トラネキサム酸(トランサミン)500mgの通販が安い!効果は?飲み続けて大丈夫?【個人輸入】

美容アイテム・お薬

美白や肝斑の改善をしたい人の鉄板ともいえる内服薬がトラネキサム酸(トランサミン)です。肝斑治療の飲み薬として有名ですよね。

トラネキサム酸は最近では肝斑などの色素沈着に処方されるケースが多い飲み薬です。

元々は止血剤や抗炎症剤として使用されていましたが、2002年から美白の有効成分としても認定されました。

特に「肝斑」「炎症後色素沈着」の2つのタイプにおいて、とても高い効果があるお薬となっています。

ここでは、トラネキサム酸の効果や使い方などを徹底解説していますので、

使用を検討している人は是非参考にしてみてください。

↓トラネキサム酸のシミや肝斑への効果は?

トラネキサム酸の効果は?シミや肝斑に効く内服薬の定番!

トラネキサム酸は抗プラスミン薬で、

シミや色素沈着や肝斑を改善するための効果が医薬品として認められているシミの飲み薬です。

トラネキサム酸の主な効果
・肝斑の改善効果
・シミやそばかすを薄くする
・色素沈着したニキビ跡の改善
・火傷の跡の改善
・止血など(抗プラスミン作用)
・のどの痛みなど(抗炎症作用)
・抗アレルギー作用

特に肝斑を消したいならトラネキサム酸の内服が必須と言われているほど定番の飲み薬になっています。

トラネキサム酸は長らく医療現場で使われてきた、

医薬品の成分で、今では美白の内服薬として定番中の定番のお薬です。

さまざまな作用を持つ飲み薬なので、正しい知識をもってうまく活用したいですね。

シミや色素沈着の改善効果

もともと出血を止める効能のあった成分に、シミの改善効果があることがわかったのが1979年のことです。

薬の世界で言えば、つい最近のことですね。

成分の含有量によって治療目的の医薬品として使われたり、

誘導体として化粧品に配合されたりしていますが、使い続けることで徐々に肌に沈着したシミを薄くする効果が認められています。

肝斑の改善効果

外部刺激が無くても常にメラノサイトが活性化してしまうことで、

肝斑が現れると考えられていますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用がこのメラノサイトの活性化を抑制すると考えられています。

他の美白化粧品では治す事ができない肝斑に効果があるのは大きなポイントです。

肝斑の治療には内服と外用の2種類が用いられることが多く

1日あたり500~1,500mgの内服によって肝斑の改善効果が認められています。

常にシミを作り出す環境を抑え、シミが出来る前の段階から予防するので、

肌がターンオーバーを繰り返すうちに徐々に肌が本来の白さに戻って行くという効果があります。

↑最強の肝斑治療の方法はこちら

メラニン生成の抑制効果

肌の中にはシミのもとのメラニンを作り出すメラノサイトという細胞がありますが、この細胞を活性化する物質を阻害する事によってメラニンの生成を抑制します。

具体的には、メラノサイトの影響で出てくるシミを発生させる「プロスタグランジン」という物質が周りの細胞に伝わるのをブロックすることで、肌細胞にメラニンを作り出す指示を与えないように働きます。

この作用によって間接的にメラニンの生成を抑制する事になり、

シミを抑制するというような機序になります。

肌の炎症を抑える効果

肝斑は炎症性のシミなのでそれに効果があるのと同じように、

他の炎症を伴う病気などにも効果があります。

例えば皮膚炎の抑制効果があったり、口内炎の治療にもトラネキサム酸が作用することがわかっています。また、肌に発疹が出来たり赤味やかゆみがある時にも炎症を抑える効果が期待出来ます。

プラスミンがアレルギーを起こす反応を抑えることが出来るので、

アレルギー症状も抑制する効果があります。

トラネキサム酸の購入方法!通販や薬局で買えるの?

市販でもトランシーノという薬を購入する事ができます。

第3類医薬品のトランシーノ ホワイトCクリアという商品には、トラネキサム酸が入っていないので間違えて買わないように注意が必要です。

トラネキサム酸がちゃんと配合されているのは、

第1類医薬品のトランシーノIIというお薬になります。こちらは1日2回(1回2錠)の服用でトラネキサム酸750mgが摂取できます。amazonや楽天の最安値のショップで1箱240錠が5,500円くらいです。

また、個人輸入の通販サイトでは病院でも処方されるのとほぼ同じの、トランサミン500mgなどが購入する事ができます。

トランシーノⅡ
1日4粒でトラネキサム酸750mgが摂取できる

トランサミン500mg
1日1粒でトラネキサム酸500mgが摂取できる

となっていて1錠にトラネキサム酸が500mg配合している薬の方がお得になります

また、ユニドラさんの場合はトラネキサム酸500mgが1箱50錠入りで1,858円~3,861円とまとめ買いをすると値段がかなり安いです。購入するときに入力すると10%OFFになるクーポン「UD3QXWTS」もあります。

したがって、個人輸入の通販サイトで購入するならユニドラがおすすめです。

↓以下で値段を比較してます!

トラネキサム酸が一番安い!通販・個人輸入サイト比較

amazonや楽天で購入できるトランシーノの値段比較

通販サイト 値段
amazon ★トランシーノⅡ
・1箱(240錠)⇒5,449円
楽天 ★トランシーノⅡ
・1箱(240錠)⇒5,445円

※各通販サイトの最安値

個人輸入の通販サイトで購入できるトラネキサム酸の値段を比較

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★トランサミン500mg
・1箱(50錠)⇒3,861円
・2箱⇒5,814円
・3箱⇒7,668円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★トランサミン500mg
・1箱(50錠)⇒4,290円
・2箱⇒6,460円
・3箱⇒8,520円
くすりエクスプレス ★トランサミン500mg
・1箱(50錠)⇒4,290円
・2箱⇒6,460円
・3箱⇒8,520円
メデマート ★トラネミック250mg
・1箱(240錠)⇒4,050円
★トランサミン250mg
・1箱(100錠)⇒3,150円
★トランサミン錠500mg
・1箱(100錠)⇒4,050円

※横にスクロールできます

トラネキサム酸の使い方・飲み方は?

女性が嫌がるいわゆるシミというのが老人性色素斑です。

紫外線やこすれなど、外部刺激によってメラノサイトが活性化し、常にメラニンが生成されて色素沈着が起こってしまうものです。

こうしたシミの予防や改善に関しては、

トラネキサム酸を1日750~2,000mgを3~4回に分けて飲む

というのが基本的な使い方です。

シミの濃さなどの症状により飲む量を増やしたり減らしたり増減して使ってください。

一般的にはトラネキサム酸の内服を8週間程度で続ける事で改善効果が認められることが多いです。

トラネキサム酸の改善効果と使用期間は、

「自分の新陳代謝力」にかかっていると言えます。

肌細胞の寿命を約1ヶ月とすれば、早ければ1~2ヶ月で効果を感じる人もいるでしょうし、ターンオーバーが遅い人なら効果を実感するのにもっと時間がかかると言えます。

ビタミン剤と併用する事でターンオーバーが改善されるので、効果自体も上がりますし、効果を実感できるのも早くなります。

クリニックでターンオーバーを促進させるケミカルピーリングをやったり、

内服薬を飲みながら、エレクトロポレーションで、トラネキサム酸を顔全体に導入するという併せ技をするとさらに強力になります。

トラネキサム酸を使った最強の治療方法
・トラネキサム酸とビタミン剤(シナールなど)を併用
・エレクトロポレーションでトラネキサム酸を肌に直接導入
・ケミカルピーリングでターンオーバーを促進させる

品川美容外科だとエレクトロポレーションでの、トラネキサム酸+ビタミンCの顔全体への導入が初回たった2,140円なのでかなり安いのでおすすめです。

⇒品川美容外科を見てみる

トラネキサム酸を飲むだけの場合と比べると、

ある程度のお金はかかってきてしまいますが、お金に余裕がある方であれば、ここまでやれば完璧だと思います。

肝斑の改善に対する飲み方は?

肝斑の治療に対する飲み方としては、

トラネキサム酸を1日500~1,500mgを3~4回に分けて飲む

というような使い方で肝斑の改善効果が認められています。

トラネキサム酸は250mgのものと500mgのものがあるので、

250mgのものであったら1日2~6錠を飲むといったように、有効な摂取量を継続的に摂るのが良いです。

トラネキサム酸は血中の半減期が比較的早いお薬になっているので、1日1回ではなく3~4回にわけで内服した方が効果的になります。

普通のシミと違って肝斑は改善がとても難しいので、

最初から飲む期間を決めて置いたり、「ある程度の止め時」を作っておかないと、ずっとトラネキサム酸を飲むということになってしまいがちです。

長期服用をしても問題ない薬ではありますが、自分の中で止め時というのを考えながら飲むのをおすすめします。

またトラネキサム酸は、肝斑がない人が内服しても、悪い影響が出るというような報告はないです。

女性ホルモンの分泌に影響を与えるような作用も持っていませんので、必要以上に怖がることはありませんが、使用法はきちんと守るようにしましょう。

ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果でプラス

シミや肝斑を薄くするには、ビタミンCなどの還元作用持つ成分と併用して組み合わせるとさらに有効です。

具体的には「シナール(ビタミンC)」「ユベラ(ビタミンE)」などがおすすめ。

トラネキサム酸はメラニンを作り出す大元のメカニズムに作用するので、

今現在肌に現れている色素を早く追い出すには、ターンオーバーを加速させる作用を持つビタミンCが相性の良い成分というわけですね。

病院での内服薬による肝斑治療でも、よくトラネキサム酸とビタミンCとビタミンEが一緒に処方されるケースが非常に多いです。

病院に行けない人は美容内服薬セットというのもオンラインで買えるので、トラネキサム酸やシナールなどをまとめて処方してもらうというのも一つの手です。

↑美白内服薬がオンラインで通販できる

トラネキサム酸を使ったシミ軽減効果は2段階に分かれていて、

今あるメラニンが剥がれ落ちることと、メラニンが減った新しい細胞が作られることで大きな効果になります。

トラネキサム酸だけではなく、ビタミンCなどをプラスした美白ケアを考えるのが良いでしょう。

トラネキサム酸の副作用を解説!血栓症や妊娠中は危険?

トラネキサム酸は、医療現場でも美容の面でも用途がとても広いにも関わらず、「ほとんど副作用がない」という非常に安全性の高い成分です。

軽い副作用としては具体的に、

・発疹が出る
・赤味やかゆみが出る
・軽い発熱が出る
・軽い胸やけや吐き気
・下痢などの胃腸障害

などの症状が出る場合がありますが、どれも風邪薬などと同程度の副作用と考えてください。

また、胸焼けが起きたり、食欲不振が起きたりするケースも稀にあります。

吐き気がしたり下痢がしたりといった内臓系の不具合が出たら、服用はすぐに止めて様子を見ましょう。

トラネキサム酸は基本的にかなり安全な部類に入るお薬で、長期服用をしたとしても重篤な副作用の報告はありません。

深刻で重い副作用の症状はありませんが、

薬なので用法や用量はしっかりと守る必要があります。

肝斑の治療というとどうしても女性ホルモンへの影響が懸念されていましたが、トラネキサム酸は女性ホルモンには一切関与しないと言われています。

これは、かなり画期的なことです。

トラネキサム酸はその安全性から、現在では美容クリニックなどで最先端の美白治療として導入されています。

また、トラネキサム酸は炎症を抑える作用があるために、

のどのお薬などにも配合されていたり、比較的安全性の高い成分と言えるでしょう。

トラネキサム酸の長期服用が危険な人は?飲み続けて大丈夫?

一般の人であればトラネキサム酸を飲み続けて長期服用をした場合でも

重篤な副作用の報告はされていません。

具体的には1日1,500mgの内服を2年間飲み続けたという方であっても特に副作用の報告はありませんでした。

トラネキサム酸を使用するのに医師の判断が必要となるのが、

「血栓症やその疑いのある人」です。

トラネキサム酸はもともと血栓を作りやすくして止血剤として使われることもある抗プラスミン薬です。

例えば低用量ピルとトラネキサム酸を長期服用する事によって血栓症のトラブルになってしまう事もあります。

この前もセクシー女優の方がちょうどこのトラブルで、

低用量ピルとトラネキサム酸の常用によって血栓ができてクリニックに来ていました。

もともと血栓が出来やすい体質の人にとっては、血栓ができやすくなり危険性が増すので注意が必要です。

また、妊娠中の方も血栓ができやすい傾向になっているので、常用するのはあまり好ましくありません。

妊婦の方の場合は出産後に服用を開始する事が推奨されています。

クリニックでも血栓傾向のある方にはトラネキサム酸を処方しない所が多いです。

血栓症というのは血液が凝固しやすい障害で、

血栓が出来ると脳梗塞や心筋梗塞の危険が高くなるため判断は慎重に行われる必要があります。

本人に自覚症状が無くても、血縁にそうした病気を持っている人がいる場合にも慎重になるべきとされていますので、安易な自己判断は危険です。

そういった病気持ちの方やその疑いがある人は、

医師に相談をした上で使用を開始するようにしましょう。

↑トラネキサム酸が安い通販サイト!

トラネキサム酸は肝斑や色素沈着に効果的な飲み薬になります。比較的値段も安いので自宅で肝斑やシミのケアを始めたい人に向いているお薬です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。