ほうれい線を最安値で消す!絶対消える?一番効果的な法令線をなくす治療・整形

美容クリニック

ほうれい線が目立つのが気になる・・・一番効果的で値段も安いほうれい線の治療方法って何がある?

ほうれい線を消したいという方は毎年かなり多くいて、美容クリニックにほうれい線の悩み相談に来る人はたくさんいます。

中には20代で若いのにほうれい線が目立つ人も・・・

ほうれい線や目尻のシワなどは、あるかないかで見た目年齢に大きく影響があるので若く見られたいなら優先的に治療を受けて治すべき部位でもあります。

しっかりと治療を受ければ上記のようにクッキリと刻まれてしまったほうれい線であっても、かなり薄く目立たなくする事ができます

そして見た目年齢に大きく影響がある部位という事は、法令線自体を改善してなくす事でそれだけ若く見られる効果があるという事になります。

ここでは、ほうれい線を薄くしたい!なくしたい!という人におすすめの今一番効果的なほうれい線を消す最新の治療方法をいくつか紹介します。

↓絶対消える!?ほうれい線をなくす治療一覧!

ほうれい線を消す!一番効果的な最新のおすすめ治療・整形はどれ?

注射(注入)でほうれい線を消す治療・整形

まずは手軽にできる注射でほうれい線を消す治療方法を紹介。出来てしまったほうれい線の溝を膨らますといったイメージの治療です。

ヒト幹細胞培養上清液の注射

【注射で根本治療!再生医療がとにかく安い】

ヒト幹細胞培養上清液の注射は、ヒト由来の幹細胞を培養した際に出る上清液を気になる部分に注射する治療になります。

幹細胞を培養する事で大量に成長因子が分泌されます。培養後の上清液には数百万種類もの成長因子が含まれていてコラーゲンの産生を促進したり、深いシワや小じわを改善したり、肌のハリをアップするという効果が期待できます。

上記は片目1ccずつの合計2ccのみ治療を受けた方の画像。たった2ccでかなりコスパもよく若返りができています。目元のシワやクマを消すのに人気の治療になっていますが、もちろん、ほうれい線やおでこのシワなどに打つ事も可能です。

ヒト幹細胞培養上清液の注射が特に安いのは品川美容外科で、美肌注射プレミアムというメニュー名で1cc5,500円で受ける事ができます。ダウンタイムも特になく施術当日からメイクや洗顔も可能になっています。

美肌再生医療の一つなのにも関わらず、一番安い値段でほうれい線治療をする事ができるのでおすすめです。

↓ヒト幹細胞注射が安いおすすめクリニック

※ヒト幹細胞注射の特集ページはこちら。

ヒアルロン酸注射

【即効性抜群!ほうれい線を一瞬で消す】

ヒアルロン酸注射は注入する事でシワのような溝や凹みを埋める事ができるので、その日にすぐにほうれい線を消す事ができる治療方法になります。

以前までは、ほうれい線を埋めるような入れ方が一般的でしたが、今ではフィラーリフトアップと言って顔を引き上げるような入れ方をする事もできるようになっています。

例えば、中顔面をヒアルロン酸1本で引き上げてから、ほうれい線にも1本使って合計2本でほうれい線をキレイになくすという手法が人気です。

上記のようにヒアルロン酸1本で左右それぞれ0.5ccを入れるだけでも、入れた直後からすぐに効果が実感できるという即効性が一番の魅力です。

ヒアルロン酸注射の流れは注入箇所をマーキングして、患部を冷やして注射器で注入といったシンプルな流れになっていますので治療時間も短いです。

ヒアルロン酸注入は品川美容外科湘南美容クリニックTCB東京中央美容外科が深いシワやほうれい線の解消に向いているジュビダームビスタが1本34,800円となっています。

上記は品川美容外科のプチシワ取りというメニューを受けた症例画像で、こちらもヒアルロン酸注射になりますが、もっと安価の17,570円でほうれい線治療が受けられます。

PRP皮膚再生療法

【値段は高いけど長期的な効果がある再生医療】

PRP皮膚再生療法は、採血した自分の血液を遠心分離機にかけて、生成された血小板を多く含んだPRPの薬液をほうれい線など気になる部分に注射をする再生医療になります。

PRPには800種類以上のタンパク質や豊富な成長因子が含まれていて肌の若返りを促してくれます。

上記の方はほうれい線の悩みでPRP皮膚再生療法を受けた方の症例です。凄いのは5~6年経過しても注入後の良い状態をずっと維持する事ができている所です。

PRP皮膚再生療法の魅力は何といっても、効果が永続的で長持ちする事です。

例えばヒアルロン酸だと即効性はありますが、効果が切れてくるので定期的に打つ必要がありますが、PRP皮膚再生療法ならその必要はありません。

根本的な治療ができて効果も非常に高いですが、ほとんどのクリニックで1回15万円程度となっていて値段がとても高額になっています。東京美容外科であれば1本77,000円で打つ事ができるのでとても安いです。

↓PRP皮膚再生療法が安いおすすめクリニック

※PRP皮膚再生療法の特集ページはこちら。

マシンでほうれい線を消す治療・整形

注射が嫌な方にはマシンによって引き締め・リフトアップを行ってほうれい線を薄くする方法が選ばれています。

医療ハイフ

【超音波でたるんだ顔をキュッと引き締める】

医療ハイフは超音波をあてる事でSMAS筋膜という層に熱を入れて引き締めます。たるんだ組織をキュッと引き締めてリフトアップする事でたるみが改善されて、間接的にほうれい線も薄くなります。

深い層を引き締めてくれるので、ヒアルロン酸や糸リフトをやるよりも、まずは医療ハイフを勧められることが多いです。

主に引き上げ・リフティングが得意な施術で、顔のたるみがシュッとしてほうれい線だけでなくフェイスラインが引き締まる事で顔全体の小顔効果も高いです。

医療ハイフは切らないリフトアップ治療とも言われていて、外科的な治療ではないので、誰でも気軽に受けやすいのも大きなメリットの一つです。

医療ハイフは品川美容外科が全顔660ショット29,800円湘南美容クリニックが全顔650ショット29,800円と圧倒的に安いのでおすすめです。

↓医療ハイフが安いおすすめクリニック

※医療ハイフの特集ページはこちら。

サーマクール

【たるみ治療の定番がサーマクール】

サーマクールも医療ハイフと似ていてたるみ治療の代表的なものになります。

サーマクールの先端のチップは熱を長時間均一に届ける事ができて、医療ハイフと比べると1回で照射できる出力熱量が多いので熱がしっかりと皮下の広範囲に届きます。

医療ハイフと違って真皮や皮下組織や脂肪層やSMAS層の全てに立体的に照射をする事ができるので、皮膚の引き締めやタイトニングに関してはハイフよりもサーマクールの方が得意です。

立体的にギューッと収縮させて引き締めることでほうれい線やマリオネットラインなど、たるみが原因で起きている深いシワを目立たなくする事ができます。

サーマクールは湘南美容クリニックが全顔400ショットで88,400円となっています。医療ハイフと比べるとかなり高い治療方法となっています。

↓サーマクールが安いおすすめクリニック

※サーマクールの特集ページはこちら。

リフトアップしてほうれい線を消す治療・整形

たるみがひどい場合には溶ける糸によって頬やフェイスラインを引き上げてほうれい線を薄くします。ほうれい線の原因であるたるみに直接アプローチする治療です。

糸リフト

【溶ける糸で引き上げてたるみを解消】

たるみを引き上げる効果で行ったら、この中でも一番なのが糸リフトです。たるみが結構ひどい方でほうれい線がクッキリと深く刻まれてしまっているような方におすすめの治療です。

溶ける糸を入れる事でしっかりと引き上げてV字のキレイな顔のラインを作る事ができます。

こめかみ付近や耳付近の目立たない所に針穴を空けてそこから糸を入れていきます。針穴自体は目立ちにくい所にできますし、1mm程度で小さく、2~3日程度で消えるのでダウンタイムなども特に気にする必要はありません。

糸の種類も色々とありますが、例えば湘南美容クリニックではVOVリフトというのが、入れる時に層を調整できたり、柔らかくて入れやすいのでほうれい線治療向きの糸になっています。

また、VOVリフトなら1年半~2年程度かけて溶けていくので長持ちします。糸を入れると今後のたるみ予防にもなるので一石二鳥の治療です。

クリニックによって糸の種類は色々あるので、ほうれい線治療に向いている糸を選んでもらいましょう。

↓糸リフトが安いおすすめクリニック

※糸リフトの特集ページはこちら。

ほうれい線はマッサージでなくす事は100%できない

よくyoutubeなどでほうれい線を消すマッサージとかを載せている人もいますが、そもそもほうれい線のようにクッキリと刻まれているシワをマッサージで治そうと思っても100%無理です。

そんな簡単に改善できるはずがありません。

自力で治るのでは?と勘違いしてしまう人もいますが、時間の無駄になるので、ほうれい線が気になるのであればクリニックや美容皮膚科で治療を受けるようにしましょう。

ちなみに、某クリニックの女医さん+看護師さん約15名に「ほうれい線が気になる時に自分だったら何の治療を受けるか?」というアンケートを取ったら以下のようになりました。

1位:医療ハイフ
2位:ヒアルロン酸注射
3位:糸リフト

1位は断トツで医療ハイフでした。2位がヒアルロン酸注射で、3位が糸リフトです。

美容のドクターなので美容のプロです。そんな彼女たちが選んだのは医療ハイフという事で、ほうれい線はたるみによる影響が大きいのでリフトアップ+引き締めの治療である医療ハイフ糸リフトで引き上げて薄くするという選択をしているのではと思います。

ハイフは外科的な治療ではないですし、注射が苦手な方でも気軽に受けやすいのもあって一番ライトな治療なのも良い所。

⇒医療ハイフが安いクリニック

また、ヒアルロン酸注射は深いシワや溝を埋めるのに一番適した治療なので、即効性がありますし、ほうれい線治療の定番の一つです。

医療ハイフが1位なのはちょっと意外でしたが、糸リフトよりも気軽にできて、顔全体の引き締めもできるのでおすすめの治療です。

上級者になると、糸リフト+ヒアルロン酸というような組み合わせた治療を行っている人も多いです。

上記の方は糸リフト14本ヒアルロン酸1cc(片側0.5ccずつ)をほうれい線に入れた方の症例写真です。糸の数はかなり多めではありますが、ほうれい線をキレイになくす事ができています。

ほうれい線をなくすだけで見た目年齢が5歳~10歳は若く見えるようになります。

⇒糸リフトが安いクリニック

↓ほうれい線を絶対になくす!おすすめクリニック!

ほうれい線を最安値で消す!品川美容外科は治療の値段がとにかく安い!

品川美容外科でやっている美肌注射プレミアム(幹細胞培養上清液の注射)は、幹細胞を培養して抽出した成長因子を気になる部位に直接注射をする事ができる治療です。

値段は安いですが、やっている事は再生医療と同じなので、ヒアルロン酸のように一時的に異物を入れてほうれい線を消すのと違って根本的にほうれい線を薄くしていく事ができるというのが大きなメリット。

目元のシワに打つ人が多いですが、ほうれい線にも適応になっていて利用している人は結構多いです。

同じような根本治療でいうとPRP皮膚再生療法とかもいいけど、とにかく1回の値段が高すぎる・・・ので気軽に受ける事ができません。

しかし美肌注射プレミアム(幹細胞培養上清液の注射)は、1ccがたった5,500円でできるので、お手頃な値段なのがまずおすすめの理由。

また、品川美容外科ではプチシワ取りというヒアルロン酸注入のメニューもあって、ほうれい線両側が17,570円で受ける事もできますし、医療ハイフも全顔650ショットが29,800円トップクラスに安いです。

コスパで選ぶならかなりおすすめのクリニックです。

カウンセリングは何度でも無料なので、気になった人は一度相談だけでも大丈夫なので来院予約してみてはいかがでしょうか?

⇒品川美容外科の公式サイト

20代前半でもほうれい線が目立つ・・・若いのにあるのは何で?

ほうれい線ができる理由としては、年を取るにつれてだんだんと重力に負けて頬の肉や脂肪がたるんでくるので、溝のようにほうれい線が徐々にクッキリと濃く刻まれていくという流れです。

他には加齢変化で肌の水分量やコラーゲン量が減って肌のハリがなくなってきてたるみが起こるのも原因です。

また、ボリュームロスと言って、年を取ってくると顔のボリュームが減ります。具体的には脂肪や筋肉の量が減って骨も委縮して痩せてきます。

そうすると皮膚が余ってたるんでくるのでほうれい線やマリオネットラインにシワができてきます。

・重力で頬の肉がたるんでくる
・肌のハリがなくなってたるんでくる
・ボリュームロスで皮膚が余ってたるんでくる

基本的には上記のようにたるみが一番の原因です。

ただ中には20代前半で若いのにほうれい線が気になるという人もいます。その場合は主に骨格が原因になっていると言われています。

下顎がとても小さくて、鼻の周りの骨格と口に部分の骨格がずれているような人は小さい頃からほうれい線が目立ちやすかったりします。

また紫外線を浴びすぎてコラーゲンが破壊されてしまっていたり、いつも無表情でいる事で表情筋が衰えてきて顔の脂肪の重みを支えきれなくなっているというケースもあります。

20代でも注意しないといけないのがほうれい線です。

ほうれい線の予防をするという観点で見ると、紫外線乾燥が大敵になるので、日焼け止めと保湿でしっかりとケアをするというのが大事です。

ほうれい線は皮膚や頬のたるみが原因で、真皮の深くまでダメージが加えられている結果ですので、どんなに高い化粧品を使っても改善する事は出来ません。

もちろん下回し運動のような事を毎日やっても無駄です。ほうれい線を消すには美容医療による治療が必須になってきます。

上記で紹介したように、ほうれい線を消す治療方法はたくさんのメニューがあります。

色々な選択肢があるので迷ってしまうし、ご自身ではどの治療が良いのか決めかねると思います・・・そうなるとなかなか先に進めません。

ですので、ほうれい線を消すならまずは無料カウンセリングでドクターに顔を見せて、たるみの具合などによってどの治療がベストなのかアドバイスがもらえます。

あとはドクターと相談しながら即効性、予算、施術内容などを検討して自分に合った治療方法を選ぶのが一番早いです。

悩んでいても何も始まりません。

無料カウンセリングは何度でも無料なのでまずは相談だけでも大丈夫です。興味がある方は、1度無料カウンセリングで相談してみてください。

ほうれい線は目立つだけで見た目的にもかなり老けて見られてしまうので、シミと同じようにできるだけ優先的に美容医療で治療するべき悩みの一つです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。