フィロルガ注射(シャネル注射)が安いクリニック!NCTF135HA+の効果が凄い「東京/大阪」

美容クリニック

高濃度なヒアルロン酸+50種類以上の成分が入った薬剤「NCTF135HA+」を注入することができるフィロルガ注射はあらゆる肌の悩みにアプローチできる人気のアンチエイジング注射です。

フィロルガ注射(フィロルガ水光注射)は韓国では「シャネル注射」とも呼ばれているフランスのフィロルガ社が開発したアンチエイジングにおすすめの細胞再生注射です。

乾燥肌、肌のハリ、くすみ、小じわ、毛穴の開き、ニキビなど様々な肌のトラブルを改善させるのに使える治療法。

フィロルガ注射で使用されるNCTF135HAという薬剤はヒアルロン酸と50種類以上の複合成分を組み合わせた薬剤で全世界で販売1位になっています。

主にスキンブースターとして利用されていて、

現在では全世界55ヵ国で約100万人以上が愛用している人気の美容医療の施術になります。

おすすめクリニック一覧を見る

↓フィロルガ注射はココが凄い!!

フィロルガ注射(シャネル注射)の効果は?NCTF135HA+がとにかく凄い!

フィロルガ注射はクリニックによってフィロルガ+ダーマペン」「フィロルガ水光注射」とというように注入する方法が2種類があります。

ただ単に、フィロルガの薬剤を注入するのにダーマペン4を使用するか水光注射の機械を使用するかの違いです。中には手打ちの注射でやっている所もありますが、さすがにそれは効率が悪いのでパスですね。

よく水光注射とフィロルガ注射の違いがよく分からないという方がいますが、水光注射の機械を使ってフィロルガの薬剤を注入するのであれば、普通よりも効果の高い水光注射と考えればいいでしょう。

ダーマペン
⇒超極細の針が付いたペン型の機械を肌に滑らすようにあてて極小の穴を無数にあけてその穴に薬剤を浸透する方法になります。

水光注射
⇒5本~9本の針が付いた機械でスタンプを打つように顔に注射をして薬剤を注入する方法になります。

注入する方法は違うけれど、

肌に傷をつける

体が傷を治そうとする創傷治癒効果

薬剤を注入する(薬剤の効果)

というように傷をつけてから、

肌の細胞を作るための栄養素・材料を薬剤で注入する事で新しいキレイな肌を作るという仕組み自体は同じになります。

フィロルガ注射(シャネル注射)が凄いのは注入する薬剤による効果が大きいです。

フランスのフィロルガ社はエイジングケアや皮膚再生分野で世界1位の会社で、そこが開発した「NCTF135HA+」という薬剤を肌に注入する形になります。

NCTF135HA+の成分
ヒアルロン酸、ビタミン13種類、アミノ酸23種類、コエンザイム6種類、ヌクレオチド5種類、ミネラル6種類、抗酸化成分2種類

NCTF135HA+には50種類以上もの有効成分が高配合されていて、

今までの「NCTF135HA」から「NCTF135HA+」になってさらに高濃度になって効果が上がっています。

フランスにあるフィロルガ社によるNCTF135HAの肌質改善の臨床試験のデータでは

約2週間に1回を5回施術した結果、上記のように大きな肌質の改善効果がある事が分かっています。

現在あるスキンブースター系の中でも、エイジング効果が最も強力といってもいいレベルの注射になっています。

フィロルガ注射の主な効果
・もっちりとした肌に戻る
・肌のハリやツヤを蘇らせる
・肌のトーンや透明感がアップ
・肌の弾力性がアップ
・肌のキメ細やかさが向上
・保湿効果による乾燥肌改善
・小じわの改善
・毛穴の開きの縮小
・ニキビ跡のボコボコの改善
・軽度なシミや色素沈着の改善

など、フィロルガ注射は、ほぼあらゆるお肌のトラブルを改善させて、エイジングケア+高い美肌効果をもたらします。

直接肌に注入するため、即効性も非常に高いです。

フィロルガ注射1回での効果は約1ヶ月ほどで、複数回打つ事で持続期間が長くなります。

本家の韓国のドクターが言うには、

まず1ヶ月に1回のペースで大体3~5回受けるのを推奨されていて最初に3~5回受ける事でその後は半年に1回のペースで受けるだけでも良いそうです。

効果を維持できる期間は約8~10ヶ月程度というデータがあり、約1年近くも長くエイジング効果を維持する事ができるという事です。

ただしあまり何度もフィロルガ注射を受けるのではなくて、

数回フィロルガ注射を受けて改善された肌の状態をキープしたいのであれば、別の施術でメンテナンスをしてキープするようのもおすすめだそうです。

それは何故かというと、

肌汚いとか肌の状態が悪い人がそれを改善するために、フィロルガ注射を打つのはコスパ的に見てもおすすめなのですが、ただのメンテナンスとしてフィロルガ注射を打つのは

「コスト的に割が合わないから」という事。

だから使い方としては、まずフィロルガ注射で肌状態を改善させる(※場合によって3~5回)。

そしてその後はフォトフェイシャルエレクトロポレーションなど施術単価が低いもので肌の状態をキープするのが良いという事です。

確かに値段的にフォトフェイシャルやエレクトロポレーションの方が半額以下でできるのでメンテナンス目的ではそういう治療の方が良さそうですね。

フィロルガ注射は高濃度なヒアルロン酸と50種類以上もの美容成分を直接肌に注入できる人気のエイジングケア注射です。

↓フィロルガ注射ができるおすすめクリニック!

フィロルガ注射が安いおすすめクリニックはココ!

品川美容外科

フィロルガ注射をさらにパワーアップした最強の薬剤を使用!

品川美容外科ではフィロルガ注射とほぼ同じ治療として「glow注射」というメニューがあります。

フィロルガ注射で使用されるNCTF135HA+よりもヒアルロン酸量も12.5mg/mと多くて、細胞活性因子(PDRN)や成長因子(EGF/BFGF/IGF等)、ペプチド、ミネラル、核酸、抗酸化剤などが含まれています。

ダーマペン4かダーマクイーンという水光注射の機器のどちらかで注入する事ができます。

フィロルガ注射を超える配合成分の薬剤なので、フィロルガ注射を超える効果が期待できます。

効果で選ぶなら品川美容外科のglow注射(グロー注射)が一番です。

料金一覧 ★フィロルガ注射(ダーマペン4)
・全顔2cc(1回)⇒33,000円
・全顔4cc(1回)⇒60,500円
★フィロルガ注射(水光注射)
・全顔2cc(1回)⇒38,500円
・全顔4cc(1回)⇒71,500円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、東京(品川本院、新宿院、渋谷院、表参道院、池袋院、銀座院、上野院、立川院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮店)、栃木(宇都宮院)、千葉(千葉院)、新潟(新潟院)、愛知(名古屋院)、静岡(静岡院)、大阪(梅田院、心斎橋院)、京都(京都院)、兵庫(神戸院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、福岡(福岡院)、鹿児島(鹿児島院)、熊本(熊本院)、沖縄(沖縄院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
フィロルガ注射の詳細はこちら

TCB東京中央美容外科

バージョンアップしたNCTF135HA+を使用!

TCB東京中央美容外科で受けられるフィロルガ注射は最新の「NCTF135HA+」を使用。

従来の薬剤よりも成分がより高濃度で配合されているので効果も高くなっています。

美肌細胞再生注射として人気のメニューです。

料金一覧 ★フィロルガ注射(ダーマペン4or手打ち)
・1回⇒30,400円
・3回⇒86,600円

宮城(仙台院)、福島(福島院、郡山院)、東京(新宿三丁目院、新宿東口院、池袋東口院、池袋西口院、銀座院、銀座有楽町院、渋谷院、中野院、世田谷院、高田馬場院、町田院、上野院、立川院)、神奈川(横浜院、新横浜美容外科血管外科クリニック)、千葉(千葉院)、埼玉(大宮院、川口院)、栃木(宇都宮院)、茨城(水戸院)、静岡(浜松院)、愛知(名古屋栄院)、大阪(大阪梅田院、梅田茶屋町院、大阪心斎橋院、心斎橋御堂筋院、江坂院、堺院、枚方下肢静脈瘤スキンクリニック)、京都(京都院)、福岡(福岡院、小倉院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
フィロルガ注射の詳細はこちら

東京美容外科

フィロルガ+ダーマペンや水光注射でお肌のトラブルを改善!

東京美容外科でもNCTF135HAを使用したフィロルガ注射の施術が受けられます。

1回の値段はダーマペン4を使った全顔で38,500円、水光注射を使った全顔で33,000円となっています。

注射を刺入浅めにするか刺入深めにするかを選ぶ事ができます。深めにしても料金は同じです。

東京美容外科ではフィロルガだけではなく、マッサージピールと組み合わせたヴェルベットスキンやボトックスと組み合わせたスキンボトックスリジュランなどダーマペンと組み合わせた施術が多数あります。

悩みに合った最適な治療を選べるクリニックです。

料金一覧 ★フィロルガ注射(ダーマペン4)
・全顔(1回)⇒38,500円
★フィロルガ注射(水光注射)
・全顔(1回)⇒33,000円

青森(青森院)、秋田(秋田院)、宮城(仙台院)、東京(銀座院、赤坂院、新宿院)、愛知(名古屋院)、大阪(梅田院)、広島(福山院)、山口(下関院)、佐賀(佐賀院)、長崎(諫早院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
フィロルガ注射の詳細はこちら

B-LINE CLINIC

ダーマペン4で肌全体に薬剤を注入!人気のシャネル注射

B-LINE CLINICではダーマペン4を使用したフィロルガ注射を受ける事ができます。

薬剤はNCTF135HAを使用。初回限定キャンペーンがあって1回27,500円で施術を受ける事ができます。1回3万円以下はかなり安いです。

お肌にハリやつやを出して若返りたい方におすすめです。

料金一覧 ★フィロルガ注射(ダーマペン4)
・初回(1回)⇒27,500円
・通常(1回)⇒44,000円

東京(池袋院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
フィロルガ注射の詳細はこちら

フィロルガよりもヒアルロン酸の濃度が高く、成長因子などの配合成分も多いので「品川美容外科のglow注射」が一番おすすめになります。高濃度な成分が肌に不足した成分を補う事でお肌のほぼ全てのお悩みを改善していく事ができます。エイジングケアに強い治療方法です。

フィロルガ注射の施術の流れ!ダウンタイムはある?

フィロルガ注射+ダーマペンの流れを簡単に紹介します。

まずは顔全体に麻酔クリームを塗布していきます。全体に塗り終わったらラップをして約20分ほど効き目が出てくるまで待ちます。

20分経ったら麻酔クリームを取ってから施術開始です。

薬剤の「NCTF135HA+」を肌に塗布しながらダーマペンをあてていきます。

ダーマペンは極細の針が付いたペン型の機械で顔全体に極小の穴を無数にあけて、その穴から薬剤を直接、肌の奥に浸透させていきます。

麻酔クリームが効いているので痛みも全く気になりません。

終了後には冷たいタオルを使って3~5分程度のクーリングを行います。施術後の乾燥を防ぐために顔全体にワセリンを塗布して終了になります。

↓フィロルガ注射のビフォーアフター画像

フィロルガ注射+ダーマペンをやってから1週間後のビフォーアフター画像になります。

⇒一番おすすめのクリニックはココ

フィロルガ注射のダウンタイムと施術後のポイント

ダウンタイムとしては、フィロルガ注射を行う事で軽度の赤みや小さい内出血が起こる場合があります。

ただ大きなダウンタイムはなく、体質によって2~3日程度は赤く残る場合もありますが、時間の経過とともに消失していきます。

洗顔や入浴は当日から可能で、施術当日は洗顔料を使わずにぬるま湯で洗い流す程度にしてください。

施術後の72時間は肌に塗布した美容液なども浸透しやすい状態になっているボーナスタイムです。可能であれば化粧は控えて保湿に努める事をおすすめします。

また、施術後はできるだけ摩擦や紫外線にあたるのを避けて、肌を擦る事はやめて外出するときはUVケアを行うと良いです。

フィロルガ注射(シャネル注射)は美容整形大国の韓国のクリニックでも大人気になっているメニューです。

・化粧品が肌に浸透しなくなってきた
・肌が全体的にくすんできた
・ファンデーションのノリが悪い

など軽度な肌の悩みやトラブルで利用するのも良いですし、ニキビ跡や毛穴の開きなどの中~重度の肌トラブルの改善にもかなり使える治療になっています。

フィロルガ注射(シャネル注射)は初めて美容治療を受けてみたい方にもおすすめ。毛穴の開きやニキビ跡が気になる人であれば、特にフィロルガ+ダーマペンが良いです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。