ビール腹を解消するおすすめダイエット治療!女性のお腹周りの脂肪を最短で落とす!

美容クリニック

食べ過ぎや飲みすぎでお腹周りがポッコリ・・・「ビール腹」がひどい人におすすめダイエット治療は?どれがいい?

中年太りでポッコリしたビール腹になってしまっている方が多くいます。

お腹に脂肪が付きやすい男性でビール腹になる人が多く、

女性の場合は基本的に太ももやお尻や二の腕や背中など全身の皮下脂肪が先に付きやすいので男性よりはビール腹になりにくいです。

ただし、20代や30代の女性の中でも

お腹周りがポッコリしていて悩んでいる人が多いのも事実・・・。

ここでは、男性だけではなく女性でも悩んでいる人が多い

お腹周りの脂肪を最短で落とすおすすめのダイエット治療について解説します。

ビール腹とは?20代や30代の女性も意外と多い・・・

ビール腹になる原因は特にビールが悪いというわけではなく、

飲み会の席でビールとともに食べる食事やおつまみによる「過剰な摂取カロリー」が問題になっていることが多いです。

ビール腹は、「内臓脂肪」「皮下脂肪」が合わさってできているのが特徴で、特に内臓脂肪が蓄積されている「内臓脂肪型肥満」でビールの樽のような見た目になってしまっている状態。

内臓脂肪
⇒お腹の中の腸や臓器などの周りについている脂肪です。

皮下脂肪
⇒皮膚の下にある指でつまめる部分にある脂肪です。

指でつまめる部分にある皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪もそのお腹周りが大きくポッコリしている原因になっているのが問題です。

男性の場合は特にお腹周りに脂肪が付きやすいので、ポッコリしたお腹になる確率が高いという事です。

全身の皮下脂肪が先に付きやすい女性はビール腹になりにくいとは言われていますが、

食事が大好きで、ついつい食べ過ぎてしまう人は、

内臓脂肪も蓄積されてひどいビール腹になってしまう場合はもちろんあるので油断はできません。

↓お腹周りの脂肪を最短で落とす方法!

ビール腹やお腹周りの脂肪はどうやって落とすの?

体の奥の内臓付近にあるのが内臓脂肪なので、例えば、腹筋などの筋トレをしたりしても内臓脂肪がなくなるという事はありません。

よく腹筋をすればお腹周りの脂肪が減ると勘違いしている人がいますが、

いくら腹筋を頑張ってもダイエットをしていなければ、お腹周りの脂肪が落ちる事はないんです。

全く効かないとは言いませんが、

医学的にも基本的にトレーニングなどで部分痩せをすることはできませんし、効果はほとんどないと言えます。

じゃあ、どうすれば「ビール腹」を解消できるのかというと、

食事制限をしたり運動をしたりして、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態を続ければ全身から体脂肪が燃焼されて減っていきます。

ダイエットをする=体重を落とす

ことが最低限必要というわけです。

内臓脂肪は、その名の通りに内臓の周りについている脂肪ですが、ダイエットなどで身体が飢餓状態の時にエネルギーとして優先的に消費されやすいという特徴があります。

つまりダイエットで体重を落とすことで、先に燃焼されて消費されるのは内臓脂肪で皮下脂肪の方が後回しになります。

ですので、

「ダイエットをサポートする薬+有酸素運動」

などで体重を落とすことで内臓脂肪をしっかりと落としつつ、お腹周りの皮下脂肪はクリニックの治療で部分痩せを行うという組み合わせがベストです。

「内臓脂肪」だけではなく「皮下脂肪」も同時にアプローチする治療をする事で効率よく最短でビール腹の解消ができます。

↓ビール腹をなくしたいならこのダイエット治療!

男性や女性のみっともないビール腹を最短で解消するダイエット治療!

ビール腹を解消するには内臓脂肪だけではなく皮下脂肪も落とさないといけません。

上記で書いたように、

内臓脂肪は基本的にダイエットで体重を落とすことで優先的に消費されて減らすことができます。

なので、クリニックでよく勧められるのが、まずダイエット薬を使った治療方法です。

ダイエットで主に内臓脂肪を落とすおすすめ治療はコレ

サクセンダ

⇒内臓脂肪を減らすことができる

サクセンダ注射はGLP-1というホルモンを自分で1日1回お腹に注射することで、血糖値のコントロールをして、食べる量や食欲を自然と減らす事ができる注射です。

食事制限ができないからダイエットができないという方も、

サクセンダがあれば、注射をするだけでいつもと同じ生活を続けるだけで食事制限ができてしまうので「ラクやせ注射」として大人気の治療方法です。

サクセンダを注射するだけで体重を落とすことができるので、内臓脂肪を落とすのに向いている治療です。

↓サクセンダが安いおすすめクリニック

サクセンダをオンラインで購入できるクリニックが探せます。

ビール腹は内臓脂肪を落とすだけでは解消されません。以下で皮下脂肪に対するアプローチも必要です。

 

お腹周りの皮下脂肪を落とすおすすめ治療はコレ

クールスカルプティング

⇒皮下脂肪をマシンで減らすことができる

クールスカルプティングはお腹周りなど気になる部位に使用することで皮下脂肪を確実に減少させる事ができるマシンです。

脂肪を4℃にまで冷やし固める事で、脂肪細胞をアポトーシス(死んだ状態)させて尿などから排出させる事ができます。

クルスカは1回で大体20%~24%の脂肪細胞を減少させるという医学データがあり、厚生労働省も認めている医療ダイエット治療です。

切らない治療でしっかりと皮下脂肪を落としたい方にとても向いています。

↓クールスカルプティングが安いおすすめクリニック

クールスカルプティングがうけられるクリニックが探せます。

脂肪吸引

⇒皮下脂肪を物理的に吸い出す治療方法

脂肪吸引は狙った場所の脂肪を吸引して取ってしまう事ができて、1回で大幅に脂肪を減らすことができる治療方法です。

また、脂肪吸引をする際にどのような見た目にするかを、ある程度自由にデザインする事ができるのも大きなポイントです。

美しいボディラインやくびれをしっかり作って、見た目的にも美ボディと言われるような状態に持っていくことができます。

効果は他のどの治療方法よりも高くメリットは非常に大きいですが、

治療後のダウンタイムとして施術後の痛み(3日目くらいがピーク)とダウンタイム(腫れや内出血など)というデメリットがあります。

スケジュール的に問題なくてデメリットが気にならないのであれば、効果的には一番なので、かなりおすすめの治療方法です。

↓脂肪吸引が安いおすすめクリニック

脂肪吸引がうけられるクリニックが探せます。

脂肪溶解注射

⇒皮下脂肪を注射によって減らす治療方法

脂肪溶解注射は「デオキシコール酸」というアメリカのFDAで効果が認定されている脂肪溶解成分を含んだ注射を気になる部位に注射をする治療になります。

脂肪溶解注射を行う事で脂肪細胞を溶かして吸収・排出してくれるのでピンポイントで狙った部位の脂肪を落とすことができます。

また、脂肪吸引と同様に脂肪細胞の数も減るので、注射した部分はリバウンドもしにくくなります。

脂肪溶解注射は色々な種類があります。

顔の脂肪であればBNLSアルティメット注射が人気になっていますが、

お腹周りなどの脂肪が多い身体の部位に注射するのであれば、デオキシコール酸の濃度が高い、ある程度は強力な脂肪溶解注射を打った方が効率が良いです。

デオキシコール酸の濃度が高い注射は腫れなどのダウンタイムが出やすいですが、お腹周りなどであれば服で隠せますし目立たないので気になりません。

↓脂肪溶解注射が安いおすすめクリニック

脂肪溶解注射がうけられるクリニックが探せます。

↓脂肪吸引と脂肪溶解注射はどっちがいい?

こちらでどっちがいいか比較しています。

上記で紹介しているように、

「内臓脂肪に効く治療方法」「皮下脂肪に効く治療方法」をセットで組み合わせて治療をしていくのが最も効率的で最短でお腹周りの脂肪を落とすことができます。

健康診断で内臓脂肪を減らすように言われた・・・
女性でビール腹になっていて「みっともない」と親や友達に言われてしまった・・・

という方は、本格的にビール腹の解消を考えてみては?

クリニックでは無料で相談やカウンセリングを受ける事ができます。無料なので1回時間を作って気になったクリニックに行って話を聞いてみましょう。

このようにビール腹を解消するには、内臓脂肪と皮下脂肪の両方にアプローチをしていく必要があるという事ですね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。