おでこの深いシワをなくすおすすめ整形!額や眉間の横ジワを消す【ボトックス/ヒアルロン酸】

美容クリニック

30代40代で気になり出すおでこのシワ・・・。おでこにできてしまった深いシワをなくす治療ってどれがおすすめ?簡単にできるやつって何かあるの?

今はマスクをする事がほとんどなので、基本的に目とおでこしか出てません。

そうなると相手からの第一印象とか美人そうだな~というのが、ほぼ目とおでこだけの印象で決まってしまいます。

つまり、おでこが今まで以上に見られるし影響が大きいという事になります。

おでこには前頭筋(※眉毛を上げる筋肉)があって、この筋肉がよく過緊張を起こしていたり、加齢によって皮膚がたくし上げられていくと楽器のアコーディオンのようにシワが刻まれていきます。

そうすると、いつの間にか気付いたら横ジワが刻まれている状態になっています。

おでこや眉間に横ジワや深いシワが入っていると、それだけで老けて見られますし見た目年齢も高く見られます。

しかし、安心してください!

上記のようにおでこにできる横ジワは結構簡単になくす事ができます。例えばボトックス注射であれば1回3,000円台くらいで消す事が出来てしまいます。

おでこのシワというと、まだ刻まれてなくて表情を作った時にだけ出る表情ジワと、もうすでに無表情でも横に入ってしまっている刻まれたシワの2種類があります。

シワの種類によって、それぞれ治し方が変わってきます。

ここでは、そんなおでこや眉間にできてしまった深いシワをなくすおすすめの整形治療を特集しました。

↓おでこや眉間の深いシワをなくす!

おでこや眉間の深いシワをなくすのにおすすめの整形・治療方法!

おでこのシワには2種類あって、表情を作った時に出る表情ジワと何もしなくても出来てしまっている刻まれたシワがあります。

このどちらかによって適用する施術が変わってきます。

ボトックス注射

【おでこの表情ジワを消す】

最も手軽にできるおでこや眉間のシワなどの表情ジワをなくす治療としておすすめなのがボトックス注射です。

安いクリニックならおでこボトックスが1回3,000円台で受ける事ができるので手軽です。

ボトックスをおでこに打つ事によって顔の筋肉が動くことでできる表情ジワを目立たなくさせる事ができます。

具体的には眉毛を上にあげた時にクッキリできるような深い表情ジワをなくすのに効果的です。逆に無表情の時でも、クッキリとおでこに刻まれたシワがあるという人には向きません。

ボトックス注射ではクリニックや施術するドクターによっても違いますが、おでこの場合は筋肉の動きを見てマーキングして6~7ヵ所程度に注射をします。

施術後は注射をした部分がちょっと赤くなる程度でダウンタイムはほぼありません。

効果に関しては注射をしてから2~3日後くらいから効果が出てきて約1週間で完成します。そして、約3~6ヶ月は効果が持続するというイメージになります。

ですので、効果が切れてきたかなぁ~と感じたら、定期的にうけてキープするという形になります。

1年に2~3回程度通う事でキープしていく事ができるので、値段的にもコスパはかなり良い治療です。

上記のようにボトックス注射の注入量によって筋肉な動きをやや残しつつ自然に横ジワを目立たなくするという事も可能です。

ボトックス注射は筋肉を動きを抑える事で表情ジワをなくすという作用で人気ですが、実は皮脂の分泌を抑える効果もあります。

おでこに打つ事で皮脂の分泌が減るので、その影響でおでこにニキビができにくくなったりもします。

そしてこれはあまり知られていない事なんですが、ボトックスをおでこに打つとツヤ肌になるという効果もあります。

ですので、ミドル世代の方がボトックスを打つ事でおでこがピンとしてツヤがでるので、より綺麗な美肌に見えるようになります。

ボトックスが向いていない人は、既に無表情でもおでこにシワが刻まれてしまっている人です。

あとは元々目が重たいとか眉毛を上げて目を開く癖があるような方だと、ボトックスによっておでこの筋肉が弱まるので目が重たくなったり違和感が凄い出たりという事になりかねません。

そういった方は以下のヒアルロン酸などの注入系がおすすめになります。

ボトックス注射が安いクリニック一覧

品川美容外科
⇒ボツリヌストキシン(ニューロノックス)
・額上部・中部⇒3,350円
・眉間⇒3,350円
湘南美容クリニック
⇒ボツリヌストキシン(リジェノックス)
・額⇒3,500円
・眉間⇒3,500円
TCB東京中央美容外科
⇒ボツリヌストキシン(ボツラックス)
・額⇒3,500円
・眉間⇒3,500円

上記がおでこのシワへのボトックス注射が安いクリニックになります。

上記の3クリニックが特にボトックスが安くておでこボトックスが1回3,000円台で受ける事ができるのでおすすめです。

診察料・カウンセリング料は無料なので相談だけとか見積もりだけ出してもらうという事も可能です。

↓ボトックス注射が安いおすすめクリニック

※ボトックス注射の特集ページはこちら。

ヒアルロン酸注入

【おでこの刻まれたシワを消す】

無表情な状態でも常におでこにシワが刻まれてしまっている人の場合は、ヒアルロン酸を注入してそのシワの溝を埋めてあげる事によってシワをなくす事ができます。

ヒアルロン酸の場合は施術直後からすぐにシワがなくなるので即効性が高いです。

また、加齢によっておでこの部分が痩せてくると老けて見えるので、ヒアルロン酸によってボリュームを出す事で皮膚にもハリが出て若々しく見えるのも特徴です。

効果がどのくらい持続するか?という事ですが、ヒアルロン酸注入の場合は使用する種類によって違いますが、約1年~1年半くらいは持ちます。

ヒアルロン酸は種類がたくさんあって、1本3万円台の値段が安いヒアルロン酸と、1本6~7万円する値段が高いヒアルロン酸では長持ち度や質が大きく変わってきます。

おでこのヒアルロン酸では軽度であれば1本1ccだけで済みますが、刻まれている横ジワが多かったり、全体的にボリュームを出すという場合には3ccのヒアルロン酸を使用するのが一般的です。

ヒアルロン酸は安いクリニックでも1本3万円~7万円くらいはするので、値段はボトックスと比べるとかなり掛かってくるのがデメリットです。

メリットとしてはボトックスと比べるとヒアルロン酸の方が長持ちしますし、既に刻まれてしまったシワでも消す事ができます。

もちろん、まぶたが重たくなったりというようなリスクもゼロでできます。そして施術直後から効果があるという即効性もメリットになります。

おでこのヒアルロン酸はシワをなくすだけではなく、ボリュームを作って、若々しく女性らしいおでこに調整できるので値段に見合うだけの若返り効果はあると思います。

ですので、例えば年1回を定期的に続けると考えた場合に、お金には余裕があるし予算的に問題がないならヒアルロン酸はおすすめになります。

ヒアルロン酸注入が安いクリニック一覧

TCB東京中央美容外科
・ダイヤモンドフィール(1本1cc)⇒19,200円
・ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC(1本1cc)⇒34,800円
・ジュビダームビスタ ボリューマXC(1本1cc)⇒69,800円
・ジュビダームビスタ ボリフトXC(1本1cc)⇒69,800円
湘南美容クリニック
・ヒアルロン酸 CRMジェル(1本1cc)⇒20,160円
・ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC(1本1cc)⇒34,800円

・ジュビダームビスタ ボリューマXC(1本1cc)⇒69,800円
・ジュビダームビスタ ボルベラXC(1本1cc)⇒69,800円
・ジュビダームビスタ ボリフトXC(1本1cc)⇒69,800円
・ジュビダームビスタ ボラックスXC(1本1cc)⇒72,800円
TAクリニック
・ヒアルロン酸(1本1cc)⇒26,800円
・ジュビダームビスタ ウルトラXC(1本1cc)⇒68,000円
・ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC(1本1cc)⇒68,000円
・ジュビダームビスタ ボリューマXC(1本1cc)⇒88,000円

品川美容外科
・ジュビダームビスタ ウルトラXC(1本1cc)⇒34,800円
・レスチリン リフトリド(1本1cc)⇒51,840円
・ジュビダームビスタ ボリューマXC(1本1cc)⇒69,800円

・ジュビダームビスタ ボルベラXC(1本1cc)⇒69,800円
・ジュビダームビスタ ボリフトXC(1本1cc)⇒69,800円

上記がおでこのシワへのヒアルロン酸注入が安いクリニックになります。

TCB東京中央美容外科がダイヤモンドフィールというヒアルロン酸で1本1ccが19,200円という超格安で提供してくれています。

⇒TCB東京中央美容外科はこちら

診察料・カウンセリング料は無料なので相談だけとか見積もりだけ出してもらうという事も可能です。

脂肪注入

【おでこの刻まれたシワを消す】

脂肪注入はヒアルロン酸注入と同じように、既に刻まれてしまっているおでこのシワをなくしてボリュームを出す事が可能です。

CRF(コンデンスリッチファット)と呼ばれていて、脂肪注入は太ももの内側などから自分の脂肪を取って、遠心分離機にかけて必要な脂肪細胞だけを残します。

遠心分離機にかける事によって弱った細胞や使えないものを分離して定着率の高い脂肪だけを残します。

それをボリュームを出したい所に注射器で注入するという施術方法になります。

脂肪を取ってくる部位は太ももの内側が適切ですが、どこの部位から取るか選べますので、例えば二の腕を細くしたいとか、ウエストを細くしたいとかを考えている人であれば、同時にその部分を細くする事ができるので一石二鳥の施術となります。

施術中は麻酔で完全に寝ている状態でやるので痛みや怖さなどはありません。

上記のように既に刻まれてしまった横ジワをなくす事ができて、ボリュームも出て10代20代の頃のようなハリのあるおでこになれます。

また、自分の脂肪を使うので仕上がりもナチュラルになります。

脂肪注入は1回にかかる値段はとても高いのですが、脂肪注入は1回入れれば定着して効果は半永久的に続くのが大きなポイントです。

もちろん全てが定着するわけではないですが、遠心分離機にかけて不純物を除去した脂肪を注入するコンデンスリッチの方法ですと、最終的な定着率は70%程度と言われています。

質の高い脂肪注入をしたいならコンデンス(濃縮)する技術を使用したコンデンスリッチを選ぶのがベストです。

ヒアルロン酸のようになくなったら足す・・・というのをを繰り返さなくてよいので長期的な目で見るとヒアルロン酸よりもコスパが良くなります。

デメリットは内出血などのダウンタイムがややある事です。

基本的に注入した部位と脂肪を取ってくる足に内出血が起こるので、そのダウンタイムが大体1週間~10日くらいとなっています。

ただし取る範囲も量も少ないので痛くて歩けないというようなダウンタイムではなく、日常生活に影響が出るようなダウンタイムではありません。

注入したおでこの方はどうなるのかというと、おでこが腫れると言うよりも、重力によって内出血やむくみが下がってくるので特に目の周りなどに内出血やむくみが出た状態になります。

ただし、顔に出てくる内出血やむくみもメイクで隠せるレベルになっています。

脂肪注入に関しては注入した自分の脂肪に新しく血流が出来て完全に定着して完成するまでに大体3ヶ月くらいかかります。

見た目的に最初は「ちょっと入れすぎかも?」と思う方もいますが、最終的な定着率は70%程度なので施術後からボリュームは徐々に減って丁度良い感じになります。

完璧な状態になるまでは時間がかかるので、最初の1~2週間くらいは「なんかおでこ出過ぎじゃない?」と不安な気持ちが生まれてしまうのもデメリットの一つではあります。

しかし、それを乗り切れば一生もののキレイなおでこが手に入ります。

一度やれば、若い頃のシワのないハリのあるおでこが手に入るというのが脂肪注入の一番大きなメリットになっています。メリットが大きすぎてデメリットが霞みます。

自分の脂肪を使用するので安全でリスクも非常に少ない治療と言えます。

脂肪注入が安いクリニック一覧

湘南美容クリニック
⇒SBCリッチフェイス法

・採取作成料⇒66,000円
・額⇒206,250円

⇒コンデンスリッチフェイス法
・採取作成料⇒148,500円
・額⇒206,250円
・額+こめかみ⇒280,500円

TCB東京中央美容外科
⇒ナノファット2.0
・採取作成料(スタンダード)⇒66,000円
・採取作成料(ナノファット)⇒225,700円
・額⇒206,300円
・額のシワ1本⇒82,500円

もとび美容外科クリニック
⇒顔の脂肪注入

・採取作成料⇒82,500円
・額⇒248,000円

⇒コンデンスリッチフェイス法
・採取作成料⇒173,800円
・額⇒248,000円

渋谷美容外科
⇒顔の脂肪注入
・額⇒379,500円
東京美容外科
⇒顔の脂肪注入
・採取作成料⇒220,000円
・額⇒330,000円

上記がおでこのシワへの脂肪注入が安いクリニックになります。

脂肪注入の値段に関しては、採取作成料+部位別の追加料金という形になっているクリニックがほとんどです。中でも値段が安いのが湘南美容クリニックでSBCリッチフェイス法を使ったおでこへの注入が272,250円で済みます。

また定着率を上げたコンデンスリッチフェイス法でも354,750円となっています。他のクリニックと比べても10万円くらいはお得な値段になっているのでおすすめです。

⇒湘南美容クリニックはこちら

診察料・カウンセリング料は無料なので相談だけとか見積もりだけ出してもらうという事も可能です。

ボトックスとヒアルロン酸と脂肪注入はどれがいい?おでこのシワ取り比較

ボトックスヒアルロン酸脂肪注入のどれがいいか迷う人もいますが、以下で違いをまとめてみました。

どんなシワにおすすめ?

◎ボトックス
⇒表情を作った時にできるおでこの表情ジワをなくす

◎ヒアルロン酸
⇒無表情でも刻まれたおでこのシワをなくす
◎脂肪注入
⇒無表情でも刻まれたおでこのシワをなくす

長持ちするのはどれ?

△ボトックス
⇒約3ヶ月~6ヶ月

○ヒアルロン酸
⇒約1年~1年半くらいが目安。使用するヒアルロン酸の種類によっても違う
◎脂肪注入
⇒1回やると定着した分の効果は半永久的

ダウンタイムはどう?

◎ボトックス
⇒注射の針跡が僅かに残る程度。ほぼ気になりません

◎ヒアルロン酸
⇒注射の針跡が僅かに残る程度。ほぼ気になりません
△脂肪注入
⇒足と顔の両方に1週間~10日程度のダウンタイムがある

値段はどれが一番安い?

◎ボトックス
⇒安い所なら3,000円台でできる

○ヒアルロン酸
⇒一番安いTCBなら1本2万円弱。おでこは2本~3本は使用するのが通常
△脂肪注入
⇒一番安い湘南なら27万円台でできる。コンデンスリッチ法だと35万円台。
(※ただし、長期的に見るとコスパは◎)

ボトックスやヒアルロン酸は定期的に施術を受けないといけません。

だから、維持するのにお金が必要になってきます。

おでこのシワが気になった・・・という人のほとんどはボトックスかヒアルロン酸注入から入ります。

特にボトックス注射はかなり安いのでかなりお手軽に受けられる治療です。

上記は湘南美容クリニックの例ですが、より値段が高いアラガン社製のボトックスでもたった8,000円のみでできます。値段の安いボツリヌストキシン(リジェノックス)ならたった3,500円のみでできます。

ボトックスやヒアルロン酸は劇的にシワがなくなるのでやってよかったぁ~と感じやすく満足度はかなり高い治療になっているので、リピート率はメチャクチャ高いです。

ただ、美容クリニックの上級者になってくると、途中から定期的に打つのが面倒になったり、継続する費用が気になって1回の値段は高いけど半永久的に効果がある脂肪注入に思い切って変えるという人も多いです。

脂肪注入は1回やれば定着した脂肪は一生そのままになるので、長期的に見ると実はヒアルロン酸よりもコスパが良い治療です。

他にも全く別のアプローチをする、PRP皮膚再生療法とか幹細胞培養上清液注射などの再生医療で改善しようとする人もいます。

これらの再生医療に関しては即効性はないですが、若返りの再生医療なので根本的な改善が望めるような治療になっています。

一つの選択肢としてチェックしてみるのもありです。

結局おでこのシワをなくすにはどれがおすすめか?

どれがおすすめか?というのは人それぞれなのでとても難しいです。

脂肪注入をするのが一番良いとは思いますが、美容医療を受けた事のない人からすると、ちょっといきなりハードルが高すぎるような気がします。

ですので、まだ美容クリニックにあまり慣れていない方はまずは、ボトックスヒアルロン酸から入るのが一番手軽ですし良い選択だと思います。

慣れて来たら脂肪注入を検討するというのが良いのではないでしょうか?

また、刻まれていないおでこの表情ジワであればボトックス一択です。今後刻まれないようにする予防効果も高いので、こちらは早めに受けるのがおすすめです。

10代のおでこは丸みがあってツルっとしていますよね?

そんなシワがなくてツヤのあるキレイなおでこを取り戻す事ができるのが、ボトックス注射やヒアルロン酸注射や脂肪注入になります。

シワがあるのとないのでは全然違いますし、マスクで隠せない部分だからこそ凄く差が出ます。

ボトックス注射やヒアルロン酸注射はどちらも安全面や値段的に見て、かなり手軽に受けられる治療になっているので美容医療を受けるのが初めての方にもおすすめの治療です。

初診料・カウンセリング料は無料になっているので、おでこや眉間にできた深いシワを消したい方は一度クリニックに足を運んでみては?

おでこの深いシワをなくすおすすめの整形であるボトックス注射ヒアルロン酸注射脂肪注入を解説しました。どれもおでこや眉間にできた横ジワを消すのにおすすめの治療となっています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。