低用量ピルのおすすめは?種類一覧!マーベロン、トリキュラー、ヤーズどれがいい?太るって本当?

女性のお悩み

低用量ピルって種類がたくさんあるけど、どれを選んだらよいか分からない・・・おすすめのピルってどれ?

低用量ピルは避妊対策として飲んでいる人も多いですが、避妊以外にも様々な効果があり、単なる避妊薬ではありません。

特に男性で誤解している人がとても多いですが、

低用量ピルは生理痛緩和、生理不順の正常化、生理の出血が減る、生理前や生理中のイライラの軽減、PMS(月経前症候群)対策、ニキビ改善、子宮内膜症の予防などなど

女性特有の悩みに嬉しい効果がたくさんあり、避妊対策以外を目的として飲んでいる方もかなり多いです。

低用量ピルの種類の違いを解説!

低用量ピルは1相性と3相性が主流になっている

1相性の低用量ピル
1シート中でホルモン量がずっと一定のものを飲むタイプになります。

3相性の低用量ピル
1シート中でホルモン量が3段階に変化します。より生理周期に近いホルモン配合バランスで自然なホルモン量の出方に近いです。

この1相性と3相性が今主流のピルになっています。

1相性で有名なのはマーベロンです。3相性で有名なのはトリキュラーです。

低用量ピルは21錠タイプと28錠タイプがある

ピルには21錠タイプと28錠のタイプがあります。
ピルには休薬期間が必要ですが、この休薬期間の取り方で21錠と28錠のタイプで違いがあります。

21錠タイプ
21日間飲んで7日間休薬するタイプです。休薬期間中は何も飲まないで折り目を付けたりして管理をします。

28錠タイプ
28錠タイプは28錠中21錠に薬の成分が入っていて最後の7日間分はプラセボ(偽薬)になっています。そのため、21錠の服用と7日間のプラセボ(偽薬)を飲むことになり休薬が自然に取れるという形になっています。

休薬期間の間も毎日必ず1錠を飲み続ける事になるので低用量ピルの服用する習慣をつけたい方は28錠タイプの方が良いですね。28錠タイプなら飲み忘れを防ぐ事ができます。

飲み忘れをよくしてしまう方や次のシートの飲み始めを忘れそうな方の場合は28錠タイプを選ぶのがおすすめです。

↓低用量ピルの種類一覧はこちら!

低用量ピルの種類一覧!どれがいい?

低用量ピルの種類は色々あります。

ピル 世代 何相? 保険 ホルモン
ルナベルULD 第1世代 1相性 保険適応 ノルエチステロン
フリウェルULD 第1世代 1相性 保険適応 ノルエチステロン
シンフェーズ 第1世代 3相性 自費 ノルエチステロン
ジェミーナ 第2世代 1相性 保険適応 レボノルゲストレル
トリキュラー 第2世代 3相性 自費 レボノルゲストレル
ラベルフィーユ 第2世代 3相性 自費 レボノルゲストレル
アンジュ 第2世代 3相性 自費 レボノルゲストレル
マーベロン 第3世代 1相性 自費 デソゲストレル
ファボワール 第3世代 1相性 自費 デソゲストレル
ヤーズ 第4世代 1相性 保険適応 ドロスピレノン
ヤーズフレックス 第4世代 1相性 保険適応 ドロスピレノン

※横にスクロールできます

自費の低用量ピルは使用目的が避妊であり、病気の治療に使用するものではないので保険が使えません。月経困難症や子宮内膜症の治療目的の場合でルナベル、フリウェル、ジェミーナ、ヤーズ、ヤーズフレックスは保険適応になります。

ただしかかる費用に関してはあまり変わりません。

↓低用量ピルが病院に行かずにオンライン診療で買える!

低用量ピルをオンラインで購入したいなら上記のページから!

世代によってホルモンの種類が変わり特徴に違いがある

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが入っていますが、
世代によって配合されているプロゲステロン(黄体ホルモン)の種類に違いがあります。

第1世代⇒ノルエチステロン
生理時の出血量を減らす事ができ、生理痛を緩和させる効果

第2世代⇒レボノルゲストレル
子宮内膜が安定する事で不正出血が起こりにくく、生理をずらす事や遅らせる事など生理周期をコントロールしやすい

第3世代⇒デソゲストレル
男性ホルモンの作用抑制効果が高く、大人ニキビや肌荒れに悩む方におすすめ

第4世代⇒ドロスピレノン
抗ミネラルコルチコイド作用でむくみにくい、ホルモン変動が少ない

卵黄ホルモンに関してはどの世代もエチニルエストラジオールで同じで、基本的な避妊効果や月経困難症の治療や生理不順の正常化などはどのピルにもあります。

また、新しい第4世代の方が効果が強いように思いがちですが、ただ単に発売された時期の順番に世代分けされているだけでピルの効果に差があるとかはありません。

低用量ピルは色々な種類がありますが、全てエストロゲンとプロゲステロンを含んだ薬になっています。

違いは主にそれぞれの薬に含まれているホルモンのバランスが少しずつ異なっているというだけでほぼ同様の効果が期待できます。

ある1種類の低用量ピルを使っていて副作用がひどいなと思った場合、別の種類のピルに変更したら副作用が全くでなかったというケースもよくあります。

低用量ピルを飲むと太るって聞いたけど・・・

よくピルを飲むと太るって言っている人が多いですが、低用量ピルを飲んで太るとか脂肪が増えたりという副作用はないですし、直接的にピルと太る事の関係性はないという研究データが出ています。

ただ、ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが入っていて、この2つのホルモンには体内の水分をためやすくするという作用があるため、むくみが原因で体重が増加したり、見た目的に太ったと感じる場合はあります。

色々な薬がありますが、むくみによる体重増加の発生頻度は0.1~5%未満となっていて、発生率はとても少ないです。

もしむくみによる体重増加があった場合でも、飲み始めた最初の2~3ヶ月程度で症状は収まっていきます。

また、低用量ピルを服用する事によってホルモンバランスが整ったり体質が改善されて、食欲増進に繋がって少し食べる量が増えてしまう事によって体重が増えるというケースも考えられます。

こちらも上記と同様に飲み始めてから最初の2~3ヶ月程度で落ち着いてきます。

⇒低用量ピルのオンライン診療はこちら

低用量ピルは色々な種類があります。自分に合った低用量ピルを探してみてください!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。