肝斑治療の費用が安いおすすめクリニック!肝斑が治った!肝斑を消す最新レーザー治療

美容クリニック

30代40代の女性で顔のシミの悩みと言うと、まず挙がるのが肝斑です。肝斑を消したいと考えている女性も多いですよね。

肝斑(かんぱん)は頬の両側に地図のように広範囲にベターっと出るのが特徴。

左右対称に現れることの多いシミで、形が定まらず、モヤモヤとした茶褐色のシミが広がる場合が多いです。目の周辺には出来ないのですが、頬の上、鼻の下など気になる部分に出てくるので、悩む人は多いです。

原因は紫外線の影響も指摘されていますが、更年期や経口避妊薬、妊娠などと関係するため、女性ホルモンの影響が指摘されています。
過度にこすったり物理的に刺激を受けても出る場合があり、やっかいなシミだと言われています。

肝斑は、間違った対処をすると悪化したり、治ったと思ったら再発したりと、非常に厄介なシミとしてしられています。

閉経と共に消失することでも知られていて、昔は肝斑には触らないというのが治療原則でしたが、今では肝斑に効くレーザー治療などもあるので、肝斑を治療によって治す事も可能になっています。

↓肝斑治療におすすめのクリニック!

肝斑と他のシミとの違いと見分け方は?

肝斑は、見分けるのが難しいシミとも言われていて、肝斑だと思ったら違ったり、他のシミだと思ったら肝斑だったりといった見立て違いが医療の現場でも起きるほどわかりにくい存在です。

・片側だけではなくて左右対称で出る事が非常に多い
・肝斑は広範囲に地図のようにできる事がほとんど
・頬のちょっと高めの所にできやすい

などが肝斑の簡単な見分け方として使えます。

頬辺りにだけできると思ったら大間違いで、鼻の下とか、おでこの端辺りにできる人もいるし結構以外な所に肝斑が発生する事もあります。

共通しているのは骨の上でしかも摩擦が起きやすい部分です。

肝斑は間違ってレーザーなどをあててしまうと悪化する場合が多く、まずは正しく見分ける必要があります。
素人にはなかなか難しいので、美容クリニックや皮膚科を受診するのが正解です。

混合発生の場合はより見分けがつきにくい

他のシミとの見分けがつきにくい理由には、肝斑が他の種類のシミと混合発生しているケースも多いことが挙げられます。

特にそばかすとは出る位置が重なるので、年齢が進んだそばかすなどとはなかなか、見分けがつきません。

混合発生している場合は、まず悪影響の無い治療からはじめて、効果があるかないかで治療方針を変えていくという形を取る事が多いです。

肝斑は男性より女性の方が発生しやすいです。さらにアジア人が特にできやすい事が分かっています。

肝斑が治った!最新のレーザー治療はコレ!

肝斑が治った人が多い最新の肝斑を消すレーザー治療方法!

ピコトーニング(レーザートーニング)

ピコレーザーやQスイッチレーザーによるレーザートーニングが肝斑に有効な治療方法です。

肝斑を素早く消したいという方に最も適していて利用者もかなり多いです。

肝斑やくすみやシミなどに効くモードで肝斑治療でレーザートーニングを受ける回数の目安は大体5回くらいのクリニックが多いです。レーザートーニングは2週間に1回くらいのペースで受ける事ができます。

早く肝斑を消したいかたは2週間に1回の間隔で治療を受けるのがおすすめです。

↓ピコトーニング(レーザートーニング)のおすすめクリニック

上記のページからピコトーニング(レーザートーニング)に対応したクリニックが探せます。

肝斑に一番効く治療はコレ!できるだけ今すぐに肝斑を消したいなら

肝斑の治療は時間がかかるものですが、少しでも早く肝斑を消したいという方は

内服薬とレーザートーニングの併用が一番です。

病院・クリニックでの肝斑治療では内服薬としてトラネキサム酸を処方される事が多いです。

トラネキサム酸には炎症を抑える成分が入っていて風邪薬としても喉が痛い時などに処方されることが多いです。肝斑は普通のシミと違って炎症なので、その炎症を抑える事で色味を引かせるという機序がトラネキサム酸には期待できます。

肝斑を早く消したい方は、内服が大丈夫な方であればできる限り飲んだ方が良いです。

内服が無理な方は「メソナJ」などのイオン導入でお肌に直接トラネキサム酸を入れる治療も効果的です。

こちらも金銭的に問題ないならやった方が治りが早いです。

レーザートーニング+トラネキサム酸(内服薬)

というようにレーザートーニングとの併用をするのがベストです。

最速で肝斑を消す事を目指すのであれば

・2週間に1回のレーザートーニング
・トラネキサム酸(導入)
・トラネキサム酸(内服)
・ハイドロキノン(外用薬)

という形が間違いなく最強の治療方法です。

全部を一気にやるのはお金がかかるので難しい方も多いと思いますので、基本的にはレーザートーニング+トラネキサム酸という組み合わせから肝斑治療を始めるのがベストです。

肝斑治療はレーザートーニングにプラスして内服薬のトラネキサム酸も併用するのが最も効果的でおすすめです!

↓肝斑治療におすすめのクリニック!

肝斑治療が安いおすすめクリニック2選!

品川美容外科

肝斑治療が安い!とにかく肝斑を消したいならココ!

品川美容外科では、レーザートーニング、内服薬、外用薬、ピーリング治療などの様々な肝斑治療のメニューがあります。

例えばトラネキサム酸は60カプセル2,120円だったり、レーザートーニングも初回割引があったり他のクリニックと比べて圧倒的に値段が安いのでおすすめ!

「脱!シミ宣言」という独自のメニューでは肝斑に特化した本格治療が受けられます。

まずは無料カウンセリングでシミや肝斑の症状を診断します。

肝斑の状態によっては内服薬のみの治療でいける場合もありますので、まずは無料カウンセリングを受けに行きましょう。

肝斑の症状を診断して治療メニューを決めます。まずは無料カウンセリング予約を。

料金一覧 ★肝斑治療
・レーザートーニング1回⇒5,190円(※初回2,700円)
・ピコトーニング1回⇒5,150円
・Qスイッチヤグレーザー(1mm×1mm)⇒3,920円
・トラネキサム酸(60カプセル)⇒1,920円
(※その他にも肝斑に対応した治療多数あり)
主な肝斑治療 レーザートーニング、ピコトーニング、Qスイッチヤグレーザー、ピーリング治療、内服薬治療、外用薬治療など

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、東京(品川本院、新宿院、渋谷院、表参道院、池袋院、銀座院、上野院、立川院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮店)、栃木(宇都宮院)、千葉(千葉院)、新潟(新潟院)、愛知(名古屋院)、静岡(静岡院)、大阪(梅田院、心斎橋院)、京都(京都院)、兵庫(神戸院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、福岡(福岡院)、鹿児島(鹿児島院)、熊本(熊本院)、沖縄(沖縄院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
肝斑治療の詳細・予約はこちら

湘南美容クリニック

レーザートーニングや内服薬で肝斑を消す!

湘南美容クリニックでの肝斑治療はレーザートーニングや美容内服セット(トラネキサム酸・L-システイン・ビタミンC・タチオン)を中心に行う事が多いです。

レーザートーニングを定期的に受けつつ、自宅では美容内服セットを服用する形でとても効果が高い治療です。

湘南美容クリニックでは月に2回くらい通うのを推奨しています。イオン導入を使用する事でより高い効果を実感できます。

値段はかなり安いクリニックなのでコスパはかなり良いです。

肝斑の症状を診断して治療メニューを決めます。まずは無料カウンセリング予約を。

料金一覧 ★肝斑治療
・レーザートーニング1回⇒8,750円
・トラネキサム酸導入1回⇒5,900円~
・美容内服セット(30日分)⇒5,500円
(※その他にも肝斑に対応した治療多数あり)
主な肝斑治療 レーザートーニング、イオン導入、内服薬治療、外用薬治療

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、福島(福島院)、東京(新宿本院、新宿南口院、銀座院、SBC銀座院、新橋銀座口院、渋谷院、渋谷アネックス院、表参道院、六本木院、池袋東口院、池袋西口院、赤坂見附院、高田馬場院、品川院、秋葉原院、上野院、湘南メディカル記念病院(両国)、西葛西院、東京蒲田院、赤羽院、自由が丘院、二子玉川院、立川院、町田院、湘南内科皮フ科町田院、八王子院)、神奈川(横浜店、横浜東口院、川崎院、武蔵小杉院、橋本院、藤沢院、横須賀中央院、辻堂アカデミア)、埼玉(大宮東口院、川口院、所沢院、川越院)、千葉(千葉センシティ院、船橋院、松戸院、柏院)、群馬(高崎院)、栃木(宇都宮院)、茨城(水戸院)、愛知(名古屋院、名古屋栄院、栄矢場町院)、静岡(浜松院、静岡院)、新潟(新潟院)、石川(金沢院)、長野(長野院)、岐阜(岐阜院)、京都(京都院、京都河原町院)、大阪(大阪梅田院、大阪駅前院、大阪心斎橋院、大阪あべの院、大阪京橋院、大阪堺東院)、兵庫(神戸院、姫路院、西宮北口院)、奈良(奈良院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、香川(高松院)、愛媛(松山院)、福岡(福岡院、小倉院、熊本院)、鹿児島(鹿児島院)、沖縄(那覇院)、海外(ベトナム院、アーバイン院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
肝斑治療の詳細・予約はこちら

えっ!?実は肝斑じゃなかった・・・という事もあるので無料カウンセリングだけでも受けて診断してもらいましょう!

肝斑を消したい!クリニックじゃないと消せないの?

肝斑は、男性女性問わず、30~40代に多く現れるシミです。

隠れ肝斑もあり、表面上は見えていなくても、何がきっかけで一気に現れて来るかわからないシミでもあります。例えば睡眠不足やストレスが続いた時に、朝目覚めて鏡を見たら顔色が暗くなっている事がないでしょうか。

もしかしたらそれは肝斑で、疲れが取れれば消えるだろうと軽く考えていると、そのままずっとシミとして残ってしまう場合も有り得るのです。

紫外線が原因のシミは、紫外線対策や美白化粧品である程度予防や改善が出来ますが、肝斑は原因が解明されていないため、素人がやると悪化させるリスクも大きいです。

一時的に薄くなってもすぐに再発しやすい特徴があり、常に注意しながらケアを続ける必要があります。

まずは肝斑かどうか正しい診断受ける事が大事

肝斑はとても見分けが付きにくいシミでもあり、病院に行くのはまず肝斑かどうかを診断するためというのが一番です。

肝斑だけが現れているという人は少なく、ほとんどのケースでは様々なシミが複合して現れているので、どこにどういったシミが現れているのか、どのシミをどういった方法で、どの順番で治療していくべきかを判断するのがとても重要です。

この点はセルフケアではどうしようもない問題なので、

気になるシミがある場合には、まずクリニックで相談するのが正解です。

肝斑を悪化させない!自分でも肝斑予防くらいは頑張りたい!

肝斑の予防はかなり難しいものです。

なぜなら肝斑ができてしまう原因としてホルモンが影響している部分が大きいからです。
その点は自分の意思でどうにかできる問題ではなく、ホルモンを安定化させるのも難しいです。

これ以上肝斑を悪化させない肝斑予防方法としては、

紫外線のケアを徹底する事。

紫外線を浴びるだけでも肝斑は悪くなりますし、実際クリニックに肝斑の治療を受けに来る人が多くなるのも紫外線が多い夏を過ぎた秋頃です。

夏に紫外線を大量に浴びて、なんかモヤモヤしたのが出てきた・・・とかそんな人が多いんですね。なので紫外線のケアをするだけでもある程度の肝斑予防にはなるはずです。

あとは摩擦をしない事。

よく洗顔でゴシゴシ一生懸命しすぎる人が多いですが、そんな人は肝斑ができやすいです。特に肝斑ができやすい頬周りに関しては優しく拭き取るようにして擦らないようにしましょう

ピルとタバコも肝斑ができやすくなります。

ピルに関してはどうしてもやめる事ができない事情がある人もいるとは思いますが、タバコに関しては肝斑を消したいならやめたほうが良いでしょう。

肝斑が濃くなった・・・悪化させてしまった事例

シミと肝斑は同じように肌に色素沈着したように色がついてしまう状態ですが、

肝斑は実は炎症が起きた状態なのです。

普通のシミは炎症が起きていないし、色素が表皮に残っている状態です。

同じように色素沈着をしたシミの仲間ではありますが、炎症が起きている肝斑と通常のシミでは治療方法を同じにしてはいけません。

よくシミを消したいからと言ってエステなどで何のリスクの説明も受けずに、肝斑なのにただのシミと勘違いをしてフォトフェイシャルをうける事によって濃くなって悪化してしまったという事例が多くあります。

※フォトフェイシャル自体は通常のシミにはとても効果的な治療方法です。

従来のレーザー治療は悪化リスクがある

一般的なシミは、即効性を求めるなら病院でレーザーを用いることで改善出来るケースが大半です。

肝斑は通常のシミと違い炎症が起きている状態なので、その炎症を少しずつ取りながらの治療が必要なために強いレーザーを打つことは禁忌です。

通常のシミと間違えて不用意にレーザー治療を行うと、逆に肝斑を悪化させてしまうことにつながります。

肝斑の治療はとても難しく、肝斑に対する知識が豊富で実績のある病院に相談する必要があります。

内服薬・外用薬による肝斑治療は?

内服薬や外用薬での肝斑治療では基本的に、

身体の内側からケアする内服薬によるケアとピンポイントでケアする外用薬によるケアの2種類を組み合わせて行われます。

ただし、薬の刺激で肝斑が悪化するケースもあり、様子を見ながら一人ひとりに合わせた治療法が取られるのが一般的。

内服薬として処方されるのはトラネキサム酸やアスコルビン酸やなどが中心で、外用薬はハイドロキノンやトレチノインなどが中心となります。

条件によってはトラネキサム酸が飲めない人もいますので、クリニックによってはイオン導入が行われる場合もあります。

シミの程度を診断して薬を処方するのは医師ですが、それを飲み続けたり塗り続けたりするのは自分ですから、毎日のホームケアがとても重要になります。

内服薬や外用薬だけでの治療は即効性は期待出来ないので、コツコツ薬を使いながら紫外線をカットし、正しい生活を送ってケアをするという長丁場の勝負になります。

レーザートーニング治療と併用した治療がおすすめです。

肝斑と凄い似た症状でADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というのもあって、このシミに関してはレーザートーニングが効きません。

肝斑はとにかく診断が一番大事!!

この診断が間違っているとイコール治療方法も間違ってしまう事になりただ肝斑を悪化させてしまう事になりかねません。

自分にあるシミが肝斑なのか、それとも別のシミの場合の可能性もあるので、一度クリニックの「無料カウンセリング」でしっかりと診察してもらいましょう。

最新の肝斑治療のスタンダードはピコレーザーと使ったレーザートーニングとトラネキサム酸(内服薬)の併用です。お悩みの方はまず無料カウンセリングを受けに行ってみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。