40代で全く痩せない!更年期太りでどんどん太るアラフォーにおすすめのダイエット方法

美容クリニック

40代になったら全く痩せないようになってドンドン太って困っている方におすすめのダイエット方法を紹介。

40代になったら何故か「昔よりも全然痩せないなぁ~」と思っている方はたくさんいるではないでしょうか?

学生の頃は全然太らない体質だったのに、

脂肪が付きやすくなってきたり・・・
生活習慣は特に悪くないのにどんどん太ってきたり・・・
ダイエットをしても体重が落ちなかったり・・・
体重増加が止まらないようになったり・・・

ちょうど30代後半~40代くらいで更年期が近くなると

昔と違って痩せない体になってきてるなぁというのが体感的にも実感できるようになってきます。

そんな、アラフォーになるとどうしても

痩せづらくなって太りやすくなってしまうのにはちゃんとした理由があるんです。

40代になると全く痩せない理由は?更年期太りでどんどん太る原因は何?

40代になると食事量は昔と大して変わっていないのに痩せづらくなってきますがその理由は3つあります。

基礎代謝量の低下

人間は寝ている時にも呼吸をしますし、勝手に心臓や内蔵が動いたり、脳を働かせたりしていますよね。

このような生命維持の活動で消費される必要最小限のエネルギーが「基礎代謝量」です。

この基礎代謝量ですが、

若い頃はとても高くなっていて特に10代~20代前半の若い男性は食べても食べても太らないっていう人が沢山います。

それと比べると女性は基礎代謝量が低く、さらに年齢を重ねるにつれてドンドンと下がっていきます。

基礎代謝量の減少は加齢とともに加速していくので、

30代~40代になってくると昔と食事量はほとんど変わらないのに全然痩せない体になってきてしまいます。

昔は摂取カロリー=消費カロリーだったのが
加齢で摂取カロリー>消費カロリーになってしまう

消費カロリーが加齢によって減ってしまう事により

いつの間にか上記のように摂取カロリーの方が多くなってどんどん太ってくるというわけです。

上記のページで基礎代謝量について解説しています。

筋肉力の減少

筋力に関しては先ほどの基礎代謝量の話と通じる所があります。

10代の頃は学校などでスポーツをしたりするので筋力もあって脂肪が勝手に燃焼されるので太りにくいです。

しかし、中年になってあまり運動をしなくなってくると筋力はドンドンと落ちていってしまいます。

そしてあまり体を動かさなくなると体脂肪が増えて筋肉が少ない状態になってきます。

筋肉がある事で脂肪を燃やしてくれたり代謝を上げてくれたりするので、筋肉が少なくなるという事は基礎代謝量が下がる大きな原因という事になります。

逆に言うと筋力があると基礎代謝量がとても増えます。

エストロゲンの減少とホルモンバランスの変化

女性は40代の中年になってくると

「脂肪を溜め込みやすい状態」になってきます。

特に閉経前に迎える40代~50代くらいの更年期は、「更年期太り」という言葉があるくらいどんどん太る時期になります。

それは体の中でコレステロール値を低く保って内臓脂肪を付きにくくしてくれる女性ホルモンの「エストロゲン」が減少してきてしまうからです。

更年期になるとこのエストロゲンの分泌が大きく減少してくるので、太りやすくなり特に内臓型肥満になりやすい傾向になるという事です。

また、抗肥満ホルモンのレプチンが分泌されることで、

満腹中枢に作用して食欲を抑制していますが、これもエストロゲンが関係していてレプチンの分泌を促進しています。

つまり、更年期近くになりエストロゲンが減少してくることによって、

レプチンが分泌される量が少なくなったり、バランスが崩れてしまい「昔よりも過食気味」になったり、イライラして時には「ドカ食い」をしてしまったりする事が多くなります。

つまり40代になって更年期が近くなると、

・基礎代謝量の減少
・筋肉力の減少
・エストロゲンの減少

という3つが減少する事によって、

昔と比べて全然痩せない体になってしまうというわけです。

40代になると痩せなくなって、更年期太りの状態で対策を何もしないとドンドン太ってしまうのにはしっかりとした理由があるという事ですね。

成功例が多い40代の更年期ダイエット方法は?

40代になって太りやすく痩せない体になる原因がしっかりと分かっているのだから、

40代で本気で痩せたいのであれば、その3つの原因を潰していくようなダイエット方法が良いという事になります。

基礎代謝量が原因なのだから、その基礎代謝量を上げる必要があります。基礎代謝量を上げるには、運動しながら「筋力をつける」のが一番です。

つまり「有酸素運動」「筋力トレーニング」などをする時間を増やして、消費カロリーを増やしつつ筋力も少しずつ付けていくのがベストです。

特に朝から運動をすることによって食欲を抑えるというデータもあるので、できる事なら朝のルーティーンに運動を組み込んでしまうのがおすすめになります。

運動をすることによって更年期にありがちな、

イライラや精神的な落ち込みも改善される効果もあります。

また、併せて筋トレによって筋肉量が増えると、

効率的にカロリーを燃焼する事ができるようになります。筋トレに関しては週に2~3回程度で大丈夫です。

基礎代謝量があがる事でどんどん太る事がなくなって、

あとは食事量の調整して摂取カロリーを減らせば少しずつ脂肪が燃焼していき体重も落ちていくことになります。

40代の更年期太りダイエットは食べる量を減らしていくのが大事

加齢による基礎代謝の低下や筋肉量の低下など、更年期でどんどん太る事には色々な要因があります。

しかし、通常は基礎代謝が低下したことに合わせて、

食欲も一緒に落ちていって食事量が減るはずなのですが、これが「落ちていかない」のが問題です。

40代になっても全員が太るわけではありませんよね?

その太らない人っていうのは、

ちゃんと基礎代謝などが落ちる代わりに食事量も減っているからです。人間の体は上手くできていて基礎代謝(消費カロリー)が落ちてくると食欲も落ちてくるようになっています。

なので代謝が落ちても摂取カロリーも減っているので

摂取カロリー=消費カロリー

のバランスが取れてオーバーカロリーになりません。

代謝の低下に伴って食欲も落ちついてくれば太る事はなくなるわけです。

「40代になっても食事量は前と変わっていないなぁ~」という方は、しっかりと食欲のコントロールをする事を意識しましょう。

まずは生活習慣をしっかり整える事で食事量は落ち着いてくる

生活習慣を整える基本としては

・夜更かしせずに7時間程度しっかりと寝る
・栄養バランスを整えた食事をとる
・適度な運動をする

が重要になってきます。

どこでも言っているような基本的な生活習慣を整えるだけでも、

食欲はしっかりと落ち着いてきますし、自律神経も安定することで身体機能も正常化してきます。

食事量を自分でコントロールする方法

ダイエットというと何キロカロリー食べたとか糖質量とかを気にする人が多いですが、

そういうのをいちいち考えたり計算するのは面倒ですし、逆にそれがストレスになって上手くいきません。

そういうことを意識するのではなくて、

自分の体の感覚に意識を向けて「お腹具合」に合わせて、食事をしていく事で自然と食事量をコントロールして減らすことができます。

具体的には、

0ものすごくお腹がすいている状態
10満腹でもう食べられない状態

というように自分のお腹具合を10段階に分けます。

そして食事を食べる前のお腹状態がどれくらいか、食事を食べた後のお腹状態はどれくらいか?を考えるようにしていきましょう。

自分のお腹状態をしっかりと考えて、「腹8分目で終わる日」を徐々に多く作っていきます。

体重の減りが悪いのであれば、

たまに「腹7分目」「腹6分目」で終わらせる時を作っていくといった形です。

これだけでも体重っていうのは十分に落ちていきますし太る事はなくなるはずです。普段の活動量によってはこれだけでもダイエットに成功できる人もいます。

カロリーなどはどうでも良いから、

お腹具合を意識して食事をするというのをやってみてください。

自分で食事量のコントロールをするのはどうやっても無理・・・という方は以下で紹介する「サクセンダ」という薬が特におすすめです。

また「最強の食欲を抑える薬はどれ?」という形でクリニックで貰えるよく効く食欲抑制剤を紹介しています。

↑のページで紹介している自分でできる食欲を抑える方法は必見!

40代の更年期ダイエットはまず筋力をつける事が大事。そして生活習慣の見直しと食事量のコントロールをする事でダイエットに成功しやすいです。サポートとして食欲抑制剤を使う人も多いです。

更年期でどんどん太る人におすすめのダイエット薬

サクセンダ

⇒1日1回注射するだけで食欲を抑制

サクセンダはアメリカのFDAで承認されている「肥満症治療薬」

日本でもストレスなしの「ラク痩せ注射」として20代~30代を中心にダイエットに使用する人がとても多い薬になっています。

サクセンダを注射する事で

食欲を抑える事ができて、血糖値の上昇も抑えてくれます。

ご飯を食べた時に「すぐに満腹」になり、「空腹感を感じなくなる」ので、いつも通りの食事をしているだけで勝手に腹7分目や8分目に収める事ができます。

食事量のコントロールが苦手な人に正にピッタリの薬で、

サクセンダを注射するだけで満腹中枢が刺激されていつもより少ない食事量でお腹が一杯になります。

少食になる事でしっかりと摂取カロリーを落とすことができます。

ダイエットの辛い空腹感がなくなる・・・

というだけで嘘のようにストレスもなく楽になります。

副作用もほぼなく安全性も高いのもポイントで、いつもと同じ生活を続けていくだけで自然と痩せる事ができるのはかなりメリットが大きいです。

↓サクセンダが安いおすすめクリニック

サクセンダをオンラインで購入できるクリニックはココ。

サノレックス

⇒食欲を抑制する定番の飲み薬

サノレックスは富士フィルムが出している飲み薬で、

昼食の前に1日1回飲むことによって食欲を抑制して摂取カロリーを減らして痩せるという効果がある薬になります。

脳の摂食中枢に作用する事によって、「食べたい!」という食欲を抑制するという機序になっています。

使用するとあまり食べたくならないのでドカ食いが減ったり食べる量を減らすことができます。

ただしサノレックスに関しては副作用として、

だるさ、のどの渇き、そして依存性もあるので最大でも継続使用は3ヶ月間となっています。

気軽に服用できるような薬ではないので注意が必要です。

ゼニカル

⇒食べた脂肪分の吸収を阻害する飲み薬

ゼニカルは食べた脂肪分の吸収を阻害する薬で、よく油っぽいものを食べるという方におすすめになります。

効果は飲んでから1時間~1時間半くらいで、

ゼニカルを飲むことで自分が摂取した脂肪分の吸収を約40%程度カットする事ができると言われています。

吸収を阻害された脂肪は便によって排出されるので、副作用として、お腹が緩くなり下痢になる事が挙げられます。

ですので、こちらも常用には向かない薬で、

どうしても食べなくてはいけないイベントや飲み会などで頓服薬的に使用するのがおすすめになります。

食欲を抑える薬の中では副作用もほとんどなくダイエット効果も高い「サクセンダ」を使用するのが特におすすめです。お医者さん自身で使っている人もとても多いです。

40代の更年期に無理なダイエット方法は厳禁

アラフォーになってメチャクチャ痩せにくくなっているからと言って、

厳しい食事制限をしたりパーソナルジムで厳しいメニューを受けたり過剰な糖質制限ダイエットをしたり、無理なダイエットをするのは厳禁です。

「ほぼ確実にリバウンドします。」

また、少しずつ脂肪を落としていかないで、

慌てて一気に体重を減らすようなダイエットをすると脂肪と同時に筋肉まで落ちてしまうので逆効果です。

具体的には1ヶ月に1kg~2kgくらいのペースで落としていくのがベストです。

そうする事でたるみが出る事もなくキレイに痩せる事ができます。

更年期に差し掛かって体重増加が止まらないからと言って、

断食したり無理な食事制限で-3キロ痩せた!とかやっている人もいますが、リバウンドがしやすく体にも良くない方法になります。

そして一気に痩せると筋肉も落ちてしまいます。

若い頃でもそれは同様で、一気にドンっと痩せるのではなく、少しずつ痩せるのが基本です。

40代の更年期ダイエットで一番良い方法は、

「筋肉をつけつつ少しずつ脂肪を落としていく事。」

がとても大事なってきます。

短期間でのダイエットではなく数か月単位で体重を落とすことを考えていくようにしましょう。

40代の更年期太りダイエットは筋肉をつけつつ少しずつ体重を落としていくのがベスト。無理のないダイエットを心掛けましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。