刺すヒアルロン酸のおすすめは?効果で比較!マイクロニードルパッチはどれがいい?

美容アイテム

目元や目尻の小じわに効くと話題の「刺すヒアルロン酸(マイクロニードルパッチ)」で本当に効くおすすめなのはどれかな?

刺すヒアルロン酸は新しい「マイクロニードル」という製法を使っていて
ヒアルロン酸が細かい針のようになっているので肌に塗るのではなくてお肌に刺すイメージの化粧品です。

上記のようにマイクロニードルパッチはその針自体が全部ヒアルロン酸になっていて、ヒアルロン酸の針を薄い透明シートの上にズラーっと1000本近くも並んでいるのがポイントです。

マイクロレベルで細い針になっているので、それをピタッと気になる部分に貼る事で肌の角層にヒアルロン酸などの有効成分を、直接注入にして届ける事ができるのが今までの化粧品と全く違う点です。

肌にはバリア機能があるから「低分子化されたもの」以外はただ塗っただけではほとんど浸透しません。

だから今までたくさん美容液などが販売されていましたけど、実は一生懸命肌に塗った所であまり意味がありませんでした。
(※専門家の人はみんな知ってました)

まー塗った表面は保湿されるから効いたような感覚があったかもしれませんが・・・

刺すヒアルロン酸は医薬レベルでも実際にやっている技術で、効果のデータもしっかりとれています。

やっと本当に肌への効果が期待できるアイテムが出てきたという感じですね。

↓刺すヒアルロン酸のおすすめはコレ!

刺すヒアルロン酸(マイクロニードルパッチ)は何でよく効く?効果が高い理由

今までの美容液などはただ効いたような錯覚になっていただけで
実際に角質層まで届けられていなかったので本当の効果なんてあるわけありません。

一般的なマイクロニードルは、
長さが200マイクロメートル(0.2mm)、直径が20マイクロ(0.02mm)です。

分かりやすい例えで言うと「蚊」の針の細さと同じくらいと言われています。

この細い針で角層に直接刺す事ができる「刺すヒアルロン酸」ならダイレクトに色々な有効成分を届けられるという事です。

マイクロニードルによって、今まで塗っていたのとは別次元の効果が得られます。

・乾燥小じわの改善
・肌のハリ感のアップ
・肌の水分量のアップ

これらの良いデータがとられているアイテムになっています。

特に目元をすっきりさせたい方、目元や口元のハリや弾力が気になる方、肌のハリをアップさせたい方、乾燥小じわを目立たなくしたい方などにおすすめのアイテムです。

一番よく使われるのが目元の小じわ対策ですね。週に1回のケアでもとても効果的です。

目元の小じわやクマが気になる人や肌のハリをアップしたい人に刺すヒアルロン酸は特に向いている商品ですね。

↓刺すヒアルロン酸のおすすめベスト3!

刺すヒアルロン酸はどれがいい?一番効くおすすめはコレ

NEEDROP(ニードロップ)

マイクロニードルの数が3,600本とNo.1!

NEEDROP(ニードロップ)は、業界トップの1回分の3,600本のニードル数があるのが大きなポイント。

ニードル数が他の商品より多いから、普通に考えたら一番効く商品であって隙間なく美容成分を届けることができます。

また、刺した時のチクチク感を和らげる独自開発の形状をしているのがポイント。肌に直接届けることが無理だった高分子なヒアルロン酸やコラーゲンをマイクロニードル技術でしっかりと浸透させることができます。

定期購入で私も購入してみたんですが、もし気に入らなかった場合、定期購入の縛りもなくて1回で止める事ができます。

しかも面倒な電話とかじゃなくてマイアカウントのページから簡単に定期を止める事ができるので便利です。

値段 定期:2,860円
通常:6,600円
内容量 8枚入り(2枚×4包)
主な配合成分 高分子ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、バニリルブチル

↓マイクロニードルパッチで目元ケア↓
ご購入はこちらから!

リンクルスポットマスク

ヒト幹細胞を高濃度に配合!針が長めで浸透しやすい

リンクルスポットマスクは250マイクロメートルという針の長さが特徴です。

マイクロニードルの数も1回で2,600本と他の商品より多いです。針が長めになっていることで、より肌の奥まで浸透しやすい設計になっているアイテムです。

また配合成分がかなりプラス!

ヒト幹細胞の中でも有用成分である「エクソソーム」を抽出して高濃度に配合したマイクロニードルパッチになります。さらに馬プラセンタも配合。

成分面で見たらリンクルスポットマスクが一番です。

こちらも定期コースはいつでも解約可能です。

値段 定期:3,916円
通常:6,028円
内容量 8枚入り(2枚×4包)
主な配合成分 加水分解ヒアルロン酸、ヒト幹細胞エクソソーム、馬プラセンタ、アデノシン、ポリペプチド

↓マイクロニードルパッチで目元ケア↓
ご購入はこちらから!

ヒアロディープパッチ

国内売上No.1のヒアルロン酸マイクロニードルパッチ!

刺すヒアルロン酸で一番売れているのがコレです。

上場企業の北の達人さんが販売開始後の2019年には、ヒアルロン酸が針になっているという面白い形状で、SNSなどでも効果があると話題になって購入希望者が殺到してパンク。

3万人が予約待ち状態(3か月待ち)になるほどの人気になりました。抗シワ試験も合格済みでシワに対する確かな効果効能があるアイテムになります。

ヒアルロン酸パッチがのっているシートの部分にオイルゲルを採用しているのがポイントで素材にこだわっていて、オイルで蓋をすることでより保湿力を高めてくれる設計になっています。

値段 定期:4,378円
内容量 8枚入り(2枚×4包)
主な配合成分 ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、レチノール、EGF、FGF

↓マイクロニードルパッチで目元ケア↓
ご購入はこちらから!

効果が高い!よく効く刺すヒアルロン酸の選び方

刺すヒアルロン酸(マイクロニードルパッチ)の選び方で、一番おすすめなのが「マイクロニードルの本数」です。

商品によって本数がバラバラですが、

ニードルの本数が多ければ多いほどヒアルロン酸でできた針の量が多いので、肌に届けられるヒアルロン酸自体も多くなるので選ぶ際の大きなポイントです。

純粋にマイクロニードルの数が多い方が美容成分も多く、隅々まで届けられるという事になります。

マイクロニードルが多い商品
NEEDROP(ニードロップ)
3,600本(1シート1,800本)
リンクルスポットマスク
2,600本(1シート1,300本)
ヒアロディープパッチ
1,500本(1シート750本)
iマイクロパッチ
300本(1シート150本)

上記のように、マイクロニードルの数は商品によって違います。

刺すヒアルロン酸の商品は色々な種類がありますが、数が多いNEEDROP(ニードロップ)とリンクルスポットマスクはかなりおすすめの商品になります。

マイクロニードルパッチをどれか一つ選ぶとしたら、、、

本数が一番多い「NEEDROP(ニードロップ)」か、

ヒト幹細胞や馬プラセンタが配合されたマイクロニードルパッチである「リンクルスポットマスク」

のどちらかが一番効くはずなので、お好みで選ぶのが良いと思います。

抗しわ試験の実施済みなら効果も確実

乾燥小ジワ試験というのが日本香粧品学会ガイドラインで定められていて、

そこでの試験をクリアすると「抗シワ試験の実施済み」として商品を売る事ができます。

つまり、この記載があればこの試験に合格している商品という事。

この試験を実施しているかどうかも、そのアイテムの善し悪しが判断できるので一応見ておきましょう。

刺すヒアルロン酸はマイクロニードルの本数と抗シワ試験を実施済みのものを選ぶことで失敗することもなくなります。

刺すヒアルロン酸(マイクロニードルパッチ)の効果的な使い方

刺すヒアルロン酸(マイクロニードルパッチ)は週に1回、目元に貼って寝るというスペシャルケアとして使用するアイテムです。

使用する際は、化粧水を使った後のキレイな肌に貼るようにします。

目の際から3mm以上離した位置に合わせて、シートを貼ってからトントントンとしっかりと空気が入らないように抑えるのがポイントです。

最初はヒアルロン酸のニードルのチクチク感がありますが、5分ほどでなくなっていきます。

マイクロニードルパッチはシートを夜寝る前に貼って、そのまま就寝するのが使い方の基本です。

化粧水で塗れている所に貼ってしまうと剥がれやすいので、よく馴染んでから貼るようにしましょう。

また、乳液やクリームのような油分があるものを使用していても剥がれやすいので、刺すヒアルロン酸を貼る日は使わないなどの対策をしておきましょう。

刺すヒアルロン酸はほうれい線には効果なし!?

よくマイクロニードルパッチでほうれい線を消そうとする人がいますが、

ほうれい線は基本的に頬の肉がたるんでできるものなので、いくらマイクロニードルパッチの効果が高くても薄くしたり消したりすることはできません。

ほうれい線は真皮のコラーゲンが関わっていたり、たるみによる影響なのでほうれい線を治したいなら、まず顔のたるみを改善していく必要があります。

ほうれい線にもマイクロニードルパッチを貼っている画像やほうれい線対策として紹介している動画などもありますが、もったいないのでやめましょう。

あくまでもマイクロニードルパッチは目元の小じわ、くすみ、クマなどが気になる人におすすめのアイテムです。

刺すヒアルロン酸は目元の小じわや乾燥対策のスペシャルケアとして使うのがおすすめです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。