1日1000キロカロリーなのに・・・食べてないのに何をやっても痩せないし太る理由とは?

ダイエット

頑張ってダイエットしていて1日たった1000キロカロリーくらいしか食べてないのに「何で痩せないの?」と悩んでいる方必見です!

食事制限をする事でスルスル痩せていく人と、全然食べていないのに痩せない人もいます。

痩せないから摂取カロリーをどんどん減らして、

「いつもサラダしか食べてないのに痩せない・・・」

と悩んでいる女性も多いはず。

中には、1日1000キロカロリーくらいまで落としているのに、何をやっても痩せない・・・という人もいるようです。

同じように食べてないのに「痩せる人」「痩せない人」がいるのは不思議ではありますが、食べていないのに痩せないというのは理由がちゃんとあるんです。

そもそも1日1000キロカロリーくらいしか食べないと体重は落ちるのか?

そもそも食事制限をしたり、あまり食べないと体重が落ちるのは

「摂取カロリー<消費カロリー」

というようにアンダーカロリーの状態になっているからです。

脂肪が燃焼して体重が落ちるというのは、基本的にカロリーによって決まります。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなれば体重は増えますし、その逆で生活をしていれば体重は減っていきます。

摂取カロリー>消費カロリー
⇒オーバーした分が体に脂肪として蓄積されていく

摂取カロリー<消費カロリー
⇒足りないエネルギーを脂肪を分解する事で補充する

というとても単純な仕組みです。

摂取カロリーの方が少ないアンダーカロリー状態というのは、体に必要なエネルギーが足りていないという事。

人間はそのエネルギーを補うために、

元々蓄積されていてエネルギー源となる脂肪を分解して食事で足りない分のエネルギー補うというわけです。

だから食事量(摂取カロリー)を減らしてエネルギー不足状態を作る事で、脂肪が減って痩せるという仕組みになっています。

通常ならこのアンダーカロリーの生活をしていけば、内臓脂肪が落ちていき体重も落ちていきます。

じゃあ食べてないのに何をやっても痩せないし太る理由は?

上記のように摂取カロリーの方が少ない生活をしていれば、基本的には脂肪が分解されて痩せていきます。

しかし、中には食事を制限していて明らかに食べる量が少ないのに、痩せないっていう人もいますよね?

例えば

・カロリー計算をして毎日1000kcal以下にしてる・・・
・3食コンビニとかのサラダしか食べてない・・・

とか。

普通なら痩せるはずなのに痩せない理由は、「ダイエットのし過ぎで代謝が落ちている」という事が考えられます。

アナタは過去にダイエットを繰り返していたり、リバウンドをした経験とかはないでしょうか?

過去にそういう経験があればあるほど、1日に消費されるカロリーというのが落ちています。

いわゆる代謝が悪くなっている状態です。

人間はダイエットをして痩せると、痩せた時には代謝が下がります。

これは普通の現象です。

人間の代謝というのは体重と比例していて、体重が重い人っていうのは代謝量も高いですし痩せたらその分だけ代謝は下がるようになっています。

普通であれば消費されるカロリーが減れば食欲も同時に落ちてきます。使うエネルギーが減っているのでお腹が前より空かなくなるというわけですね。

食欲と代謝のバランスが整っていれば、そのまま痩せた状態を維持する事ができます。

しかし、無理な食事制限ダイエットをしたりすると、

「あれ?エネルギーが全然足りないぞ」

体がエネルギー不足になっていることで、生きていく上で、できるだけ消費を抑えようという反応が起きます。

そうすると一気に代謝が落ちてしまうわけです。

そして体重は落ちて代謝も落ちるけど食欲だけが強くなってしまい、結局我慢できずに食べてリバウンドをしてしまいます。

そうすると体重は元の太っていた状態に戻ったのに、代謝は痩せた時の下がった状態のままになってしまうわけです。

このようにダイエットに失敗してリバウンドを繰り返していくと、代謝だけがどんどんどんどん落ちていって体重だけは重い状態になり

消費カロリーが1000キロカロリーとか900キロカロリーとか、かなりヤバい状態にまで下がってしまうんです。

そうなると

全然食べてないのに痩せないし太る・・・という状態に陥ります。

・カロリー計算をして毎日1000kcal以下にしてる・・・
・3食コンビニとかのサラダしか食べてない・・・

というように、1日1000キロカロリーしかとっていないのに痩せない・・・とかダイエットを頑張っているのに痩せない・・・と言っている人の原因はほとんどこれに当てはまります。

今あなたがメチャメチャダイエットを頑張っているのに、とにかく痩せないというのは、

あなたの体がそれくらいしか消費できていないという事。

長年ダイエットを繰り返してきたという人や、

常に食欲を我慢して体重を維持しているような人はかなり要注意です。

無理なダイエットを繰り返していたり、ずっと食事制限を続けてきているような人は、すでに代謝が落ちてしまっている可能性がとても高いです。

代謝が落ちてるかも・・・これからどういうダイエット方法をやればいいの?

先ほど書いた「食べてないのに痩せない理由」に心当たりがある人も多いはず。

じゃあ、これからは、

どういったダイエットをすれば良いのか?

というのを教えたいと思います。

まずは代謝を通常の状態に戻す事から始める

まず既に代謝が落ちてしまっている人は、いったん通常の食事に戻して食べましょう。

そもそも全然食べないことで代謝が落ちてしまっていたのですから

原因=食べてなかった

という事なので、食べる事によって通常の代謝に戻しましょう。

そして「急激なダイエット」「食べなさすぎ」というように、

カロリー不足による失敗をしたわけなので、次のダイエットからはその失敗はしないようにすればいいだけです。

同じ失敗をしないように正しいダイエットをしていけば、しっかりと痩せていく事ができます。

極端なダイエットはもうしない事

人間は1日に200キロカロリー以上を減らすと物足りなさが強くなって、食欲が強くなってしまう傾向があります。

なので、もしカロリーを制限したいのであれば、

200キロカロリー以内のカロリーカットを目安にするようにしましょう。

具体的な体重を落とすペースとしては、

1ヶ月に自分の体重の3%以内には抑えるようにしましょう。

1ヶ月で5キロ落とす!とか、そういう短期的な急激なダイエットをすると、体がもっと食べて脂肪を蓄えないといけないという反応をおこして食欲が増したり、反動で食べ過ぎてしまいます。

そして、食欲や代謝もめちゃくちゃになってしまって、

短期的に体重は落ちたとしても必ずどっかでリバウンドして失敗します。

食べたらNGという食品は作らない

よく揚げ物は絶対NGとか、決めつけてダイエットをする人がいますが、

禁止項目を作れば作るほど、その食べ物に対する欲が強くなり反動で食べ過ぎてしまう事も・・・

また、ストレスがたまるので、

何を食べてはダメというような禁止事項はなるべく作らないようにしましょう。

ストレスフリーでのダイエットを心掛けるのが大事です。

1日1000キロカロリーとかを気にするのは終わりにしよう

食事制限ダイエットをしている人のほとんどは、カロリーを気にしすぎてしまって常に食べるもののカロリーを見るようになります。

そしてカロリー(数値)で食べる量を決めてしまう場合が多いです。

例えば1日に1000キロカロリーというように数値で食べる量を決めてしまうと、

朝と昼で500キロカロリー取っていた場合に

あまりお腹が空いていなくても、

夕飯はまだ500キロカロリー食べれるから食べよう・・・とか

朝と昼に1000キロカロリーくらい食べてしまったから

夕飯はお腹空いてるけど食べれないな・・・とか

そういったダイエット方法は、

毎日がかなりのストレスになりますし、自分の体の感覚も分からなくなるので良くないダイエット方法です。

食事をする量はお腹具合で決めるようにする!

これが一番大事になってきます。

カロリーなんていうものは見るのも意識するのもやめましょう!

数値で食べる量を決めるのではなく、実際に食べて

・自分のお腹が一杯なのか?
・それとも腹八分目なのか?
・腹七分目なのか?

というのを意識して、自分のお腹に合わせて食事量を考える事が大事です。

いつもの食事で毎回腹10分目まで食べているのであれば、

それを腹8分目ぐらいに減らしてみよう・・・とか

いつも腹8分目くらいまで食べていたのであれば、

それを腹7分目くらいにしてみよう・・・とか

自分のお腹具合で食べる量を減らすようにしてみてください。

そうする事で、その日の体調によって適切な量の食事をする事ができるようになっていきます。

↑腹八分目ダイエットのコツはこちら

いちいちカロリーを計算したりする必要もなくなってストレスもなくなります。

タンパク質を摂取する事で代謝が落ちるのを防ぐ

これは女性におすすめの抹茶プロテインのページでも詳しく書きましたが、

タンパク質を摂る事によって、食事制限をした時の「筋力の低下」「基礎代謝の低下」を抑える事ができるというのが研究によってわかっています。

プロテインなどによって、しっかりとタンパク質を摂りながら、食事を抑える方法をすると筋肉の減少が抑えつつ体重を落とすという理想的なダイエットの強い味方になってくれます。

例えば女性ならマルチプロテインがおすすめ。これは結構飲んでいる女性も多いです。あとはアミノ酸スコア100のロハスのソイプロテインなら500円でお試しもできます。

タンパク質とダイエットに関してはしっかり効果も実証されています。

・体重1kgあたり0.7gのタンパク質を取ったグループ
・体重1kgあたり1.25gのタンパク質を取ったグループ

を比較した実験の結果でも

タンパク質を多く取ったグループの方が、体重の減りが0.8kgも多く安静時のカロリー消費量も142kcalも増えていました。

それぐらいタンパク質を摂るか摂らないかで、

脂肪の落ち方や筋肉の維持に影響があるというわけです。

タンパク質のダイエット効果
・食欲を抑える事で摂取カロリー自体を減らせる
・筋肉量を維持しながらダイエットをする事ができる
・タンパク質は食事誘発性熱産生があるので有利

というように、

タンパク質を摂る事を意識するだけでも今までのダイエットと比べて効果が全然違ってきますよ。

⇒女性におすすめの抹茶プロテイン3選!

上手くダイエットができている人っていうのは、基本的に体重が落ちながら食欲自体も落ちていく形になっています。

前までは茶碗一杯食べていたのに、

今では茶碗一杯だと多すぎるので減らすようになったとか

「体重が減る」

「食欲も落ちる」

「食事量が前より減ってくる」

というように、

体重と同時に食欲と食事量が落ちていくのが理想のダイエットの形です。

ちょっと間違ったダイエット方法をしてたかもなぁ~

と思った人はすぐにでも参考にして取り入れてみましょう。

代謝が落ちてしまわないように、急激なダイエットはやめましょう!自分のお腹具合を考えて食事量を決めるようにするとストレスもなくなるし上手くいくことがとても多いですよ。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。