メトホルミン(メトグルコ)で痩せる!効果と副作用は?個人輸入で一番安い通販サイトは?

美容クリニック

メトホルミン(メトグルコ)はダイエット効果もあって様々な病気の予防効果もある事で有名な薬です。医者にも本当に良い薬だと認められている方がとても多いです。

メトホルミンは1960年代くらいから使われている古い実績のある薬です。

最近ではハーバード大学で老化研究を行っている世界的な権威であるデビッド・A・シンクレアさんの書籍LIFE SPAN 老いなき世界(世界20か国でベストセラー)で紹介されたことで話題になっている薬でもあります。

こちらの書籍では老化を治す薬として

・メトホルミン
NMNサプリ

老化予防に効果があると確信しているとして紹介されています。

ダイエットに使う人も多いですが、様々な病気を予防する効果、寿命を延ばす効果、アンチエイジング効果がある事が学会でも発表されていてアンチエイジングの薬としても有名です。

ちなみにメトホルミン製剤として処方されるのはメトホルミン塩酸塩錠500mgMT、メトグルコ錠250mg、メトグルコ錠500mgなどが多いです。メトホルミンというのは有効成分の名前です。

実際に医者自身で飲んでいる方も多いです。

心血管系の病気の発生率を優位に下げたり、ガン予防として効果を発揮するなどメトホルミンはダイエットにも健康効果もある飲み薬として医者が認める良薬と言ってもいいでしょう。

↓医者も認めるメトホルミンで痩せる!

メトホルミンのダイエット効果と作用機序は?寿命を伸ばす作用もあり!?

メトホルミンのダイエット効果としては食欲を抑制して、糖の吸収を抑えて便から出していく事ができる飲み薬になります。

他のダイエット薬との違いは、インスリン分泌を介することなく血糖降下作用があるので低血糖になりにくいという所と筋肉が落ちる事を抑えながら脂肪だけを減らしていける所です。

しかも実はメトホルミンを飲むとGLP-1注射を打ったのと同じようなにGLP-1の量を体内で増やす事がでます。

つまりサクセンダリベルサスといった薬と同じように食欲抑制作用や脂肪燃焼効果を出す事ができるというのも大きなポイントです。

★メトホルミンの主な効果
・糖の吸収を抑えて排出する
・食欲を抑制する
・筋肉量を落とさずに痩せれる
・脂肪燃焼作用
・GLP-1の量を体内で増やす
・免疫強化とガン予防
・若返り・アンチエイジング効果
・抗炎症作用
・抗血栓作用

メトホルミンはダイエット効果以外にもLIFE SPAN 老いなき世界にも掲載されたように、寿命を延ばすという「若返りの効果」がある事でも有名です。

他にもアンチエイジング効果、抗炎症作用、血栓作用というのもあるので、1剤だけで色々と楽しめる薬になっています。

↓サクセンダについてはこちら

⇒サクセンダが安いクリニックはどこ?

↓リベルサスについてはこちら

⇒リベルサスが安いクリニックはどこ?

メトホルミンの臨床試験でのダイエット効果は?

2013年に行われたアメリカの臨床試験では6ヶ月の服用で体重を平均して5.8kg落とす事に成功しています。

しかもメトホルミンは別の臨床試験の結果では、筋肉量を減らさないで体重を落とせるという研究結果があります。

他のダイエット薬だけで痩せると通常は「筋肉量も落ちてしまう」事になりますが、このメトホルミンは筋肉量の維持についてのエビデンスもある薬です。

糖尿病の内服薬でダイエットとして使われている薬は色々とありますが、その中でも一番筋肉量を残しながら健康的なダイエットができる薬です。

筋肉量を残しながら痩せる事でリバウンドもしにくくなります。

メトホルミンは病気を予防して寿命を延ばす効果もある!?

70歳以上の高齢の糖尿病患者さんにおいては、メトホルミンを飲むだけで死亡率が15%も低下するというエビデンスがあります。

薬を飲むだけで死亡率がここまで低下するというのはあまりないです。

また、メトホルミンには抗血栓作用があって血液をサラサラにする効果や抗炎症作用を持っていて体へのダメージも軽減してくれる作用を持っているというのも注目ポイントです。

こういうデータがきっかけで、健常者が飲んでも病気予防やアンチエイジング効果があると言われていて若返りや老化防止などの分野でも海外ではどんどんと研究が進んでいます。

日本を対象とした試験でも心血管系の病気の発生率を約40%も下げたというデータも出ております。

他にも

・AMPキナーゼという酵素を活性化
・免疫に関与しているT細胞を増やす・活性化
・活性酸素の生成を抑制

という効果もメトホルミンにはあると言われていて、ガンなどの腫瘍発生を抑制する効果や、アルツハイマー病の予防等についても数々の論文でも発表されていますし、炎症や酸化ストレスを抑える事で寿命を延ばすとも言われています。

ダイエットだけではなくアンチエイジング効果としても認められている優秀な薬というわけです。

医者が本当に良い薬だと言っている人が多いのも分かりますよね。

↓メトホルミンは個人輸入で通販できる!

メトホルミンが一番安い個人輸入の通販サイトは?激安で購入

日本の病院ではメトホルミン塩酸塩錠500mgMTやメトグルコ錠250mgおよび500mgが処方されますが、個人輸入の通販サイトではグルコファージ、グリコメット、メトスモールといった名前のジェネリック品が購入できます。

個人輸入の通販の場合は1錠1,000mgで100錠入ったものがとても安く購入する事ができます!

どれも有効成分がメトホルミン塩酸塩なので、薬名は違いますが効果は同じになります。

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒2,713円
・2箱(100錠×2)⇒3,636円
・3箱(100錠×3)⇒4,521円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,213円
・2箱(100錠×2)⇒4,460円
・3箱(100錠×3)⇒5,346円
★メトスモール500mg
・1箱(28錠)⇒2,533円
・2箱(28錠×2)⇒2,864円
・3箱(28錠×3)⇒3,174円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒3,491円
・2箱(100錠×2)⇒4,632円
・3箱(100錠×3)⇒5,757円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,502円
・2箱(100錠×2)⇒4,860円
・3箱(100錠×3)⇒5,826円
★メトスモール500mg
・1箱(28錠)⇒2,761円
・2箱(28錠×2)⇒3,122円
・3箱(28錠×3)⇒3,462円
くすりエクスプレス ★グルコファージ1000mg
・1箱(100錠)⇒3,389円
・2箱(100錠×2)⇒4,632円
・3箱(100錠×3)⇒5,757円
★グリコメット500mg
・1箱(100錠)⇒3,502円
・2箱(100錠×2)⇒4,860円
・3箱(100錠×3)⇒5,826円
★メトスモール500mg
・1箱(28錠)⇒2,761円
・2箱(28錠×2)⇒3,122円
・3箱(28錠×3)⇒3,462円
メデマート ★メトグルコジェネリック500mg
・1箱(100錠)⇒2,700円

※横にスクロールできます

個人輸入の通販サイトの中で一番メトホルミンの値段が安いのが、ユニドラになります。

グルコファージ1000mg(100錠入り)が1箱2,713円で購入ができます。

日本のクリニックでは500mgを処方してもらえますが、診察料が3,000円~4,000円程度500mg100錠で1,500円程度は掛かります。

★ユニドラ
⇒グルコファージ1000mg(100錠):2,713円
★美容クリニックなどで処方
⇒メトグルコ錠500mg(100錠):4,500円~6,000円

というように同じように100錠で計算するとユニドラで購入した方がコスパはかなり良いです。

⇒ユニドラはこちらから!

実際に個人輸入通販でメトホルミンを購入した人の口コミ・体験談

日本でメトホルミンは基本的に糖尿病と診断されている人に関しては、保険診療として処方してもらう事ができますが、ダイエットや若返り目的として飲む場合には自由診療になります。

ただし健常者が通常の病院で処方してもらうのは困難です。

ですので、ダイエット専門クリニックや美容クリニックで処方してもらうか、個人輸入の通販で購入するかの2択になるかと思います。

美容クリニックですと自由診療となり、かなり安くても大体4,500円~6,000円くらいはします。そう考えると、コスパを抑えたい方は個人輸入で通販するのがおすすめになります。

⇒ユニドラはこちらから!

メトホルミンでダイエット!痩せる飲み方は?飲むタイミングと量は?

メトホルミンは1年くらい前に私が勤務している院長にちょっとダイエットしたいんですよねぇ~って言ったら勧められてしばらく飲んだことがあってまだ自宅に残ってました。

メトホルミンをダイエット目的で使う場合の飲むタイミングと量に関しては、1回500mgの量を朝と昼と夜の食前または食後に3回に分けて飲むのが基本になります。つまり合計では1日1,500mgを摂取する事になります。

メトホルミンを飲みだすとすぐに体重が1kg程度落ちる事が多いです。

より効果を上げたい場合は1週間ずつ効果を様子見しながら、メトホルミンの量を増やしていくようにします。

増量していく場合は、最大で1日2,250mgというアメリカの臨床研究と同程度の量にまで増やす事ができます。1日2,250mgまで増やした場合の飲み方としては、朝2錠、昼1錠、夜2錠といった形にするのが推奨になります。

食欲を短期的にも抑える事ができるので、例えば昼ご飯の量を減らしたいのであれば昼に2錠飲んだり、夜ご飯の量を減らしたい場合は夜に2錠といったように臨機応変に自分に合った飲み方をする事も可能です。

食べたくない時に多めに飲むことによって、その分だけ食欲が抑制されますのでかなり使い勝手も良い薬になります。

メトホルミン(メトグルコ)の副作用は?禁忌事項について

サプリではなく効果がある薬にはどれも副作用はあるものです。

メトホルミンの副作用としては、軽度なものとしてはGLP-1受容体作動薬と同じように「吐き気」「下痢」の症状が出る場合があります。

いわゆる胃腸障害です。

具体的にはメトホルミンを飲んだ後にたくさん食べてしまったりすると発現する事が多いです。また消化の働きを良くする作用があるので、その影響で下痢になる場合があります。

副作用に関しては飲み始めた最初の1~2週間くらいの時期に起きる事が多く飲み続けているうちに落ち着いていきます。

メトホルミンは用量を守れば基本的に安全な薬ではありますが、上記のようにメトホルミンを投与をしてはいけない禁忌事項があります。

特に腎機能や肝機能に障害がある方は、10万人に数人程度の頻度として極稀に糖尿病性ケトアシドーシス乳酸アシドーシスと言う重大な副作用が起こるリスクがあるので禁忌になります。

もちろん妊婦さんも服用してはいけません。

また、肝臓の効果を少し弱める作用があるので、お酒に弱くなってしまうのでよくお酒を飲む方も注意が必要です。

お酒を飲みたい方は、飲む前日にメトホルミンを抜いたり、朝と昼だけメトホルミンを飲んで夜にはメトホルミンを飲まないようにするなど自分で調整する必要があります。

基本的に飲んでから12時間くらいで体から抜ける薬になっています。

ダイエット専門のクリニックで血液検査を行いながら、安全にメトホルミンを中心としたダイエット薬の肥満治療を受けたい方は以下のファイヤークリニックがおすすめになります。

ファイヤークリニックでは患者様に合ったオーダーメイドで処方する薬を決めて、採血しながら安全なダイエットができます。

初診料・診察料無料でカウンセリングを受ける事ができるので気になる方は一度来院してみてはいかがでしょうか。

⇒ファイヤークリニックはこちら!

メトホルミンは初めてダイエット薬を使用する人にとてもおすすめの飲み薬になります。

また、特に糖質をよく食べているような方や、筋肉をできるだけ落とさないでダイエットをしたい方にピッタリです。

寿命を伸ばす効果というのも研究で色々と分かってきている良薬ですので、ダイエット以外に健康やアンチエイジング目的として使用する人が多いです。

ダイエット効果だけではなくアンチエイジング効果もあるとして、メトホルミンは今後さらに注目されてくるのではないかと考えられます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。