本当に効くダイエット薬・痩せる薬ランキング!市販とは効果が違う絶対に痩せる薬とは?

美容クリニック

どうしても痩せたい!という方におすすめの実際に病院でも処方されている本当に効くダイエット薬・痩せ薬を紹介します。

痩せたいからダイエットサプリに毎月何千円と使っている人もいると思います。しかしダイエットサプリだけで痩せる事はまず不可能です。

そういった医学的根拠がありません。

本当に効果あるから医薬品として承認されるわけで、サプリメントとして販売されている時点で、単なる栄養補助食品です。

・痩せるという根拠がある⇒医薬品
・栄養補助・健康食品⇒サプリメント

なので、本当に痩せたいのであれば、医薬品のダイエット薬が一番だと断言できます。

ここでは、実際に病院やクリニックで肥満治療・ダイエット治療として処方されている市販とは全く効果の違う本当に効く医薬品のダイエット薬を紹介します。

運動なしでも痩せる事ができるので忙しい方にも向いています。

サプリメントではなく病院で処方される痩せる薬なので、本当に痩せたい!という方は是非使用を検討してみてください。

↓飲むだけでも絶対に痩せる薬!?

本当に効くダイエット薬・痩せる薬ランキング!

以下では本当に効く病院でも肥満治療で処方されているダイエット薬・痩せる薬を紹介していきます。オンライン購入ができるものは最安値で購入できる所も載せているので、気になったものがあったら是非利用してみてください。

リベルサス

⇒安全に使えて効果も高いGLP-1内服薬

リベルサスという痩せ薬はGLP-1受容体作動薬と呼ばれる薬です。

GLP-1は注射タイプが多かったですが、リベルサスは2021年の2月から発売が開始された飲み薬タイプのGLP-1としてとても人気があります。

リベルサスは自然に食欲が抑えられるので食事量を減らす事ができて、なおかつ内臓脂肪や皮下脂肪の燃焼効果があります。

GLP-1の臨床試験は色々ありますが3ヶ月で13kg痩せたという研究結果もあります。

他のダイエット薬として有名な糖の吸収を阻害するフォシーガ、スーグラ、ルセフィなどのSGLT2阻害薬と効果を比べても2倍以上のダイエット効果がある事がデータでも分かっています。

★リベルサスの主な効果
・食欲抑制効果
・満腹感による食べ過ぎ防止効果
・ゆっくり消化する事で空腹感を抑える効果
・褐色脂肪細胞を増やす効果

リベルサスは食欲を抑制、満腹感による食べ過ぎ防止、脂肪燃焼効果があるので、1剤のみでダイエットしたい方には非常におすすめのダイエット薬になります。

リベルサスを飲むと具体的にどのような効き方をするのかというと、血糖値の急激な上昇を防ぐ事で食欲をコントロールする事ができます。

また、胃腸の動きをゆっくりにする事で満腹感が続き、食べ過ぎの予防や空腹感を抑える働きもあります。

リベルサスを飲むと食べる量が必然的に減るので、摂取カロリーが減って体重が落ちていくという作用機序になります。

また、食べたいのに我慢をする事も、空腹に耐える苦痛もなくダイエットをする事ができるという点でかなり優れています。

リベルサスは3mg、7mg、14mgと3種類に分けられていますが、初めての方は最初の1ヶ月は3mgからスタートして、3mgでは満足いかなかったという方は7mgに増量します。

朝起きた後の空腹な状態で1日1錠を飲むだけで無理な食事制限をする必要がなく、いつも通りの生活をしているだけで体重を落としていけるのが強みです。

安全性も高く重大な副作用もないので初めてダイエット薬を使用する方にもおすすめです。

リベルサスが最安値のサイト

クリニックフォア
・リベルサス3mg(30錠)⇒9,350円
・リベルサス7mg(30錠)⇒18,700円
・リベルサス14mg(30錠)⇒30,855円

⇒オンライン診療に対応○

値段が安いおすすめのクリニック・病院!

クリニックフォア
・リベルサス3mg(30錠)⇒9,350円
・リベルサス7mg(30錠)⇒18,700円
・リベルサス14mg(30錠)⇒30,855円

⇒オンライン診療に対応○
湘南美容クリニック
・リベルサス3mg(30錠)⇒14,900円
・リベルサス7mg(30錠)⇒24,900円
・リベルサス14mg(30錠)⇒39,800円

⇒初回はクリニックに行く必要あり×
ZENクリニック
・リベルサス3mg(30錠)⇒16,280円
⇒オンライン診療に対応○
レティシアクリニック
・リベルサス3mg(30錠)⇒16,500円
・リベルサス7mg(30錠)⇒27,500円

⇒オンライン診療に対応○
聖心美容クリニック
・リベルサス3mg(30錠)⇒16,500円
・リベルサス7mg(30錠)⇒33,000円
・リベルサス14mg(30錠)⇒46,200円

⇒クリニックに行く必要あり×

値段が安い個人輸入の通販サイト!

ユニドラ
・リベルサス3mg(10錠)⇒13,050円
・リベルサス7mg(10錠)⇒14,400円
・リベルサス14mg(10錠)⇒15,300円

メデマート
※取り扱いなし
ベストケンコー
・リベルサス3mg(10錠)⇒14,500円
・リベルサス7mg(10錠)⇒16,000円
・リベルサス14mg(10錠)⇒17,000円

くすりエクスプレス
・リベルサス3mg(10錠)⇒14,500円
・リベルサス7mg(10錠)⇒16,000円
・リベルサス14mg(10錠)⇒17,000円

リベルサスはクリニックフォアを使えば病院に行かなくてもオンラインで購入する事ができるのでとても便利です。値段もリベルサス3mgが1か月分9,350円で、他のクリニックよりも断然安いです。

1万円以下で購入できる所はほぼないです。

また個人輸入の通販では3mg、7mg、14mgのリベルサスが10錠単位で購入する事ができます。

⇒リベルサスを最安値でオンライン購入

↓リベルサスについてもっと詳しく知りたい

⇒リベルサスの特集ページはこちら

リベルサスを飲むことですぐに満腹感が得られますし、空腹感も抑える事ができるので自然に食事量が落ちてダイエットができます。しっかりとしたダイエット効果が認められています。

メトホルミン

⇒ダイエット×寿命を延ばす飲み薬

メトホルミンの具体的な作用としては、食欲を抑制するのと肝臓における糖新生の抑制小腸からの糖の吸収を抑制する効果になります。

2013年に行われた臨床試験では6ヶ月の使用で平均して5.8kgの体重を落とす事ができたというデータがあります。

また筋肉量をできるだけ減らさないで体重を落とす事ができたという研究結果もあります。

★メトホルミンの主な効果
・糖の吸収を抑えて排出する
・食欲を抑制する
・筋肉量を落とさずに痩せれる
・脂肪燃焼作用
・GLP-1の量を体内で増やす
・免疫強化とガン予防
・若返り・アンチエイジング効果
・抗炎症作用
・抗血栓作用

メトホルミンの飲み方としては基本的に1回500mgの量で、朝と昼と夜の食前または食後に2~3回に分けて飲みます。

日本では750mg~1,500mgくらいを基準として効果を上げたい場合は1週間ずつ様子見しながらメトホルミンを飲む量を増やしていきます。

その際の最高投与量は2,250mgまでとなっていて、増量する場合は朝2錠、昼1錠、夜2錠といった形にして飲むようにします。

メトホルミンは糖尿病の治療薬として長く使われていて、インスリン感受性向上などによってダイエット薬として使われることが多いですが、抗血栓作用や抗炎症作用を持っていて病気を予防する効果寿命を延ばす効果などが発表されています。

具体的には心血管系の病気の発生率を下げたり、ガン予防効果などがデータや論文として数々出ていてアンチエイジング目的としても使える良薬と言えます。

糖の吸収を抑える効果があるので特に糖質を取り過ぎてしまう方に向いています。ただし腎機能障害がある方は処方してもらう事ができませんので注意しましょう。

メトホルミンが最安値のサイト

ユニドラ
★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒2,713円
・2箱(100錠×2)⇒3,636円
・3箱(100錠×3)⇒4,521円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,213円
・2箱(100錠×2)⇒4,460円
・3箱(100錠×3)⇒5,346円
★メトスモール500mg
・1箱(100錠)⇒2,533円
・2箱(100錠×2)⇒2,864円
・3箱(100錠×3)⇒3,174円

値段が安い個人輸入の通販サイト!

ユニドラ
★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒2,713円
・2箱(100錠×2)⇒3,636円
・3箱(100錠×3)⇒4,521円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,213円
・2箱(100錠×2)⇒4,460円
・3箱(100錠×3)⇒5,346円
★メトスモール500mg
・1箱(100錠)⇒2,533円
・2箱(100錠×2)⇒2,864円
・3箱(100錠×3)⇒3,174円

くすりエクスプレス
★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒3,389円
・2箱(100錠×2)⇒4,632円
・3箱(100錠×3)⇒5,757円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,502円
・2箱(100錠×2)⇒4,860円
・3箱(100錠×3)⇒5,826円
★メトスモール500mg
・1箱(100錠)⇒2,761円
・2箱(100錠×2)⇒3,122円
・3箱(100錠×3)⇒3,462円

ベストケンコー
★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒3,491円
・2箱(100錠×2)⇒4,632円
・3箱(100錠×3)⇒5,757円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,502円
・2箱(100錠×2)⇒4,860円
・3箱(100錠×3)⇒5,826円
★メトスモール500mg
・1箱(100錠)⇒2,761円
・2箱(100錠×2)⇒3,122円
・3箱(100錠×3)⇒3,462円

メデマート
★メトグルコジェネリック500mg
・1箱(100錠)⇒2,700円

メトホルミンは個人輸入の通販サイトで購入するのが一番安いです。病院で処方されるメトホルミンのジェネリック品であるグルコファージ、グリコメット、メトスモールが購入できます。

名前は違いますが有効成分はメトホルミン塩酸塩なので、効果は全く同じになります。

中でも一番メトホルミンの値段が安いのが、ユニドラになります。グルコファージ1000mg(100錠入り)が1箱2,713円で購入ができます。

通常の病院では糖尿病出ないと処方してくれない場合が多いですし、自由診療で取り扱っているクリニックでは診察料が3,000円~4,000円程度かかるので大体4,500円~6,000円くらいかかります。

★ユニドラ
⇒グルコファージ1000mg(100錠):2,713円
★美容クリニックなどで処方
⇒メトグルコ錠500mg(100錠):4,500円~6,000円

上記のように同じようにグルコファージ1000mg(100錠入り)が1箱2,713円で購入ができるユニドラで購入するのが最もコスパが良いです。

⇒ユニドラはこちらから!

↓メトホルミンについてもっと詳しく知りたい

⇒メトホルミンの特集ページはこちら

食欲抑制と糖の吸収を抑制する効果っでダイエット×病気予防として使える薬です。メトホルミンを好んで飲んでいる医者も多くいる良薬です。

サノレックス

⇒厚生労働省が承認する食欲抑制剤

サノレックスは脳にある食欲中枢に直接働きかけて、非常に高い食欲抑制効果のある薬です。

食欲が抑えられるので空腹感もなくて食べたくもならないので単純に食事量を減らす事ができます。飲めば絶対に痩せると言っても良いくらいに勝手に痩せていくのでとても効果が高いです。

また、交感神経を活発化するので、常に代謝が上がった状態にする事で体重減少に繋がります。

★サノレックスの主な効果
・食欲抑制効果
・消化吸収の抑制
・エネルギー代謝の促進

サノレックスは厚生労働省でも認可されている食欲抑制剤で、BMIが35以上の方などの一定条件をクリアすれば保険適用で処方されます。

条件がかなり厳しいのでほとんどの方は、自由診療で処方を行っている美容クリニックに行ってダイエット目的として処方してもらうという形をとっています。

サノレックスは1日1回1錠(0.5mg)を昼食の前に飲むのが基本的な飲み方になります。

昼食前に飲むことで朝食と昼食は食べれるけど、夕飯はほとんど食べれない・・・といった状態になります。

1週間使って効果が不十分な場合は、1日に最大3錠まで増薬する事ができます。

とても効果の高いダイエット薬ではありますが、軽度の興奮状態にさせる事で食欲を抑制したり代謝を上げるので、口の渇きや胃腸障害や眠れないといった副作用が出る場合があります。

また、3ヶ月以上の連用は禁止されていますし長期服用にも向きません。第三種向精神薬に指定されている飲み薬なので気軽に勝手に飲んではいけません。

値段が安いおすすめのクリニック・病院!

品川美容外科
・1錠⇒530円
(初診料⇒無料)
東京形成美容外科
・1錠⇒550円
(初診料⇒無料)
レティシアクリニック
・1錠⇒550円
(初診料⇒)

もとび美容外科
・1錠⇒550円
(初診料⇒無料)
(血液検査代⇒4,180円)

ボンボンクリニック
・1錠⇒550円
(初診料⇒3,000円)

レナトゥスクリニック
・1錠⇒550円
(初診料⇒5,500円)

明治通りクリニック
・1錠⇒600円
(初診料⇒2,200円)

東京美容外科
・1錠⇒880円
・1ヵ月分⇒16,500円
(初診料⇒無料)

水の森美容外科
・1ヵ月分⇒21,890円
(初診料⇒無料)
(血液検査代⇒5,500円)

値段が安い個人輸入の通販サイト!

ユニドラ
※取り扱いなし
メデマート
※取り扱いなし
ベストケンコー
※取り扱いなし
くすりエクスプレス
※取り扱いなし

サノレックスは第三種向精神薬に指定されているダイエット薬なので個人輸入で入手する事はできません。BMI35を超えるような高度肥満の方であれば保険診療で処方してもらえる場合があります。

・肥満度+70%以上またはBMI35以上の方
・食事や運動によって痩せる事ができなかった人

ただし上記のような厳しめの条件があります。ですので、一般的な人の場合は保険診療で処方してもらう事は難しく、美容クリニックで自由診療で処方してもらうのが一番手っ取り早いです。

例えば品川美容外科なら1錠530円で購入できます。

サノレックスが欲しい方は取り扱っているクリニックに予約を入れて、診察をしてもらって処方をしてもらうという流れになります。

⇒品川美容外科はこちらから!

↓サノレックスについてもっと詳しく知りたい

⇒サノレックスの特集ページはこちら

食欲抑制効果はとても高いですが、副作用や依存性があるのが難点。長期服用はできないので短期的にどうしても痩せたい方向けのダイエット薬です。

ゼニカル

⇒食事の脂肪分を約30%カットする

ゼニカルは食事で摂取した脂肪分を便から排出する事ができる飲み薬です。

具体的にはリパーゼという膵臓の脂肪消化酵素の働きを止める事で、摂取した脂肪の約30%をカットする事ができます。

例えば焼肉やラーメンなど脂肪が多い食事をする時や、飲み会などで食べ過ぎてしまうような場面で飲む事でその時に食べた脂肪をなかった事にしてくれます。

ゼニカルの効果は飲んでから1時間~1時間半程度と短いので、食事の直前食べ始めてからすぐに飲むのが一番効率が良い飲み方と言えます。

ゼニカルを飲むと脂肪便としてドバドバ出てくれるので、かなりの効果を実感できますが、その副作用で下痢お腹が緩くなることが多いです。

ふとした瞬間に脂肪便が染み出て、お漏らしのようになってしまう場合も割とよくあるので生理用品を常につけていないといけないです。

ゼニカルは重大な副作用はなくて、医者も処方しやすい薬なので、世界でも使用している人はかなり多い肥満治療薬になります。

ただし、上記のように不快な副作用があるのが難点です。

また、脂溶性ビタミンであるビタミンAやビタミンDなどの脂に溶けるビタミンも一緒に溶けて出てしまいますので、ゼニカルを使用する場合はマルチビタミンサプリを併用するのが望ましいです。

ジャンクフードや脂肪分が多い食事が原因で太っている人には強力な脂肪吸収欲剤として使えるダイエット薬ですが、それ以外の方にあまり効果がないです。

また、ゼニカル単剤のデータでは1年間でも約3kg程度の体重減少効果しかないので大幅に痩せる事ができるか?と言ったら難しいです。

メインのダイエット薬は別の物にして、脂肪が多い食事をする時だけゼニカルを飲むというような頓服薬的に使用するのが良いでしょう。

ゼニカルが最安値のサイト

ゼニカル(Xenical)通販はこちら
・120mg(42錠)⇒7,418円
・120mg(84錠)⇒11,887円

値段が安い個人輸入の通販サイト!

メデマート
・120mg(42錠)⇒8,550円
・120mg(84錠)⇒16,250円
ユニドラ
・120mg(42錠)⇒10,670円
ベストケンコー
・120mg(42錠)⇒11,000円
くすりエクスプレス
・120mg(42錠)⇒11,330円

ゼニカルは個人輸入の通販サイトから気軽に購入する事ができます。一番値段が安いのはオオサカ堂さんで、120mg(42錠)が大体7,418円くらいとなっています。

美容クリニックでも取り扱っている所はありますが、1錠250円~650円くらいが相場になっていて、個人輸入の通販サイトで購入するのと比べると割高で購入する事になります。

⇒オオサカ堂さんはこちらから!

↓ゼニカルについてもっと詳しく知りたい

⇒ゼニカルの特集ページはこちら

食事で摂取した脂肪分を約30%もカットする事ができるのがゼニカルの強みです。ジャンクフードや脂っこい食事をよく食べる人に特に向いているダイエット薬になります。

本当に痩せる薬は?ダイエット薬・痩せる薬はどれがいい?

上記では主によく使われているダイエット薬を紹介しました。

どれも実際に美容クリニックや病院で肥満治療として処方されているダイエット薬になります。

どれがいい?というのは人それぞれなので難しいですが、サノレックスは効果は高いけど、副作用や依存性が問題になる場合があるのでダイエット目的として気軽に使うのはあまりおすすめ出来ません。

そして、ゼニカルもお漏らしという不快な副作用があるので常用には向きません。

・ダイエット効果が高い
・重大な副作用がなく安全性が高い
・不快な副作用もない

という事を考えてどれが良いか選ぶとなると、、、

ダイエット目的であればサノレックスと同じように脳に作用して食欲を抑制する薬であるリベルサスか、体重減少という効果の面ではリベルサスには劣りますが、病気の予防効果もあると言われているメトホルミンのどちらかがおすすめになります。

薬なのでどれも副作用はありますが、リベルサスやメトホルミンは吐き気や下痢のような軽い胃腸障害がほとんどで、安全性がとても高いです。

そしてリベルサスに関しては臨床試験の結果を見ても、他の薬と比べて体重減少効果が高いです。

効果と副作用の面を総合的に比較すると、

・リベルサス
・メトホルミン

この2つがダイエット薬のファーストチョイスとして良いと考えられます。

ダイエット薬を使えば、正直言って運動なし、食事制限なしでも痩せる事ができます。食事に関しては食べるとすぐにお腹一杯になるので勝手に食事制限ができてしまうといった感じです。

もちろん運動もした方がより良い結果になりますが、忙しくて運動する時間がない方もいると思います。そんな人でも順調にダイエットできるのが今回紹介したダイエット薬になります。

市販のダイエットサプリなど痩せる効果のない(医学的根拠のない)ものを使用している人はとても多くてもったいないです。

ダイエット薬を使用すればしっかりと痩せる事はできます。

オンライン診療個人輸入の通販でも購入できるものがあるので、本気で痩せたいのであれば本当に効くというデータがある医薬品のダイエット薬を使用するようにしましょう。

本当に痩せるダイエット薬はどれか?というのをテーマにして実際にクリニックで処方されている痩せる薬を紹介しました。是非参考にしてみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。