地黒で日焼けしやすい人におすすめの最強日焼け止め(SPF50+ pa++++)【絶対日焼けしたくない】

美容情報

絶対に日焼けしたくない!と考えている人におすすめの国内最強の日焼け止めを紹介!

元々地黒や色黒で日焼けしやすい人や肌を白くしたいと考えていて、絶対に少しも日焼けしたくないと考えている方も多いと思います。

日本では現在最強の日焼け止めは「SPF50+ pa++++」が上限として決まっています。

徹底した紫外線対策をしたい方には使用を検討してみてください。

かなり強力なので日焼けしやすい人や日焼けしたくない人におすすめです。

↓最強の日焼け止めはこちら!

絶対日焼けしたくない!紫外線と日焼けの仕組み

紫外線と言えば太陽の光やライトの光などもありますが、太陽の光には色々な波長が含まれています。

光の種類はその波長によって性質も変わってきます。人間の目で見えるのは可視光線というもの。

この可視光線は赤から紫までの色があり、それが反射すると「これは緑色だな」というように色の識別ができるというもの。

そして、赤よりも波長が長いものを「赤外線」といい、紫よりも波長が短いものが「紫外線」です。

人間の肌に悪くシミや老化や日焼けをする原因になるのは当然「紫外線」の方になります。

紫外線の種類は3つに分ける事ができる

UVA

UVAは3つの中でも一番波長が長いもので人間の皮膚は一番上から角質、表皮、真皮と分かれていますが、その真皮という所にエラスチンとかコラーゲンといった肌の弾力が保たれるようになるための組織があります。

このUVAはそのコラーゲンやエラスチンを分解してしまいます。

そのためUVAに当たり続ける事によって肌のたるみや小じわなどの原因になってしまいます。また、UVAは家の中や車のガラスも通過して到達し、肌をゆっくりと黒くしていきます。

UVB

屋外での日焼けの原因の多くはこのUVBによるものです。

UVBは表皮に当たって悪い影響を与えるもので、UVAと比べると100~1000倍くらいのダメージがあります。

このUVBにあたるとどんな悪影響があるかと言うと、みんなが大嫌いなシミの原因になります。顔中にシミができてきてしまうのは、このUVBが原因なんですね。

場合によっては「皮膚ガン」の原因にもなるのでかなり悪影響が大きいものです。

UVC

UVCは地表にはほとんど届いてなかったもので、大気圏にあるオゾン層でブロックされていました。ただ近年オゾン層が破壊されてきている事でUVCも最近地表まで届いてくるようになっています。

今UVCを使った実験をやっていますが、かなり殺菌効果が強いものになっています。

殺菌効果が高いという事は人間にも何らかのダメージを与えてしまうと考えられています。

日焼け止めが日焼けや紫外線を防ぐ効果が最も高い

日焼け止めは色々な種類が発売されていますが、必ず書かれているのが「PA」「SPA」というもの。

SPF(サンプロテクションファクター)

SPFは上記でも説明したUVB(日焼けやシミの原因)の方をブロックする効果になります。

人間はUVBがあたると赤くなりますが、赤くなるまでにどれぐらいUVBがあたったのかで、基準を1とした場合に例えばSPF30であれば30倍まで赤くならずに抑える事ができるという効果の強さになります。

簡単に言うとあたるUVBの量を30分の1まで減らせるよ!というのがSPF30です。

日本の場合ですと、SPF50がMAXでそれ以上の表記をしている日焼け止めはありません。SPF50+というものがありますがこれはSPF50よりも効果が高い日焼け止めという事です。

基本的に推奨されているSPF値は室内にいる場合はSPF20~30のもの。

海とかレジャーなど長い時間屋外にいる場合はSPF50以上のものが推奨されています。

PA(プロテクショングレードオブUVA)

PAはUVA(主にたるみやシワの原因)の方をどれくらいブロックするかその効果を表したものになります。

PAは+という表記で1~4まで分けられています。

UVAは皮膚にあたると黒くなりますが、どれくらい当たると黒くなるのかの基準を1とした場合に日焼け止めを塗るとどれくらいUVAをブロックしてくれるのかというのをPFA(プロテクションファクターUVA)という形で表しています。

例えばPFAが2だったら通常の半分まで、PFAが4だったら4分の1までUVAを抑える事ができるという事です。

PFAが2~4⇒PA+
PFAが4~8⇒PA++
PFAが8~16⇒PA+++
PFAが16以上⇒PA++++

というような効果で表記が分けられています。

つまりPA++++を使えばUVAを16分の1までカットできるという事です。

日焼けをしたくない!紫外線から肌の老化を守りたい!という方や焼けやすい体質の場合は、

現在日本で最強レベルの日焼け止め「SPF50+ pa++++の日焼け止め」を使うのが最も効果的という事になります。

最も効果が高い日焼け止めはSPF50+ pa++++です。絶対に日焼けしたくないという方には必須の商品です。

↓国内最強の焼けない日焼け止めはこちら!

最強の日焼け止め(SPF50+ pa++++)のおすすめ3選!

草花木果 美白日中用美容液

コスパならコレ!美白ケアしながら国内最高値の紫外線カット力!

草花木果の美白日中用美容液は国内最高値のSPF50+ pa++++で美白美容液としてのケアもしながらUVカットができる優れもの。

ノンケミカルで肌にも優しく日焼け止め独特のベタつきもなくサラっとしていて付け心地も抜群。

美白有効成分のトラネキサム酸や抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムも入っているからメラニンの生成も抑制しながら日焼けの防止ができます。

初回限定で1,980円(35%OFF)と値段も安い日焼け止めです。

値段 初回:1,980円
UVカット効果 SPF50+ pa++++
主な成分 トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、白花八草エキス、フィトCMC、桜葉エキスなど

↓今なら特別価格でお得!
お得に購入するならこちら!

POLAホワイトショット スキンプロテクターDX

効果で選ぶならコレ!POLAランキング1位の日焼け止め

POLAホワイトショット スキンプロテクターDXはトラネキサム酸RXS(トラネキサム酸+エンメイソウエキス+サンサジエキス)をメインにPOLAの独自成分を多数配合した日中用日焼け止めクリーム。

形状記憶ポリマーを配合している事によって表情の動きに合わせて伸縮するので隙間ができずしっかりとシールド膜のようにキープできるのが特徴。

ポーラの数ある商品の中でもランキング1位で一番売れている商品です!

SPF50+ pa++++で紫外線や近紫外線から肌を守り、それだけではなく大気汚染物質やブルーライトからも肌をしっかりと守るマルチカット設計。

POLAの商品だけに効果だけで見たら一番上。

肌を糖化から守るオリジナル美容成分EGクリアエキス、YACエキスに加えて、透明感を目指せるPOLAのオリジナル美白成分も多数配合。

値段 単品:6,600円
UVカット効果 SPF50+ pa++++
主な成分 トラネキサム酸RXS、グリチルリチン酸2K、YACエキス、クジンエキスクリア、マジュラムエキス、m-Aクリアエキス、SSリキッド、SCリキッド、EGクリアエキスなど

↓今なら特別価格でお得!
お得に購入するならこちら!

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

ウォータープルーフタイプで最強の日焼け止めがコレ!

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは海につけていくのにおすすめなウォータープルーフタイプで最強レベルの日焼け止めです。

SPF50+ pa++++で界面活性剤フリーなのに汗や水に強いので、海やプールなどで水に塗れても全然落ちないのがポイント。汗をよくかくアウトドアスポーツの時にもおすすめ。

無香料で肌にとても優しく2歳以上の子供からでも使えます!ヒアルロン酸配合で保湿力もGOOD。顔にも体にも使えますが、60g入りなので顔だけの使用なら約100日間近く持ちます。

落とす時もクレンジングは不要で洗顔料や石鹸でOK!

値段 定期:2,456円
単品:2,729円
UVカット効果 SPF50+ pa++++
主な成分 グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸、クララ根エキスなど

↓今なら特別価格でお得!
お得に購入するならこちら!

コスパで選ぶならコレ!
草花木果の美白日中用美容液

効果・機能で選ぶならコレ!
POLAホワイトショット スキンプロテクターDX

ウォータープルーフで選ぶならコレ!
NALCパーフェクトウォータープルーフ

草花木果とNALCの日焼け止めなら化粧下地としての利用もできます!

SPF50+ pa++++の最強日焼け止めを紹介しました。どれも日焼けしない効果がとても高い人気の日焼け止めになっています。

地黒で日焼けしやすい人は日焼け止めを徹底する

絶対に日焼けをしたくないのであれば日焼け止めを塗る時のポイントも抑えておきましょう。以下は医者に直接聞いた日焼け止めを塗る時の2つのポイントです。

まず、日焼け止めを塗るときは「しっかりと厚塗りをする」のがポイントです。

顔全体に塗るには大体1円玉2枚分くらいの量を使って塗っていきましょう。

この量だとかなりベタっとなるくらいになりますが、実はそれぐらいしっかり塗らないと日焼け止めは効果を発揮しません。

また、「こまめに塗り直す必要」があります。

日焼け止めはしっかり塗ったつもりでも、いつの間にか擦れて取れてしまっていたリ汗などで流れてしまったりします。

アメリカではその点でしっかり研究結果が出ていて、良い日焼け止めを塗っても効果が2時間くらいしか持たないから推奨されているのは2時間に1回塗り直すという事。

かなり面倒ではありますが絶対に日焼けしたくないという方であれば、徹底した使い方をする必要があります。

塗り直さなくてもよい「飲む日焼け止め」はどうなの?

飲む日焼け止めは、飲むだけで日焼け止め効果があって、塗り直さなくても良いという事がメリットの商品です。

有名な商品ではヘリオケアなどが病院でも購入できます。

ただ、この飲む日焼け止めの効果はどのくらいあるのか?

という実験結果がありますが、

その効果はSPFで換算するとたったSPF1.5~3程度しかありません。

もちろん併用する分には良いとは思いますが、

塗る日焼け止めと比べると効果がかなり低いものになるので、わざわざ飲む必要があるのかは疑問ではあります。

これから夏になるとますます紫外線が強くなるので、

絶対日焼けしたくない人は上記でも紹介した国内最強レベルの日焼け止めで徹底したUVケアをするようにしましょう。

他にも目から紫外線が入る事でも日焼けしますので、UVカット機能のあるサングラスや日傘もとても効果的です。

また曇りの日でも約60%は紫外線が届いていますので、曇りだからと言って油断しないでしっかりとケアをする必要があります。

日焼けしやすい人におすすめできるSPF50+ pa++++の最強日焼け止めを紹介しました。日焼け止めは使い方もとても大事です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。