ディフェリンゲルが安い激安通販サイト!効果は?正しい使い方と塗り方【個人輸入】

美容アイテム・お薬

ニキビ治療で皮膚科やクリニックで処方される定番の塗り薬がディフェリンゲルです。ここではディフェリンの効果や正しい使い方を解説しています。

ニキビというのはホルモンや食生活の乱れなどの影響により皮脂分泌が活発になり皮脂や角質が詰まって毛穴が塞がる事で、白ニキビができます。

そして、毛穴の中のアクネ菌が増殖する事で炎症した赤ニキビになっていきます。

つまりニキビというのは「毛穴の詰まり」が根本的な原因になっています。

じゃあ、その毛穴の詰まりをなくせばニキビができなくなるじゃん!と思った方もいると思いますが、正解です。

その毛穴の詰まりを取ってニキビを改善する薬としてよく使われるのが、ニキビ治療薬として厚生労働省が認可をしている「ディフェリンゲル」になります。

ちなみにアダパレンというのもありますが、ディフェリンの後発品で同じ成分の薬なので効果は同じです。

ディフェリンゲルやアダパレンは美容皮膚科や美容クリニックなどのニキビ治療でも、よく処方されるニキビ治療の定番の塗り薬となっています。

↓ディフェリンゲルの効果ってどうなの?

ディフェリンゲルの効果は?ニキビや毛穴の詰まりに効く!

ディフェリンゲルは2008年に日本で発売されてからニキビ治療を大きく進化させて、今ではニキビ治療の定番となっている塗り薬です。

ディフェリンゲルの有効成分はアダパレンで上記のようにディフェリンゲルの作用で毛穴のつまりを改善します。

毛穴に皮脂が詰まる事がなくなる事でくり返すニキビの発生や進行を防ぐ事ができます。

実際にディフェリンゲルでニキビ治療をした方のビフォーアフター画像になります。

原因となる毛穴のつまりを取り除いて炎症を抑える事によって、特に白ニキビ、黒ニキビの段階のニキビを改善する事ができます。

もちろん新しくニキビができにくくできるので、今ある炎症ニキビも自然と減っていきます。炎症が激しい場合は抗生物質などと併用するのが基本です。

また、毛穴の詰まりを改善する作用があるため、毛穴の黒ずみいちご鼻の改善にも効果的な薬となっています。

★ディフェリンゲルの効果は色々
・毛穴の詰まりを改善する
・今ある白ニキビ・黒ニキビの改善効果

・ニキビをできにくくする予防効果が高い
・ターンオーバー促進
・炎症後色素沈着やニキビ跡の改善効果
・肌のトーンやテクスチャを改善

ディフェリンはニキビの治療薬なので、意外だと思う人もいるとは思いますが、実はニキビを治す以外にも、色々な美肌効果もあったりします。

ニキビを治すだけでなく、美肌効果もあるのなら使い続けてみたい!と思う人も多いのではないでしょうか?

でもよく考えたらアダパレンは、ビタミンA誘導体と作用機序も似ているので、ゼオスキンとかトレチノインと同じように、レチノイド(ビタミンA誘導体)の外用薬と似たような効果があっても当然ですよね。

メインのニキビの改善効果に関してはディフェリンゲルの効果を確かめる臨床試験で3ヶ月使用をする事で約63.2%のニキビの減少効果がある事が分かっています。

これは現在、ニキビが30個あったとしたらそれが10個程度まで減るという事になります。

上記のように別のデータでも3ヶ月で65.2%の改善率となっています。

もっと長く使い続けたらどうなるのか?は1年間の長期安全性試験のデータによると約77.8%のニキビ減少効果がある事が分かっています。

ディフェリンゲルを使ったらニキビが悪化した・・・という人がたまにいますが、ディフェリンはビタミンA誘導体の副作用で乾燥してカサカサしたり赤くなったりする場合があります。

そうなると一見悪化したように見えたり、乾燥やカサカサや皮剥けが辛くてそこで中断してしまう人もいますが、これらの症状は2週間くらい使っていると慣れてきて大丈夫になってきます。

ディフェリンは3ヶ月使用する事でニキビを改善する事ができるというエビデンスがしっかりとあるニキビ薬です。

だから、最初の2週間は「ちょっと悪化したなぁ~」とか「逆にニキビが増えるような感じ」があったとしても頑張って続けるようにしましょう。

ディフェリンゲルが凄いのは今あるニキビの改善効果だけではなく「ニキビをできにくくする力」です。

ニキビが治ってきてからも数か月程度塗り続ける事で、繰り返していた新しいニキビが本当にできなくなってきます。

繰り返すニキビが全くできなくなるのは感動ものです。

また炎症後色素沈着軽度のニキビ跡の改善効果も認められているので、できるだけ長期間使用するのをおすすめします。

↓ディフェリンゲルはどこで買えるの?

ディフェリンゲルはオンライン処方で購入する事ができる!

ディフェリンゲルは美容皮膚科や美容クリニックなどでニキビの治療薬として処方してもらう事ができます。

もちろん医薬品の処方薬なのでamazonや楽天のような通販では購入する事ができません。しかし、ニキビ治療薬をオンラインで処方してくれるクリニックがあるので、病院に行かずに購入する事ができます。

クリニックフォア

オンラインでニキビ治療薬を処方してくれるクリニック!!

【オンライン/通院不要】

クリニックフォアは自宅に居ながら通院不要で皮膚科で処方されるクリニックと同じものをオンライン処方してくれるクリニックです。

スマホやPCで3分程度の簡単なオンライン診療を受けるだけで、ディフェリン(アダパレンゲル)、ベピオゲル、クリンダマイシンゲル(抗生物質)、イソトレチノイン、ヘパリン類似物質などをオンラインで購入する事ができます。

例えば、アダパレンゲル(ディフェリン)15gなら1,078円と値段もかなり安いですし、セット購入も可能です。

オンライン診療は電話ビデオチャットのどちらにも対応しているので、特に顔の状態を見てもらわなくても良い方は通常の電話のみで処方してもらえます。

2回目以降は同じ薬であればオンライン診療も診察料も不要になります。今まで皮膚科に行かないともらえなかったニキビ治療薬が自宅に居ながら購入できるようになってかなり便利になりました。

薬は早ければ最短翌日には自宅に届きます。保険証も不要で初診からオンライン診療が受けられます。

値段 ★ニキビ治療薬
・ベピオゲル15g⇒1,980円
・アダパレンゲル(ディフェリン)15g⇒1,078円
・クリンダマイシンゲル(ダラシン)10g⇒858円
・ヘパリン類似物質ローション0.3% 50g⇒968円
・ビブラマイシン(抗生物質)100mg 30錠⇒4,400円
★ニキビ治療薬セット
・軽症・中等症治療基本セット⇒7,304円
(※アダパレン(ディフェリン)、クリンダマイシン、ヘパリン類似物質、ビブラマイシン(抗生物質))
・重症治療基本セット⇒13,684円
(※アダパレン(ディフェリン)、ベピオゲル、クリンダマイシン、ヘパリン類似物質、ビブラマイシン(抗生物質))
・イソトレチノインセット⇒12,793円
(※イソトレチノイン、ヘパリン類似物質ローション)
・外用薬3点セット⇒2,904円
(※アダパレン(ディフェリン)、クリンダマイシン、ヘパリン類似物質)
★その他のお薬色々
・マーベロン28(1か月分)⇒2,783円
・スピロノラクトン50mg⇒2,525円
・ニキビ対策内服セット⇒5,797円
(※シナール、ノイロビタン、ハイチオール、ユベラ)

東京(田町院、新橋院、飯田橋院、有楽町院、大手町院、四谷院)
※2020年12月現在

↓今すぐオンライン診療で購入する!↓
ニキビ治療薬をオンラインでGET

⇒クリニックフォアはこちらから!

オンライン処方に対応したクリニックを利用すれば、忙しくて皮膚科に行けない人も、自宅で素早くニキビ治療を始める事ができます。値段も安いですし即日発送なので届くのも早いです。

ディフェリンゲルが安い!個人輸入の激安通販サイトはココ!

自分で通販のようにディフェリンゲルを購入したいのであれば以下のような個人輸入の通販サイトを利用するのもおすすめです。

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★ディフェリンゲル(45g)
・1箱⇒7,936円
・2箱⇒13,906円
・3箱⇒19,767円
★アダパレンジェル(15g)
・1箱⇒3,842円
・3箱⇒6,159円
・5箱⇒8,470円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★ディフェリンゲル(45g)
・1箱⇒8,698円
・2箱⇒15,238円
・3箱⇒21,666円
★アダパレンジェル(15g)
・1箱⇒4,211円
・3箱⇒6,747円
・5箱⇒9,280円
くすりエクスプレス ★ディフェリンゲル(45g)
・1箱⇒8,698円
・2箱⇒15,240円
・3箱⇒21,666円
★アダパレンジェル(15g)
・1箱⇒4,212円
・3箱⇒6,750円
・5箱⇒9,270円
メデマート ★アダフェリンジェル(15g)
・1箱⇒2,700円
・3箱⇒7,680円
・5箱⇒12,150円

※横にスクロールできます

個人輸入の通販サイトの中で一番おすすめなのが、ユニドラになります。

ディフェリンゲルとアダパレンジェルと2種類ありますが、アダパレンジェルはディフェリンゲルのジェネリック医薬品になっています。どちらもアダパレン0.1%配合で効果は変わりません。

皮膚科で処方してもらう場合はディフェリンゲル15gで約1ヵ月分ですが、個人輸入通販で購入できるディフェリンゲルは45gなので容量が3倍になっています。

ですので、最初はディフェリンゲル1箱だけの購入で大丈夫です。1本購入するだけで約3ヶ月は長持ちします。

⇒ユニドラはこちらから!

個人輸入の通販は海外からのお取り寄せになるので届くまでの日数は7日~14日程度を目安に考えておきましょう。どこのサイトも基本的に届くまでの日数はそれほど変わりません。

ディフェリンゲルの正しい使い方・塗り方を解説

ディフェリンゲルの使い方は同じようなニキビの塗り薬のエピデュオゲルなどと同じでとても簡単です。

具体的にはニキビが出来やすい場所全体に「夜に塗って朝に洗い流す」という薬になります。

1日1回夜に使用するだけなので、毎日続けるニキビケアとしてはそこまで面倒ではありません。

ディフェリンゲルの使用の流れ
・まずは洗顔をする
・保湿剤を使用する(※いつも使ってる乳液やクリームなど)
・保湿剤が乾ききった状態でディフェリンを使用する
・朝起きたら顔を洗いながす

というような流れになります。

保湿剤に関しては普段から使っている乳液やクリームや化粧水などでOKです。

ディフェリンゲルの場合、メーカーからはエピデュオゲルのように慎重に使うような指導はありません。

それはディフェリンゲルには刺激が強い成分である「過酸化ベンゾイル」が入っていないので刺激が抑えられていてより安全だからです。

顔全体に塗る場合に1回に塗る量は上記の画像のように、第一関節から指先までの量を使うワンフィンガーチップユニット(1FTU)です。

この量で顔全体を薄くカバーしていきます。

ニキビがある所にピンポイントに塗るのではなく、ニキビがない所にも満遍なく塗るようにします。

ディフェリンはニキビをできにくくする効果もとても高いので、顔全体に満遍なく塗る事で新しいニキビが出来るのを予防する事ができます。

ただし、まぶたや唇に塗るのは避けるようにする必要があります。

ディフェリンゲルは副作用があるので、使い始めて2週間以内に塗るのをやめてしまう人がとても多いです。

これはとてももったいないです。

ディフェリンゲルは先ほども載せたエビデンスデータのように、3ヵ月使い続ける事で大きな効果を発揮するので、途中で塗るのをやめることなく、まずは3ヵ月で一区切りという感覚で使用を始めてみてください。

ディフェリンゲルの副作用や危険性は?敏感肌だとキツイ?

ディフェリンゲルの成分であるアダパレンはレチノイド(ビタミンA)の仲間の一つのなので副作用があります。

長期安全性試験の結果によるとディフェリンゲルを3ヶ月間使用して何らかの副作用を感じた人の割合は約80%となっています。

ディフェリンゲルはビタミンA誘導体を含んだ薬になっているので当然、「ビタミンA反応」というものが出ます。

★主なビタミンA反応
・乾燥
・皮剥け
・赤み

起こる副作用としては上記の3つの副作用がほとんどになります。というよりもディフェリンゲルに含まれているアダパレンの効果によるもので起こるという形です。

ディフェリンゲルを使用し続ける事でほとんどの人が「肌の乾燥」を感じます。また割合的にはそこまで高くないですが、「軽い皮剥け」「赤み」が起こる場合もあります。

副作用に関しては肌の状態によって個人差があるので、使ってみないと実際は分かりません。ただ、乾燥に関してはほぼ起こると考えておいてよいと思います。

そういった薬の作用なので仕方ないです。

敏感肌の方で赤みや皮剥けのようにレチノイド反応が強く出てしまった場合の対処法は以下になります。

★副作用を抑えるディフェリンの使い方
・保湿剤を使用してその上にディフェリンを薄く塗る

・濃度の薄いディフェリンゲルを使用する
・ディフェリンを塗ってしばらくしたら洗い流す

これによってレチノイド反応をある程度は抑える事ができます。

洗顔後に保湿剤を使って、その後にディフェリンゲルを使用するという流れです。

これだけで副作用が出るリスクはかなり減らす事ができます。保湿剤に関しては普段から使っている乳液や化粧水などでOKです。

また、ディフェリン0.1%の濃度と0.03%の濃度で試した第3相臨床試験では当然ながら濃度が薄い方が乾燥や赤みや皮剥けのリスクが少なくなっています。

治療効果に関しては落ちますが、途中で使用をやめてしまうくらいなら薄い濃度のディフェリンゲルを使用するというのもありです。

ディフェリンゲルを塗って30秒~5分程度で洗い流すという方法も使えます。実験結果ではこの方法でも3ヶ月使用する事で41%ものニキビの減少効果がありました。

もちろん普通に使用するよりも効果自体はやや落ちますが、副作用が気になるのであればこういった使い方もありになってきます。

副作用が出るとすぐに私には無理・・・と途中で止めてしまう人が多いですが、ほぼ確実に効果があるものなので止めるのは非常にもったいないです。

ニキビ治療は続ける事がとにかく重要です。

ただし、どうしても肌に合わないという方は別の治療方法を考える必要があります。

例えば、飲み薬のイソトロイン(イソトレチノイン)や美容クリニックでできる薬に頼らないプラズマ治療などもあるので、そういった治療方法を選択肢に入れるというのも考えましょう。

※イソトロインの特集ページはこちら

※プラズマ治療の特集ページはこちら

同じようなレチノイド系の医薬品でトレチノインもありますが、それと比べるとディフェリンゲルはかなり副作用も少なく使いやすい薬になっています。

今あるニキビを改善するだけでなく、ニキビをできにくくする効果ターンオーバーの改善による炎症後色素沈着に対する効果もあります。

長期間使用する事でニキビのないキレイな肌が手に入ります。

お近くに皮膚科がない方皮膚科に行きたくないという方は、オンライン診療を利用して購入するのが一番便利です。

⇒オンラインでディフェリンゲルを購入!

ディフェリンゲルは皮膚科やクリニックでも処方される定番中の定番のニキビ治療薬です。3ヶ月間使用する事でとても高いニキビの改善効果があります。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。