が出来た状態でマッサージピールというピーリングを行う治療。本来だったら塗るだけのピーリング剤が傷や針穴が出来た状態でやる事によって穴の中まで入っていくので、より肌の生まれ変わりが促進されます。

ポテンツァ
ポテンツァも機械の先端に針が付いていてそれを肌にさせいていく治療ですが、同時に針の先端からラジオ波による照射をする事ができます。また、針を刺した状態で皮膚の中にそのまま薬剤を注入するドラックデリバリーシステムがあります。

ポテンツァも針が付いた機械を使うので、顔全体に針を刺すという所まではダーマペンと同じです。

決定的な違いは針を刺した後に「ラジオ波」を照射できることです。

傷や針穴ができたことによる「創傷治癒」の効果で毛穴やニキビ跡が収縮するのに加えて、ラジオ波の熱によっての収縮効果も加わります。

またラジオ波を照射する事によってコラーゲンなどの産生を促進させる事ができるので肌のハリを出すという作用もあります。

さらに「ドラッグデリバリーシステム」(※塗った薬剤を皮膚の中に浸透させるシステム)というのもあります。肌に均一に薬剤を流し込む事ができるので薬剤による効果も大きいです。

ダーマペンをやった後に薬剤を塗るというよりも、ポテンツァのドラッグデリバリーシステムの方が薬剤がたくさん中に入っていくし、浸透率が高いというのもデータで分かっています。

ですので、ただ針を刺すだけのダーマペンと比べて、ラジオ波やドラッグデリバリーシステムも加わったポテンツァの方がより効果が高いですし、これからのおすすめは?どっちがいい?と聞かれたら間違いなく新しいポテンツァという事になります。

ただダーマペンを受けたことがない方や、浅くてそこまで深くないへこみの治療を受けたいという方は、まずは1回1万円台でできて値段の安いダーマペンからでも効果的だと思います。

※ダーマペンの特集ページはこちら

ダーマペン経験者で、もっと効果を出したい方深いクレーターに悩んでいる方はポテンツァの方がおすすめになります。

毛穴のボコボコを治す治療として有名なのはダーマペンの他にもフラクショナルレーザーもあります。

どちらも一長一短のある治療ですが、ポテンツァはそのフラクショナルレーザーダーマペンの悪い所を極限まで減らしていて、いいとこ取りをしたような治療と言っていいでしょう。

ポテンツァはダウンタイムが極限まで少なくなっているので毛穴やニキビ跡治療が気軽に受けやすいです。ダーマペンの進化版としてこれからドンドンに人気になっていくはずです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。