うっかり日焼けをした時の対処法!日焼けした後に黒くならない方法・アフターケア

美容情報

夏にうっかり日焼けをしてしまった・・・という経験は誰でもあるのではないでしょうか?そんな日焼けしちゃった時の対処法アフターケアを解説します!

日焼け止めはアンチエイジング対策としては絶対に必要な一つ。どの医者に聞いても日焼け止めは重要と言います。

もちろん紫外線対策は大事だってことは誰でも知っている事だと思いますが、

夏場になるとついついうっかり日焼けをしてしまった・・・

という経験もあるのではないでしょうか。

ここでは、そんなうっかり日焼けをしてしまった後の対処法・正しいアフターケアを解説します。

日焼けをしてしまった後に何も処置しないよりも、しっかりとした対処をする事で日焼けの影響を最小限に抑える事ができます。

日焼けしたあとに肌が黒くならない為にも有効なので是非参考にしてみてください。

↓うっかり日焼けをした時はどうする?

うっかり日焼けをしてしまった時の対処法!直後はどうすべき?

海やプールで日焼けしてしまった・・・日焼け止めを塗ってたけど、塗り直しができなくて日焼けして赤くなっちゃったというような人もいると思いますが、そんな時の対処法は以下です。

日焼けをした直後は、まず冷却をする

うっかり日焼けをしてしまったらどうしたらよいのか?ですが、日焼けというのは簡単に言うと紫外線による「皮膚の火傷」です。

ですので、火傷に準ずる処置をするのが正解になります。

つまり紫外線を浴びて日焼けをした後も、まず冷却するというのが一番大切になってきます。

具体的には

・保冷剤を布やタオルで包んで冷やす
・広範囲な場合は水のシャワーや水風呂

などでとにかく日焼け(火傷)した部分を冷やします。保冷剤を直接あてるのは刺激になるのでタオルや布などで包んだりして冷やすようにします。

もし冷やしても赤みや痛みが治まらないくらいの日焼けをしてしまった場合は皮膚科に行ってみてもらうのがおすすめです。

日焼けが落ち着いてきたら保湿を考える

日焼けをする事によって皮膚の角層から水分が失われて、乾燥しやすくなります。

海とかで思いっきり日焼けをした事がある方は、乾燥を実感したことがあるのではないでしょうか。

ある程度、赤みとか火照りが落ち着いてきたら、そこから化粧水とかクリームなどを使って保湿をするようにします。

日焼けをした後の肌は刺激に対して弱くなっているので、敏感肌用の保湿化粧品やドラッグストアでも買えるワセリンなどオイルベースの軟膏を使用するのがおすすめです。

よく顔の日焼けをした後に美容成分が入ったシートマスクを使用する人も多いですが、日焼け後は刺激に対して敏感になっているので直後は使用しない方が良いです。

ビタミンCなどの美容成分が入った化粧品も同様ですぐに使いたくなる気持ちも分かりますが、

刺激になって肌へのダメージになる場合があるので、炎症による赤みや火照りが落ち着くまでは使用をしないようにします。

ひどい日焼けの場合はステロイド剤を外用する

日焼けというのは火傷と同じですが、火傷にはⅠ~Ⅲ度というように重症度が分かれています。

ちょっと赤くなってヒリヒリしている状態の日焼けであれば、火傷の重症度ではⅠ度に分類されるので、先ほどのように冷却をして保湿をするだけで基本的にはOKです。

または、抗炎症作用のあるトラネキサム酸グリチルリチン酸などで赤みを引かせるというのもありです。

水膨れができてしまっているようなひどい日焼けの場合は、火傷の重症度におけるⅡ度以上に分類される症状になってきます。

その場合は炎症を抑えるために、ステロイドの軟膏を外用するという処置をした方が良い場合があります。

ステロイド剤に関しては自己判断で使用すると、日焼け後の火傷が悪化してしまう事があるので皮膚科でしっかり診察を受けてから処方してもらうようにしましょう。

日焼けした後に黒くならない方法・アフターケア

紫外線で日焼けした後に黒くならないためには、ビタミンCハイチオールトラネキサム酸などの美白成分や抗酸化成分が有効なので積極的に摂取するようにしましょう。

日焼けをした後に数日たって、赤みとか火照りのような炎症反応が落ち着いてきてからビタミンC配合の美白化粧品などでケアも開始します。

★ビタミンC
メラニンの生成を抑制、美白作用、抗酸化作用

★ハイチオール
メラニンを排出、シミやくすみを改善

★トラネキサム酸
メラニン活性の抑制、抗炎症作用(赤みや腫れや炎症を改善)、抗プラスミン作用(肝斑)

抗酸化作用っていうのは、紫外線のダメージを減らしてくれる作用があるので、まずはビタミンCを中心にしたケアをするのが正解です。

市販でもビタミンC配合の化粧品はたくさんあると思うのでそれでも構いません。

それだけではちょっと足りないなぁ~と思った方は、美容クリニックではエレクトロポレーションと言って、もっと濃いビタミンCの薬剤を肌の奥に浸透させる施術があるのでそれを受けるのも良いです。

例えば品川美容外科さんならトラネキサム酸+ビタミンCの導入が初回2,140円という破格な安さで受けられます。値段も安いので応急処置として受けるのにピッタリです。

⇒品川美容外科はこちら

↓エレクトロポレーションの特集ページはこちら

⇒エレクトロポレーションが安いクリニック

とにかく大事になってくるのは

・ビタミンC配合の化粧品で外側からのケア
・シナール(ビタミンC)など内服薬での内側からのケア

で、外側に塗るのと内服薬を飲むことによって、メラニンの生成を抑制する事ができるので、日焼けした後に黒くならないための予防ができます。

美容クリニックには行けないという方であれば、内服薬と外用薬を併用する事で色が黒くなるのを防ぐことが大切になってきます。

美容内服薬はルサンククリニックを利用すればオンラインで購入する事もできますし、値段もかなり安いです。

例えばシナール、ハイチオール、ノイロビタンが、1ヶ月分でたった3,300円なのでとてもお得に購入する事ができます。

⇒ルサンククリニックはこちら

↓美白内服薬は自宅から通販できます

⇒美白内服薬がオンラインで購入できるクリニック

サプリメントだと含有量が少なかったり不純物も入っていたりするので、純粋な美容内服薬をもらって飲むのがおすすめです。

すでに日焼けをしてしまった場合に治す方法!すぐに肌を白くする方法

すでに日焼けをして黒くなってしまったという人が、できるだけ早くに肌を白くする方法としてはクリニックでの点滴がおすすめです。

白玉点滴(グルタチオン点滴)

肌を白くしたい人にとても人気になっているのが白玉点滴。こちらはグルタチオンを点滴で直接体に入れる施術になります。

グルタチオンは抗酸化作用が高くてメラニン生成を抑制する効果解毒作用などがあります。

★白玉点滴に期待できること
・できてしまったシミを薄くしたい
・メラニンの生成を抑えたい
・顔のくすみをとりたい
・シミの予防とシミ予備軍対策をしたい
・全身日焼けしちゃったから何とかしたい
・強力に酸化(体のサビ)を抑える
・不要な物質(薬や毒物など)を排出する

点滴なので全身の美白作用があるので、顔だけでなく体全体を日焼けしてしまったという人には特におすすめになります。

夏の時期は日焼けをしていなくても月に2回程度のペースで定期的に受けに来る人が多いです。

体内の悪いものを排出してくれる解毒作用があるというのも大きいですね。

白玉点滴が安いクリニック一覧

白玉点滴1mgあたりの値段で比較
湘南美容クリニック(※注射)
・シングル600mg⇒4,980円
⇒1mgあたり8.3円
オーロラクリニック
・600mg⇒5,500円
⇒1mgあたり9.1円
東京美容外科
・600mg⇒5,500円
⇒1mgあたり9.1円
TCB東京中央美容外科
・ライト600mg⇒5,910円
⇒1mgあたり9.8円

銀座よしえクリニック
・800mg⇒8,800円
⇒1mgあたり11円

白玉点滴は600mgで5,000円台のクリニックが多いです。

湘南美容クリニック点滴ではなく注射ではありますが、シングル600mgで4,980円と値段が安いです。

銀座よしえクリニックではグルタチオンと高濃度ビタミンCが両方配合されているビヨンセ美白点滴が打てます。800mgで8,800円ですが、効果がとても高いので評判が良いです。

⇒湘南美容クリニックはこちら

⇒銀座よしえクリニックはこちら

受けてみたい方はカウンセリング予約をして来院してみましょう。診察料・カウンセリング料は無料です。

↓白玉点滴を特集したページはこちら

⇒白玉点滴が安いおすすめクリニック!

高濃度ビタミンC点滴

こちらも日焼けをしてしまった時の定番でよくやる人が多いのが高濃度ビタミンC点滴です。

抗酸化物質であるビタミンCを1回12.5g~25gを点滴で大量投与する事によって経口摂取ではできないレベルまでビタミンCの血中濃度を上げる事ができます。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制して還元させる作用があるので、日焼け後に肌が黒くなるのを防ぐ事ができます。

もちろんシミの予防にも最適です。

★高濃度ビタミンC点滴に期待できること
・メラニンの生成を抑えたい
・強力に酸化(体のサビ)を抑える
・シミの予防とシミ予備軍対策をしたい
・全身日焼けしちゃったから何とかしたい
・疲労回復をしたい
・免疫力の向上をしたい
・がんや生活習慣病の予防をしたい

美白効果だけではなくて、疲労回復や免疫力強化や健康など幅広い効果が期待できるのがビタミンC点滴です。

こちらも2週間に1回くらいのペースで受けに来る人が多いです。

高濃度ビタミンC点滴が安いクリニック一覧

高濃度ビタミンC点滴25gの値段比較
湘南美容クリニック
・1回(25g)⇒10,000円
(※G6PD検査⇒5,500円)
銀座よしえクリニック
・1回(25g)(初回)⇒11,000円
(※G6PD検査(50g以上のみ)⇒5,500円)
水の森美容外科
・1回(25g)⇒13,200円
(※G6PD検査(25g以上のみ)⇒7,150円)
もとび美容外科クリニック
・1回(25g)⇒14,080円
(※G6PD検査⇒10,780円)
TCB東京中央美容外科
・1回(25g)⇒14,300円
(※G6PD検査⇒-円)

高濃度ビタミンC点滴はG6PD欠損症か調べるG6PD検査をする必要があるクリニックがほとんどです。その検査費用も掛かるので初回の場合はある程度の値段がかかります。

湘南美容クリニック1回25gで10,000円+検査代5,500円となっています

銀座よしえクリニックでは50g以上のみの場合だけG6PD検査が必要になるので、通常の25gの点滴であれば検査不要になるので1回25gで11,000のみで受けられます。

⇒湘南美容クリニックはこちら

⇒銀座よしえクリニックはこちら

受けてみたい方はカウンセリング予約をして来院してみましょう。診察料・カウンセリング料は無料です。

↓高濃度ビタミンC点滴を特集したページはこちら

⇒高濃度ビタミンC点滴が安いクリニック!

日焼け止めというのは予防が一番大事になってきます。しっかりと日焼け止めを塗るというのがまず一番重要です。

↓日焼けしやすい人におすすめの日焼け止めはこちら

⇒絶対に日焼けしたくない人の最強の日焼け止め

そして抗酸化成分であるビタミンCは予防する上でとても役に立ちます。

今日はちょっと日焼けしそうだなぁ~という日には朝にシナール(ビタミンC)を飲んだり、ビタミンC配合の化粧品を朝に使うというのもおすすめになります。

また、帽子や日傘なども使用してしっかりと遮光もするようにしましょう。

もしもうっかり日焼けをしてしまった・・・

という方は上記で解説したように、しっかりとアフターケアをするかしないかで、その後の肌の状態やシミのなり具合が大きく変わってきます。

しっかりと対処するようにしましょう。

うっかり日焼けをしてしまった・・・時の対処法を解説しました!やるのとやらないのでは結構違うのでできる限りのアフターケアはしておきましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。