肥満遺伝子検査キットのおすすめは?太りやすい体質は親から遺伝する?【肥満遺伝子診断】

ダイエット

遺伝子検査は今流行りだし、綿棒で採取して送るだけだから簡単だね!1度の検査で一生役立つことを考えたらかなり良いと思う。

まわりにたくさん食べているのにぜんぜん太らない人はいないでしょうか?そして話を聞いてみるととくに食事制限や運動をしていない…うらやましい限りです。

逆にダイエットをしているのに太ってしまうという人もいます。

これだけの違いがあると、なにか遺伝のようなものの影響があるのではないかと思う人は少なくないでしょう。

太りやすさと遺伝ですが、結論からいいますと関係があります。

最近では肥満遺伝子検査キットというのがあり、自宅にいながら自分が太りやすい体質なのか診断することもできます。

↓肥満遺伝子検査キットのおすすめはココ

肥満遺伝子・・・太りやすい体質って親から遺伝するの?

ダイエットを諦めた人の中には、「太りやすいのは遺伝だから・・・」といった言葉を口にする方が少なくありません。

壮絶な苦労の末、ダイエットに成功した方にしてみれば「そんなのただの言い訳だろ!」となってしまいそうな話ですが、この話はまんざら嘘でもないのです。

実は実際の研究において太りやすさは遺伝することが報告されているのです。

太っている方すべてが遺伝によるものではありませんが、両親が肥満の場合、肥満発生率はグンと上がります。現在確認されている日本人の肥満遺伝子には下記の3つがあり、どれも30%程度の確率で影響します。

・アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP1)
お尻から太ももにかけて皮下脂肪が付きやすい

・β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)
太りにくい逆肥満遺伝子

・β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)
お腹に脂肪が付く内臓脂肪型

また肥満が遺伝している人は太りやすい環境に身を置こうとする傾向が高いのも肥満を発症しやすい原因の一つと言えるでしょう。

もし太りにくい逆肥満遺伝子を持っているのに太っていたら・・・肥満遺伝子検査は自宅で簡単にできるし面白そうだしやってみたいですね!

肥満遺伝子によって基礎代謝に差がでる?

やせるための基本は、摂取エネルギーに比べて消費エネルギーを多くすることです。

そして消費エネルギーは、呼吸や臓器の活動、体温調節といった生命活動で消費されるエネルギーである基礎代謝、運動生活活動エネルギー、食事を摂ることに伴う食事誘発熱産生があります。

基礎代謝量の計算方法(計算式)と求め方!でも詳しく書きましたが、基礎代謝はなにもしていない状態で、たとえばただ黙って座っていたり、ベッドで横になっていたりするだけでも消費されるエネルギーであり、総消費エネルギーの60~70%を占めています。

効率よくやせるにはこの基礎代謝が高いに越したことはありませんが、個人差があります。

基礎代謝の平均は男性で1,500kcal、女性で1,200kcalとされていますが、保有している遺伝子によっても違いが出てきます。

主な肥満と関わりのあるものとしては、

β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)

この遺伝子を保有している人は、基礎代謝量が1日200kcal少なく、遺伝子変異のない人よりやせにくく太りやすい体質であるといえます。

なお、この遺伝子を持っている人は日本人の3人に1人程度、お腹まわりが太く、糖質の代謝がよくありません。生活習慣病の糖尿病や脂質異常症、脂肪肝にも気をつけなければいけません。

アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)

また、アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)を持っている人も太りやすくやせにくいです。

日本人の4人に1人程度が保有しており、1日あたり100kcalほど基礎代謝量が少なく下半身が太く、脂質の代謝がよくありません。なお、悪性腫瘍や子宮の病気に気をつけなければいけません。

β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)

そのほか、β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)を保有している人も注意が必要です。

基礎代謝量は1日200kcal多く、細身と良いように思えますが、筋肉がつきにくく、1回太ってしまうとやせるのに非常に苦労します。

日本人の6人に1人程度が持っており、低血圧、心臓病、うつ病などに気をつけなければいけません。

肥満と遺伝に関する、実際に行なわれた調査結果があります。

母親か父親のいずれかが太っていると、子の肥満発生率は40~60%、母親と父親の両方が太っていると、子の肥満発生率は80%という結果が出ています。

太りやすい体質の方にはこんな厳しい現実も・・・

スポーツは実力主義の傾向が強いため、ルックスなどの見てくれが重要視されない世界ですが、競技によってはそうも言ってはいられません。

体操やバレエ、フィギュアスケート、マラソンなどは厳しい体重管理が必要になる競技ですから、太りやすい体質は大きなデメリットになります。

太りやすい体質でも現状問題がないなら関係ないだろうと思われる方も多いでしょうが、現実はそう簡単な話にはならないようです。

これら競技はオリンピックの花形である上、競技者の年齢が低い特徴があります。よってオリンピックの強化選手に選ばれるのは、成長期真っ只中の若年層が大半です。

成長期ともなればホルモン分泌が活性化され、体質がコロッと変わってしまうことも珍しくないので、太りやすい体質であることは選考基準にも大きな影響を与えることになります。

将来のオリンピック選手として大事に育てていた選手が突然太りだしてしまっては、それまでにその選手にかけた時間や労力がすべて台無しになってしまいます。

それを避けるため、選考時には選手の体型だけでなく、親の体型を確認して太りやすい体質かどうかのチェックが行われるそうです。

これは日本だけでなく世界共通に見られる傾向とのことですから、太りやすさが遺伝した子供はたまったものではありません。

太りやすい体質が遺伝している可能性があることだけで、夢のオリンピック選手になる夢が阻まれることになってしまうのです。子供にそんな思いをさせないためにも、親御さんは食生活や生活習慣に気を付けて肥満脱却をする必要があるかもしれませんね。

じゃあ、太りやすい体質が遺伝してたら終わり??

両親のどちらも太っておらず標準体重だった場合、子供の肥満確率は約10%なのに対し、両親のどちらかが肥満だと数値は約40~60%に跳ね上がり、両親とも肥満の場合はさらにアップして約80%になります。

両親が肥満の場合、子供は高確率で肥満になる可能性があるというわけです。

この数値だけから判断すると親を見れば、自分の将来の姿は簡単に想像つくことになります。となれば肥満が遺伝する不幸な生い立ちに生まれたと諦めるしかないのでしょうか?

いいえそんなことはありません。

太りやすい遺伝子を受け継いだからといっても、必ずしも太りやすい体質になるとは限らないのです。

「太りやすさは遺伝する」といった言い回しをすれば、肥満体型が遺伝するかのように錯覚する方も多いでしょうがそれは大きな勘違いです。

この場合の遺伝は体脂肪を蓄える能力を指します。

体脂肪を蓄えられる能力は個人差があり、多く蓄えられる能力を持つ方ほど肥満になる条件は良くなります。

条件が良くなるという言い方は何だかふさわしくありませんがそれが事実です。

その能力が遺伝したからといっても、その能力が開花する環境に置かれなければ肥満になることはありません。肥満は遺伝3割、環境7割で発症すると言われており、太りやすい能力を持った人が太りやすい環境に置かれることが原因だと考えられています。

よって親を見て太りやすい体質が遺伝していても、太りやすいから気を付けようと思いながら生活すれば太りやすい環境に身を置くこともなく、肥満になることもないのです。

肥満遺伝子で全て決まるわけではありません

肥満が遺伝するということは上記の情報でご理解いただけたでしょうが、太る原因として遺伝が占めている割合は3割です。

残りの7割は環境=生活習慣であるため、食生活に気をつける、適度な運動を習慣化するなど、日々の過ごし方に気を遣っていけば、ダイエットに成功することは十分に可能です。

現に、基礎代謝が人より100~200kcal低いといっても、食事で100~200kcalをカットしてしまうのは難しいことではありません。

基礎代謝が人よりある程度高い人でも、高カロリーな食事ばかり摂っていて、運動をまったくしなければ消費カロリーをはるかにうわまわることになり、太ってしまうことは容易に想像できます。

ただ、自分や子供が肥満の遺伝子を持っていないか知っておきたいという人もいるでしょう。

いまは肥満遺伝子検査を行なえるキットが販売されており、ネット通販で購入することが可能です。自分や子供がどういう体質なのか把握することにより、肥満の対策がしやすくなるのはとても大きなメリットになります。

肥満遺伝子検査キットをネットでお取り寄せして送り返すだけで簡単に診断できます。1度家族みんなでやってみても良いかもしれないですね。

肥満遺伝子検査キットのおすすめは以下!

肥満遺伝子検査キットのおすすめは?

基本的に付属の綿棒で口の粘膜をとってから送るだけで結果が分かります。

DNA遺伝子検査キット(UNIVA DIET DX)

女性が選ぶDNA遺伝子検査キット1位!スポーツ遺伝子まで分かる!

DNA遺伝子検査キット(UNIVA DIET DX)では、フィットネスジムが監修している遺伝子検査キット。

肥満遺伝子を診断して遺伝子タイプや糖質による太りやすさやタンパク質の分解力や脂肪燃焼のしやすさや筋肉タイプやあなたに適した食事方法や運動方法まで全てわかります。全60ページに及ぶ高品質な遺伝子検査ができます。

なにより他との違いはスポーツ遺伝子まで分かる所。自分が遅筋型(X/X型)、速筋型(R/R型)、両筋バランス型(R/X型)なのか分かるので、自分や子供がどんなスポーツに向いているのかが一目瞭然。

結果はパソコンやスマホやタブレットで見る事ができます。

料金 12,650円
結果 3週間程度
診断で分かる事 遺伝子体質、肥満(糖質による太りやすさ・タンパク質分解力、脂肪燃焼)、ダイエットタイプ、スポーツ遺伝子、適した運動・トレーニング方法、適した食生活

↓今すぐ遺伝子検査をする!
肥満遺伝子検査キットはこちら!

遺伝子博士

あなたのタイプは動物で言うと何?ダイエット肥満遺伝子検査!

遺伝子博士のダイエット遺伝子検査キットでは全33タイプの検査結果が分かるのがポイント。

動物に例えたタイプに分けられるのが面白い。

さらにあなたに合った効果的なダイエットの方法のアドバイスやトレーニング方法も教えてくれます。結果はアプリで見る事ができます

料金 5,800円
結果 3週間程度
診断で分かる事 肥満(糖代謝リスク・タンパク質リスク、脂質リスク)、基礎代謝、食生活アドバイス、ライフスタイルのアドバイス、あなたに合ったサプリ

↓今すぐ遺伝子検査をする!
肥満遺伝子検査キットはこちら!

DNA SLIM ダイエット遺伝子検査キット

あなたの遺伝子タイプに合ったダイエットプランを提案!

DNA SLIM ダイエット遺伝子検査キットは5種類の肥満遺伝子結果からあなたの肥満体質を診断。

自分のタイプに合った食事や運動のアドバイスやダイエットプランまで教えてもらえるからより効率的なダイエットをすることができる。

結果はWEB上で見る事ができます。

料金 6,750円
結果 約15営業日
診断で分かる事 肥満体質、食事のアドバイス、運動のアドバイス、ダイエットプラン

↓今すぐ遺伝子検査をする!
肥満遺伝子検査キットはこちら!

圧倒的1番人気の肥満遺伝子検査キットは「DNA遺伝子検査キット(UNIVA DIET DX)」です。何より約60ページと内容が他よりも詳しく分かってスポーツ遺伝子まで分かるのが選ばれているポイントです

肥満遺伝子検査ができるエステサロンもある!

エステでできる肥満遺伝子検査のコースもあります。

肥満遺伝子検査(エステ1回セット)

肥満遺伝子検査+痩身エステ1回うけれるお得なプラン!

ジェイエステティックでは肥満遺伝子検査と痩身エステがセットになったお得なコースがあります。

検査に必要なのは毛髪3本。検査結果に基づいた食事法や生活習慣に関する事をエステティシャンがアドバイスをくれます。

また検査結果により体質に合った痩身エステメニューも1回うける事ができるので料金的にはかなりお得なコースです。

料金 ・肥満遺伝子検査(エステ1回セット)⇒8,800円
結果 約2か月後
診断で分かる事 肥満体質、食事法や生活習慣、食材、食べる順番、自分に合った運動法、アロマやハーブ、性格、適正職業

↓今すぐ遺伝子検査をする!
肥満遺伝子検査エステに申し込む

自分の肥満遺伝子は一生変わらないから1度調べてもらうとそれが一生使えます。自分の肥満体質やリスクを知っておくとこれから生きていく上でも色々と使えますね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。