二の腕のブツブツ「毛孔性苔癬」を治すおすすめの治療方法は?【サメ肌の治し方】

美容クリニック

二の腕のブツブツが気になって袖のない服が着られない・・・治療方法はあるの?

20代や30代くらいの方で、二の腕のブツブツに悩んでいてクリニックに訪れる人は結構います。

これは医学的には「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」「毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)」という病名で呼ばれています。

苔癬(たいせん)
⇒小さなブツブツが多数発生してその状態が慢性的に続いてしまっている状態の事。

角化(かくか)
⇒ターンオーバーに異常があって各層部分が分厚くなってしまう事。

上記のような状態で、主に二の腕にできる事が多いですが、他にも太ももの外側やお尻や背中の上部~肩にかけてできている人が多いです。

症状としては、触るとザラザラしてたりブツブツが盛り上がっている状態で、赤黒い見た目になっているのが特徴です。

↓二の腕のブツブツを自宅で治すならコレ!

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)に効くクリームはコレ

ピュアルピエ

二の腕のブツブツを治す専用の薬用クリーム!

ピュアルピエは二の腕のブツブツ「毛孔性苔癬」に効く専用のクリームとして話題のアイテム。

プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、セイヨウナシなど、主に乾燥対策になる保湿成分をたっぷりと配合。成分をナノ化成分と高分子成分の2種類のサイズにしているのが特徴で、肌の表面と肌の奥のダブルケアをしていくことが可能。

二の腕のブツブツの原因になっている乾燥や凹み跡や色素沈着という3大原因にアプローチができるクリームになっています。

また、無添加、国産の薬用クリームになっているので安心。定期コースだと初回限定価格がとても安くなっています。

料金一覧 ・定期1個(60g)⇒1,078円(初回限定)
・単品1個(60g)⇒9,779円

自宅で簡単!二の腕ブツブツケア↓
二の腕のブツブツを自分で治す

二の腕のブツブツやサメ肌状態の方は乾燥が大きな敵なので保湿をする事が自分でするケアとしては重要です。

二の腕にできた毛孔性苔癬が気になってはいるけど、それほど重症化していないような状態であれば自宅ケアを根気よく続ける事でよくなる場合もあります。

今まで、専用のクリームや尿素クリームなどを使用しても全くよくならなかったという人や、できるだけ早くに治したいという方は本格的な治療を受けるのがおすすめです。

↓二の腕のブツブツをとにかく治したい!

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)の治し方は?おすすめの治療方法はどれ?

二の腕にブツブツができてしまっている状態というのは、まず乾燥していて

・毛穴の入り口が角化してしまっていてザラザラ
・毛穴が詰まって産毛が目立っている
・メラニンが増えていて赤黒い状態

になっているので、その原因を取り除く治療を受ける必要があります。

特に角栓が詰まって分厚くなっていることで、見た目も悪くなっていて触った時のざらつきもある状態なので、分厚くなった角栓を何とかする治療を受けるのがベスト。

クリニックで適応になる治療方法として多いのは以下になります。

ケミカルピーリング

二の腕のブツブツに一番おすすめの治療方法としては「ケミカルピーリング」があります。

毛穴の入り口部分が角化してザラザラの状態なのだから、その角質を溶かす効果のあるピーリングが最も効果的な治療方法です。

ケミカルピーリングを二の腕に行う事で皮膚表面の角質や毛穴に詰まった角栓を溶かして除去します。

また、肌のターンオーバーを促進させることで厚くなってしまった角質の改善を早める事ができます。

状態によって違いますが、1回で完全に治ることはあまりないので、2週間~1ヶ月に1回のペースで何回か受けていくことでほとんど目立たない状態にまで治ることが多いです。

クリニックでピーリングを行う事で角化した角栓をしっかりと除去して行くことができます。

↓ケミカルピーリングが安いおすすめクリニック

上記のページからケミカルピーリングがうけられるクリニックが探せます。

ダーマペンでアグレッシブな治療も

ダーマペンは針の付いたペン型のマシンでわざと二の腕に傷をつけて、体が自然と傷を治す際の「創傷治癒」の力を利用した施術になります。

具体的には、皮膚の表面に極細針で満遍なく穴や傷をつけていくことでコラーゲン産生を促して皮膚を再生させていきます。

非常に効果は高いですが、針で傷をつけていくのでダウンタイムとして赤みなどが出てしまいます。

なので、二の腕を露出しない秋冬などに受けるのがおすすめです。

ダーマペンを複数回受けたい方は月に1回くらいのペースが推奨されています。

↓ダーマペンが安いおすすめクリニック

上記のページからダーマペンがうけられるクリニックが探せます。

二の腕の脱毛を合わせるとよりおすすめ

毛孔性苔癬は、毛穴に一致してその毛穴が広がったり産毛が目立っている状態なので、脱毛をする事で産毛を処理して目立たなくさせるというわけです。

医療レーザー脱毛には毛穴が少し縮む効果もあるのもブツブツ対策に向いています。

二の腕のケミカルピーリングはこんな感じ

ケミカルピーリングではサリチル酸などの薬剤を二の腕に塗布していきます。

特に痛みなどはなく「ひんやりとして気持ちいい感覚」です。ケミカルピーリングを受ける事でターンオーバーを促進させて角質を取り除く事ができます。

ダウンタイムなども特に気にならないので、気軽に受ける事ができる治療になっています。

最初に皮膚科に行くというのも良いですが、特に痒かったり痛かったりすることもなく、見た目だけの問題になるので、

一般的な保険診療の皮膚科に行っても、ケラチナミンなどの軟膏を処方されるだけであまり効果的な治療もなく「経過を見てくださいね」と言われるだけのケースも多いです。

二の腕のブツブツに本当に悩んでいるという人は、
美容クリニックの「無料カウンセリング」で相談してみる方が良いでしょう。

二の腕のブツブツを治す!おすすめクリニックはココ!

湘南美容クリニック

ピーリングやダーマペンが安い!コスパ最高のクリニック!

湘南美容クリニックは、ケミカルピーリングが肘上1回6,600円ととても安いのが特徴。

ブツブツがひどい方にはダーマペン4を使った治療で二の腕のブツブツを物理的に改善させます。どちらも値段は安いのでコスパで考えるとかなり優秀。

どちらの治療が良いかは症状を見てもらって相談しながら決める形にするのがベストです。無料カウンセリングでまずは症状を見てもらいましょう。

値段 ★二の腕ブツブツ治療単体
・ケミカルピーリング肘上1回⇒6,600円
・ダーマペン肘上1回⇒29,700円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、福島(福島院)、東京(新宿本院、新宿南口院、銀座院、SBC銀座院、新橋銀座口院、渋谷院、渋谷アネックス院、表参道院、六本木院、池袋東口院、池袋西口院、赤坂見附院、高田馬場院、品川院、秋葉原院、上野院、湘南メディカル記念病院(両国)、西葛西院、東京蒲田院、赤羽院、自由が丘院、二子玉川院、立川院、町田院、湘南内科皮フ科町田院、八王子院)、神奈川(横浜店、横浜東口院、川崎院、武蔵小杉院、橋本院、藤沢院、横須賀中央院、辻堂アカデミア)、埼玉(大宮東口院、川口院、所沢院、川越院)、千葉(千葉センシティ院、船橋院、松戸院、柏院)、群馬(高崎院)、栃木(宇都宮院)、茨城(水戸院)、愛知(名古屋院、名古屋栄院、栄矢場町院)、静岡(浜松院、静岡院)、新潟(新潟院)、石川(金沢院)、長野(長野院)、岐阜(岐阜院)、京都(京都院、京都河原町院)、大阪(大阪梅田院、大阪駅前院、大阪心斎橋院、大阪あべの院、大阪京橋院、大阪堺東院)、兵庫(神戸院、姫路院、西宮北口院)、奈良(奈良院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、香川(高松院)、愛媛(松山院)、福岡(福岡院、小倉院、熊本院)、鹿児島(鹿児島院)、沖縄(那覇院)、海外(ベトナム院、アーバイン院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
二の腕のブツブツを治療する

銀座ケイスキンクリニック

毛孔性苔癬の集中治療ができるクリニック!

銀座ケイスキンクリニックでは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)を治す集中治療を行うメニューがあります。

内容はケミカルピーリングやジェントルレーズやジェネシスという3つの治療を同日に行って集中的に治すコンビネーション治療になっています。

ピーリングだけではなく、二の腕の脱毛でムダ毛処理をして赤みに効くレーザーであるジェネシスも同時に行う事で原因のすべてにアプローチができます。

料金一覧 ★二の腕ブツブツ治療セット
・1回⇒42,000円
★二の腕ブツブツ治療単体
・ケミカルピーリング両上腕1回⇒15,000円
・ジェントルレーズ(二の腕脱毛)両上腕1回⇒25,000円
・ジェネシス(赤み治療)両上腕1回⇒38,000円

東京(銀座院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
二の腕のブツブツを治療する

城本クリニック

二の腕のブツブツ「毛孔性苔癬」を治す効果的な治療が受けられる!

城本クリニックでは、主にケミカルピーリングやダーマローラーを組み合わせた二の腕のブツブツ治療を行っています。

一つの治療だけではなく、効果的な複数の治療を組み合わせる事で素早く治すことができるクリニックです。

全国に25院を展開しているクリニックなので通いやすいのもポイントです。

料金一覧 ★二の腕ブツブツ治療セット
・1回⇒43,780円

福島(郡山院)、東京(池袋院、新宿院、立川院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮院)、群馬(高崎院)、茨城(水戸院)、千葉(柏院、津田沼院)、山梨(甲府院)、長野(長野院)、愛知(名古屋院、豊橋院)、岐阜(岐阜院)、三重(四日市院)、静岡(静岡院)、石川(金沢院)、富山(富山院)、大阪(大阪院)、兵庫(姫路院)、岡山(岡山院)、愛媛(松山院)、福岡(福岡院)、長崎(長崎院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
二の腕のブツブツを治療する

二の腕のブツブツに効く食事方法!食事だけで治す!

緑黄色野菜を「生野菜」として摂取する

二の腕のブツブツができやすい原因に肌のターンオーバーの異常があります。

肌の代謝が悪い(ターンオーバーが遅い)ことで古い角質がたまっていってしまうので肌の代謝を整えると改善する場合があります。

肌の代謝を正常に整えるには、体内の「PHバランス」を整えるようにすると良いです。

具体的には、「酸性の食材」「アルカリ性の食材」をバランスよくとるようにするのが大事です。

加熱処理をしてしまうとほとんどの食品は酸性になってしまうので、いつも食べているほとんどの食事は酸性です。

肉や揚げ物ばかり食べている人も同様です。

体内が酸性に傾いている状態だと、摂取した食べ物を消化・吸収して合成をする代謝が円滑にできなくなっていきます。

アルカリ性の食品はカリウムを多く含んだ野菜に多いです。例えばブロッコリーやルッコラやケールなど濃い緑の野菜を積極的に取るようにすると良いです。

意識して食事をとらないといつも酸性の食事ばかりになってしまいます。食事のバランスを考えてアルカリ性の食事も取り入れていくようにしましょう。

不飽和脂肪酸を摂取する

脂質は肌の元となる材料にもなるので、良質な脂肪を摂取するのもとても効果的です。

脂質の主成分である脂肪酸は細胞膜を作ります。

脂肪酸・細胞膜について
・細胞膜はウイルスや細菌をブロックする役割がある
・体内の老廃物をデトックスする
・栄養を取り込みやすくする役割もある

細胞膜は女性ホルモンの生成にも欠かせません。また、代謝をあげるだけでなく肌荒れ防止や痩せやすい体作りにも重要です。

脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」がありますが、植物油や魚介類などに含まれる「不飽和脂肪酸」の方を積極的に取るようにしましょう。

不飽和脂肪酸には体内で合成されない必須脂肪酸が多く含んでいて質の高い良質な油になります。

具体的にはオリーブオイルや青魚の油やアボカドやアーモンドなど熱処理していない油がとても良いです。

「濃い緑色の生野菜」「良質な不飽和脂肪酸」を摂取することを心掛ける事を意識して行う事で二の腕のブツブツだけではなく、体の中からの美にもつながってきます。

これらは、すぐにでもできる事なので実践していきましょう!

二の腕にできるブツブツは、親に毛孔性苔癬がある場合に、子供にもその症状が出やすい事から常染色体優性遺伝の病気であると言われています。

その他にも思春期の方だったり、肥満傾向のある方に出やすいという特徴があります。

二の腕のブツブツが目立つのは若い方に多くて、半袖やノースリーブの服を着た時に見えてしまうので悩んでいる人が多い病気です。

しっかりとした治療を受ける事で、ざらつきや黒ずみも目立たなくなります。

二の腕へのケミカルピーリングは痛みもなくダウンタイムも特に気になりません。それほど値段が高い治療でもないので気軽に受ける事ができる施術です。

自宅のケアでは治らない二の腕のブツブツを治すなら、まずはケミカルピーリングを受けてみるのがおすすめ。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。