オゼンピックが安いオンライン診療クリニック!週1回でダイエット効果が凄い【最安値通販】

美容クリニック

週1回だけでいい!新しいGLP-1ダイエット注射のオゼンピックはオンライン診療で通販ができます。サクセンダなどと比べて効果はどうなのか?注射の打ち方なども解説!

GLP-1受容体作動薬というと、毎日注射するタイプが有名ですが、このオゼンピック(成分:セマグルチド)に関しては週1回注射をするだけでOKの注射薬なのが特徴です。

他にもいくつかGLP-1ダイエット薬はありますが、

体重減少効果で見てもオゼンピックの方が効果が高いデータがあるのでダイエット効果を求めるのであればかなり優秀な薬になっています。

オゼンピックは医薬品の処方薬なのでドラッグストアや個人輸入で購入する事はできません。

処方してもらうには取り扱っているクリニックに来院するかオンライン診療で処方してもらう必要があります。

オゼンピックは取り扱いクリニックがとても少ないですが、以下で紹介するクリニックフォアのオンライン診療を利用すれば自宅にいながらオゼンピックを安い値段で購入する事ができるのでおすすめです。

↓オゼンピックのダイエット効果が凄い!

オゼンピックのダイエット効果は?週1回注射するタイプだから簡単!

オゼンピック(セマグルチド)はGLP-1受容体作動薬という分類の薬で、1回注射すると約1週間効果があるので週に1回自己注射をするだけでOKの薬になっています。

注射はお腹の脂肪をつまんでそこに打つだけで針も細く痛みはほとんどありません。

効果に関しては注射をする事によって、食欲を抑えて体重を落とす作用になります。しかも、空腹が辛い・・・ということもなく、いつもと同じように食事をしてかまいません。

一週間安定して食欲を抑制してくれるので薬の効果でいつもの半分くらい食べたら、満腹感がきて食べれなくなるはずです。

つまり我慢をすることなく自然と食事量がいつもの半分くらいになります。

それを続ける事によって体重も自然と無理なく減らす事ができるというのがこの薬の大きな強みの一つとなります。

国内の第3相臨床試験の結果では、シタグリプチンという内服薬とオゼンピックの効果を比較した試験を行っています。

上記のようにHbA1cはシタグリプチンと比べて優位に下がっています。

低用量のオゼンピック0.5mgでは平均で1.87%、高用量のオゼンピック1.0mgでは平均2.18%の低下がみられています。

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)というのは、糖化ヘモグロビンが血中にどのくらいの割合であるかを表したもので、この値が高いという事は血糖値が高いという事になります。

体重に及ぼす影響に関してのデータもあって

オゼンピック0.5mgでは平均2.21kg
オゼンピック1.0mgでは平均3.87kg

という体重の減少効果がしっかりと確認されています。

もちろん上記のように糖尿病じゃない肥満の方に対する大規模な臨床試験もやっていて、そこでもしっかりと体重減少がある事が認められています。

上記ではセマグルチドは0.05mg~0.4mgの5つの用量に分けて体重減少効果が調べられていて、0.2mg以上でサクセンダなどのリラグルチドよりも有意な差が認められています。

成分:リラグルチド
⇒サクセンダ、ビクトーザなど

成分:セマグルチド
⇒オゼンピック

オゼンピックの成分であるセマグルチドは、サクセンダなどのリラグルチド以上に体重減少にとても効果的なデータがあり、体重減少効果で見るとセマグルチドの方が優れていると言えます。

0.4mg群では10%以上の体重減少に成功した割合が65%と非常に大きなダイエット効果となっています。

また、血糖値の上昇を抑える作用により心血管リスクも抑える効果があるのも大きなメリットの一つです。

つまりオゼンピックは注射する事によって、血糖値もしっかりと下げる事ができて体重も落としてくれるという医学的なデータがしっかりと証明されている薬となっています。

トルリシティという同じような薬もありますが、それよりも食欲を抑える効果が強いです。

誰でも自宅で簡単に使えて、HbA1cも下がるから健康にも良いし、体重もほぼ確実に落とすことができるという一石二鳥なダイエットがGLP-1ダイエットが大人気になっている理由です。

安全性も高いので、医薬品のダイエット薬を使用した効果の高い本格的なダイエットを始めたいという方にもピッタリの薬と言えるでしょう。

↓オゼンピックを簡単に処方してもらう

オゼンピックがオンライン診療で一番安いクリニック!最安値で通販

クリニックフォア

オゼンピック2mgが24,750円!オンライン診療で自宅にお届け!

【オンライン/通院不要】

クリニックフォアは通院不要で自宅にいながら3分程度の簡単なオンライン診療を受けるだけでオゼンピック(※週1回注射)やリベルサス(※1日1回の飲み薬)などのGLP-1ダイエット薬を処方してもらえるクリニックです。

都合の良い時間を選べるのでいつでも好きな時間にオンライン診療を受ける事ができます。

オンライン診療の前にスマホやPCを使って簡単な事前問診の入力をして、希望する薬オンライン診療の方法も選ぶ事ができます。

オンライン診療は電話ビデオチャットのどちらにも対応しています。顔出ししたくない人は通常の電話を選ぶようにしましょう。オンライン診療自体は事前問診で入力した内容や薬の説明を受けたりするだけで難しい事はありません。

クリニックフォアのオゼンピックは2mgが1ヵ月分24,750円で購入できます。

オゼンピック2mgはダイヤル式で1回の投与量が0.25mg、0.5mg、1.0mgから選べるようになっているので、週1回0.25mgの使用なら2ヶ月持ちますし、週1回0.5mgの使用なら1ヶ月分となります。

1回0.25mgの使用でもサクセンダやビクトーザより効果が高いというデータがあります。

薬は最短即日発送で自宅に届きます。保険証も不要で誰でも初診からオンライン診療が受けられます。

オゼンピックを最安値で購入する!

値段 ★GLP-1注射薬
・オゼンピック2mg(1~2か月分)⇒24,750円
(※1回の投与量はダイヤル式で0.25mg、0.5mg、1.0mgから選べる)
★GLP-1内服薬
・リベルサス3mg(1か月分/30錠)⇒9,350円
・リベルサス7mg(1か月分/30錠)⇒18,700円
・リベルサス14mg(1か月分/30錠)⇒30,855円

東京(田町院、新橋院、飯田橋院、有楽町院、大手町院、四谷院)
※2020年12月現在

↓今すぐオンライン診療で購入する!↓
オゼンピックをオンラインでGET

オゼンピックは品薄で現在はどのクリニックでも購入できない!?

オゼンピックは現在、製造輸出一時中止に伴う出荷調整により、かなり品薄でほとんどのクリニックで購入できない状況となっております。

その場合は、ほぼ同じ効果を持つGLP-1の飲み薬であるリベルサスか1日1回注射するタイプのサクセンダ代替としておすすめになります。

リベルサス
⇒1日1回飲むだけのGLP-1内服薬
(最安値⇒1ヶ月分9,350円)

⇒リベルサスが安いのはこちら

サクセンダ
⇒1日1回朝に自己注射をする薬
(最安値⇒1ヶ月分19,800円)

⇒サクセンダが安いのはこちら

GLP-1の薬の中で比較すると値段的にはリベルサスが一番お得で毎日1回飲むだけの飲み薬タイプなので一番手軽です。

オゼンピックが買えない時や、流通が復活するまでの代替品としておすすめです。

オゼンピックの痛くない注射の打ち方・ダイエットのやり方は?

オゼンピックの打ち方は他のGLP-1受容体作動薬と同様でとても簡単です。

オゼンピックは針が最初から付いている(※針が別のタイプも出てます)ので、わざわざ装着するという事も不要です。

注射のやり方としては、

お腹に注射するので、まずは注射をする部分をアルコール綿などで消毒します。皮下脂肪が厚い部分に注射をする事で、全く痛くないので安心です。

消毒が乾いたらオゼンピックについているキャップを外します。

お腹の脂肪を掴んで、そのままオゼンピックをやや強めに押し当てます。強く押し当てると黄色いゲージが溜まっていきます。

上記のように黄色いゲージが溜まっていくので満たされたら注射が完了です。漏れたらもったいないので、さらに5秒程度そのまま待ってから抜くとより良いです。

とても簡単ですよね。

オゼンピックは0.25mg、0.5mg、1.0mgというように最初から用量によって分かれているため、用量に応じてペンの種類が決まっています。

オゼンピック2mgは仕様が少し違う!

クリニックフォアでも売っているオゼンピック2mgの場合は、上記のようにダイアル表示があって、0.25mg、0.5mg、1.0mgと打つ量を自分で決められるので便利です。

最初の1ヶ月は1回0.25mg~始めるのが基本なので、1週間に0.25mgで効果が問題ないのであれば2ヶ月(8週間)も使用できるという事になります。また途中から0.5mgに変えるという事もできます。

⇒オゼンピック2mgが最安値で買える!

オゼンピックを使った基本的なダイエット方法

オゼンピックを使ったダイエット方法についてですが、最初は、導入用量である0.25mgの一番少ない用量から使うのが推奨されています。

打つ時間に関しては食事と関係なく好きな時間に打つ事ができます。

0.25mgの注射を開始して4本で4週間使用したら、その後は0.5mgに増量して継続していきます。

継続していく際は0.5mgを使っていくのが基本となっています。

ただ0.5mgを4週間以上続けても効果が不十分と判断した場合は、状態に応じて治療の強化として、1.0mgに切り替える事もできます。

オゼンピックを使いたい!でも副作用や危険性はないの?

どんな薬にも医薬品となると副作用は少なからずあります。

オゼンピックの場合も他のGLP-1受容体作動薬と同じで、確率は低いながらも食欲抑制効果が強く出てしまうような方だと「吐き気」とか「胃のむかつき」などが出る場合があります。

その他には便秘などです。

オゼンピック(セマグルチド)とサクセンダ(リラグルチド)で、副作用の発現率においては差がなく上記のような消化器系の副作用がほとんどです。

オゼンピックは2017年にアメリカのFDAで承認されて、現在では世界28ヵ国で使用されています。2020年5月にはようやく日本でも正式に糖尿病治療薬として使えるようになりました。

安全性に関してもサクセンダ(リラグルチド)などと同等ですので比較的安心して使用できる薬となっています。

上記の基本的なダイエット方法で書いたように、0.25mgの低用量から始めれば副作用が出るリスクも少なく始める事ができます。

オゼンピックは2021年6月から長期処方も解禁になり使い所が非常に多い薬になったと思います。

サクセンダはおいてあるけどオゼンピックは取り扱いがないといったクリニックがまだまだ多くて、オゼンピックは一般的な美容クリニックや病院で手に入れる事はとても困難です。

しかし、長期処方が解禁になったことにより、これからグングンと需要も取り扱うクリニックも増えてくるはずです。

オゼンピックなどのGLP-1ダイエットがおすすめな人は、特に太っていて食欲を自分で抑える事が難しいという方です。

・食欲が他の人よりも強いと思う人・・・
・食事療法に挑戦したけど守れなかった・・・
・ストレスで時々ドカ食いしてしまう・・・
・満腹になるまで食べてしまうことがある・・・
・おやつや夜食などをついつい食べてしまう・・・

というような人にとって、GLP-1受容体作動薬は基本的に食欲を自然に抑える事で体重を落としていく事ができるので最も合う薬と言っていいと思います。

オゼンピックは従来のGLP-1受容体作動薬と比べても効果が強い部類になるので、しっかりと無理なくダイエットができるお薬です。気になる方は是非使ってみてください!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。