漢方オンライン診断のおすすめは?LINEで相談無料!オンライン診療で漢方薬を処方

美容アイテム・お薬

漢方薬をオンラインで処方してくれるサービスがとても人気になっています。LINEで無料で相談できるのでとても便利!

漢方というのは○○がダイエットに効くと聞いたから、それを飲んでみよう!とかそういう使い方ではなくて、本来の一番良い漢方の使い方は「自分に合った漢方」をしっかり飲むという事。

ほとんどの人は自己判断で適当に漢方薬を選んでいるので、本当に自分の症状に合った漢方を選べていません。

また、ドラッグストアや薬局などで簡単に手に入るような漢方だけではなく漢方薬局でのみ処方される高品質な漢方というのも存在します。

本来の漢方の正しい効果を発揮させるには、

病院に行って診察してもらってお薬を出してもらうのと同じように、しっかりと診断してもらって、自分の悩みに合ったものを選ぶ事が大事です。

↓漢方のオンライン無料相談!あなたに合った漢方薬を処方してもらえる!

漢方のオンライン診断なら相談無料!高品質な漢方薬を処方してもらえる!

漢方のオンライン診断サービスは、一人ひとり個別に漢方アドバイザーとLINEによるテキストチャットで悩みや症状の問診に答える事で、あなたにピッタリの漢方薬を処方してくれるサービスになります。

オンラインで全て完結するので、自宅にいながら、あなたに合った最適の漢方薬を処方してもらう事ができます。

例えば以下のような悩みに合った漢方を処方してもらえます。

不妊、イライラ、不安、心の疲れ、ストレス、不眠、めまい、難聴、月経トラブル、更年期障害、婦人科系の疾患、アレルギーの悩み、喘息、花粉症、鼻炎、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、神経痛、ダイエット、冷え性、むくみ、ニキビ、髪の毛の悩み、疲労回復、免疫力アップ、貧血、胃腸障害、下痢、便秘など

上記のように様々な悩みにあった漢方薬を処方してもらえます。

しかも通常のドラッグストアや薬局では購入する事ができない、漢方薬局でのみ処方されている高品質な漢方を通販する事ができます。

使い方は簡単でLINEでお友達登録をして、

気になる症状を選んだらその悩みに対する簡単な問診にチャットで回答するだけでOK!

最初はチャットボットとのやりとりをして、最終的に薬剤師さんが診断をしてくれます。

オンライン診療はLINEで3分ほどで終わります。

診断してもらうまでは完全無料で、実際に漢方を処方してもらう場合の薬代は有料になります。

もちろん他の薬との併用や漢方薬に関する相談はいつでもチャットで無料相談できるので安心。

漢方薬を処方してもらいたい方は、あなたに体質や症状にあった高品質な漢方薬が最短当日か翌日発送で自宅に届けてくれるのでとても便利です。

値段も漢方薬局で処方してもらうよりかなり安いのでお得になります。

もちろん相談は完全無料なので、それだけでもとても価値のあるサービスになります。

↓漢方のオンライン診断!相談無料

漢方オンライン診断のおすすめはどこ?LINEで相談無料!

オーダーメイド漢方 YOJO

漢方をオンライン処方!LINEで漢方薬剤師に無料相談!

オーダーメイド漢方のYOJO(ヨージョー)は、漢方のオンライン診断サービスの中でもかなり人気になっています。

使い方は簡単でYOJOのサイトにアクセスして、LINEでお友達登録します。

登録すると約3分ほど、LINEのチャットボットの質問に答えていくだけで体質診断が無料でできます。

体質診断が終わると漢方専門の薬剤師さんに自分の体質の状態を教えてもらえます。また漢方の処方が必要ならLINEでテキストチャットのやり取りをして処方してもらう事ができます。

YOJO(ヨージョー)では、漢方薬局でのみ処方される高品質な漢方を取り扱っています。しかも漢方薬局よりも安い月額数千円〜で漢方を購入する事ができます。

流れとしては上記のような感じです。

全てスマホを使ったLINEのテキストチャットのみでやり取りが完結するので「こんなに簡単にできちゃうの?」と便利さに感動します。

漢方を処方してもらった後も、漢方薬を購入したら終わりではなくてアフターサポートも充実しています。

例えば、食前や食後など基本的な飲み方や他の薬との飲み合わせや症状についての相談など、何か聞きたいことがあればいつでもLINEで相談する事ができます。

LINE登録者18万人突破の一番人気の漢方オンライン診断サービスです。

値段 診断(相談):無料

↓漢方オンライン診断・処方
今すぐLINEで無料診断してみる!

漢方薬の効果と漢方治療がおすすめな人は?

薬は大きく分けると西洋薬漢方薬の2つに分けられます。

病院などで処方してもらっている薬は、主に西洋薬に分類されるものが多いですよね。

例えば頭痛があったらロキソニンのように、西洋薬はその症状にピンポイントで素早く効くという傾向があります。

漢方薬というのは様々な種類の生薬を2種類以上配合したもので、体の広い範囲にゆっくりと効くのが特徴になります。

また、西洋薬と漢方薬の違いとして大きいのは、

病気になってから処方される西洋薬と違い、漢方薬は病気になる前の「未病の状態」で服用するのが基本という事です。

例えば、

・最近身体が不調だな・・・と感じる
・自覚症状はあるけど検査の数値ではまだ出ていない

そんな未病だけど、何かしらの症状や不調がある人を健康にしていく効果を持っています。

漢方薬での治療がおすすめの例
・自律神経の乱れを整える
・生理痛
・更年期障害の症状を緩和
・肩こり
・不安・不眠
・血流の改善
・逆流性食道炎
・肌荒れ

などなど他にも色々ありますが、上記のようなものが向いています。

また、はっきりとした症状は出ていない状態でも、漢方の専門家に相談すると不調になる前に予防する漢方薬の処方もしてくれます。

病気になったり、病気が悪化してしまってから薬を飲んで治すより、完全に病気になる前に漢方薬で治す事ができたら凄い楽ですよね。

漢方薬の効果はいつから?飲み続ける期間はどのくらい?

漢方薬は長く飲まないと効かないと言われていますが、

それは間違っています。

例えば、風邪やこむら返りなどの急性的な症状には最短数十分で効果が出るようなすぐ効く漢方もあります。

例えば、風邪の症状に効く葛根湯は、葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、勺薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)が入った漢方薬ですが、風邪の引きはじめに飲むことで素早く効果が出ますよね。

西洋薬と同じように素早い効果を出す事も可能なのです。

しかし、消化器官が弱いや更年期の症状やホルモンバランスが乱れるといった慢性的な疾患の治療には数か月必要な場合が多いです。

飲み続ける期間は症状によって変わるので何とも言えないですが、

大体の場合は、2週間~1ヶ月程度で変化が見られる事が多いので、目安としてその期間は少なくとも飲み続けるようにすると良いでしょう。

効果がない・・・と言っている人は、

市販されている漢方薬を自己判断で服用していて、体質や現状の症状に合っていない漢方を服用している場合がほとんど。

漢方薬は自己判断で服用はせずに、専門家に相談して自身の症状に合った漢方を処方してもらうのをおすすめします。

⇒無料で漢方薬のオンライン相談をする

漢方薬に副作用はある?安全性はどうなの?

漢方薬は自然由来の生薬からできている薬になるので、西洋薬と違って体に優しく副作用がほぼないのは大きなメリットになります。

しかし漢方薬の全てが安全という訳ではなくて、漢方薬にも副作用や体に強い反応を示すものもあります。

例えば、附子(ぶし)という一般的に鳥兜と言われるものが使われていたり巴豆(はず)などの毒性成分が含まれた生薬が使われる場合があります。

そのため、日替わりで漢方薬を変えたり、複数の漢方薬を適当に飲んだりしている人も多いですが、漢方薬にも副作用を気にしなくてはいけないものがあるので注意が必要です。

また、漢方薬も西洋薬と同じように決められた量があります。

この用量を無視して大量に服用をすると当然ですが副作用のリスクは上がります。

他にも、複数の漢方薬で効果が被っていて増幅しすぎてしまう場合があったり、漢方薬同士で効果を打ち消しあってしまっていたりする場合もあります。

そうなると予期せぬ副作用が出たり、折角、効果があるはずなのに効果を発揮できなかったりします。

漢方薬は西洋薬と違い、飲まれる方の病状や体質に合わせた漢方が処方されます。言い換えれば症状によって飲んでよいものと飲んではいけないものがあるという事になります。

漢方薬同士での相性というのもあるので、

素人が勝手に漢方薬をアレコレ選んで飲むのはおすすめできません。

西洋薬と比べるとかなり安全性の高い漢方薬ではありますが、念のため、副作用には注意をして服用するようにしましょう。

⇒無料で漢方薬のオンライン相談をする

飲み続けてはいけない漢方薬があるって本当?

漢方の中には「飲み続けてはいけない漢方薬」もあります。具体的には長期服用するのに適していない生薬が含まれている漢方です。

特によく使われている生薬で飲み続けてはいけないものを3つ紹介します。

大黄(だいおう)
大黄は下剤としての効果や熱を下げる効果がある生薬で、そういった漢方によく使われています。

麻黄(まおう)
麻黄は汗を出したりとか、咳をしずめる、むくみをとるといった効果がある生薬です。

附子(ぶし)
附子は身体を温めたり、利尿作用があったり、新陳代謝を良くしたり心臓の機能を高めたりする効果のある生薬です。

これらの生薬が含まれている漢方薬は、基本的に長期服用に向いていないので症状が治ったのであればすぐに服用を中止します。

そして長期的に飲み続けても良い漢方に変更すべきです。

漢方薬を使った治療がおすすめな人は、

・病気ではないけど何かしらの不調がある方
・不調だけど病院ではどこも悪くないと言われた方
・何となく不調だけど病院に行くほどではない気がする
・西洋薬と併用した治療をしていきたい方
・体全体の不調を負担をかけずに治したい方

分かりやすいおすすめの例を挙げると、ホルモンバランスの乱れからくる更年期の症状をお持ちの方などです。

こういった症状には身体の広い範囲に効果がある漢方薬が正にうってつけの薬になるわけです。

オンラインによる漢方診断サービスは、今かなりグイグイ来ていて利用者も急上昇中です。

上記はYOJOの例ですが、2020年10月の時点で既に登録者数が15,000人を突破していました。そして2022年2月現在ではLINE登録者が180,000人を突破しています。

あっという間に、利用者が10倍以上に増えてました。凄い・・・。

自分に本当にあった漢方薬を処方してもらいたい人も便利ですが、漢方薬剤師さんにいつでもLINEで気軽に無料相談できるというのも大きいです。

⇒無料で漢方薬のオンライン相談をする

漢方薬は専門知識が必要になるので、自己判断で勝手に選んで服用するのではなく、できる限り漢方の専門家に相談して処方してもらうようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。