AGAかどうかが分かる!AGA検査キット(毛髪ホルモン量測定キット)で診断【将来ハゲる?】

男性のお悩み

もしかしたらAGAかもしれない・・・薄毛が何となく気になり始めたら「AGA検査キット」で早めの診断をするのが大事です。

抜け毛が今までよりもかなり増えた・・・
前よりも毛が細く柔らかくなってきた・・・
おでこが広くなった気がする・・・

などハゲの症状に気付いて、

何とかしないと・・・と慌てて育毛剤や育毛シャンプーを買いに行ったりする人いると思いますが

ちょっと待ってください。

治療を始める前にまずは単なる老化など別の要因による薄毛なのか、それともAGAによる薄毛なのかをチェックしてまずは判別する必要があります。

何故なら、もしあなたが

AGAだった場合
⇒育毛剤や育毛シャンプーでのケアは意味がない

AGAじゃない別の原因での薄毛だった場合
⇒AGA治療薬を飲む必要はない

といったように効果が出る治療方法が変わってくるからです。

闇雲に治療を始めるのではなくて、

まずはAGAなのかを診断して原因を特定してから早期に薄毛治療をするようにしましょう。またDHT値を測定する事でアナタが将来ハゲるかどうかのリスクも分かるようになっています。

自宅で簡単AGA検査キット!

そもそもAGAによる薄毛の仕組みって何?

日本の成人男性の3人1人が発症していると言われているAGA(男性型脱毛症)。

AGAが進行してしまう主な原因は、

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭にある男性ホルモンの受容体と結合する事で起こります。

DHTが生成される原因は男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結びつく事。

ですので、AGA治療では5αリダクターゼをフィナステリド(プロペシアなど)という飲み薬によってブロックする事で、DHTの生成を止めるというアプローチ方法になります。

毛根にはヘアサイクルというものがあります。

・髪が伸びる「成長期」
・成長が止まる「退行期」
・髪が抜け落ちて新たに生えてくるまでの「休止期」

そして成長期⇒休止期⇒退行期というように、毛髪は一定のヘアサイクルを繰り返します。このヘアサイクルが20~40周すると毛根の寿命が終わり毛が生えなくなります。

正常時のヘアサイクルの場合は、

成長期が2~6年と長くて髪の毛はしっかりと成長します。

しかしAGAが発症していると、

成長期が数か月~1年ほどと短くなってしまいます。

そのため毛が成長しきれずに弱ってすぐ抜けてしまい、ヘアサイクルも短期間で1周してしまう事になります。

AGAは成長期が短くなることで髪の毛が細く小さくなっていく特徴があるので、頭頂部や前頭部の髪の毛が横とか後頭部の髪と比べて髪の毛が細くなっていたらAGAの可能性が高いです。

AGAは上記のようにホルモンと遺伝の影響が大きい進行型の疾患で、自然治癒する事はなく、治療しない限り薄毛が進行してしまいます。

自分がAGAだと分かったら、育毛剤とか育毛シャンプーなどでは意味がないため、すぐにでもAGA治療薬による薄毛治療を開始しなければいけません。

え?AGAじゃなかった・・・AGAの診断基準は結構あいまい

AGAかどうかは、AGA専門クリニックやその他病院などの医師による診察によって診断されます。

実際の診察では

・薄毛が気になるようになった時期
・家族に薄毛の人がいるか?
・生活習慣はどうなのか?

といったような問診が行われ、

マイクロスコープなどを使って髪の毛の太さや髪の量、毛根や頭皮の状態などを確認してAGAかどうかの診断をしていきます。

しかし、AGA診療ガイドラインには、

・細い髪の毛がどのくらいあるから・・・
・髪の毛の量がどのくらいだったら・・・

というように、「こうだったらAGAだよ・・・」

という明確な診断基準が定められていないため、アナタがAGAかどうかはその医者による判断に委ねられます。

診断基準がとても曖昧なため、ただ単に髪が薄いだけで「AGAですね。」と診断されてしまいがちです。

そして、本当はAGAじゃない別の原因で薄毛だったのにも拘らず、AGA治療薬で薄毛治療を開始してしまうというケースもあります。

その逆でただの薄毛だと思って育毛剤でケアをしていたのに、

実際はAGAでどんどん進行してしまっていたというケースもあります。

それだと全く意味ないですし無駄ですよね?

ですので、

まずは「自分かAGAかどうかをしっかり診断」しないといけません。

そこでおすすめなのが、最近新しく出てきた、

毛髪ホルモン量測定キットというAGA検査キットです。

この検査キットであれば、自分の髪の毛のホルモン量を調べる事ができます。

具体的にはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)量の測定をして、しっかり数値としてAGAの可能性が高いかどうかが分かります。

AGAクリニックに行っても今まではこんなにしっかりとDHTの量がはっきりと測定されることがなかったので、やっと明確に測定できるものが出てきた・・・といった感じですね。

毛髪ホルモン量測定キットのポイント
・自分がAGAなのか?将来ハゲるのか?がDHTの数値として明確に分かる
・AGA治療薬をすでに飲んでいる人も本当に薬でDHT値を抑えられているか分かる

毛髪ホルモン量測定キットがあればDHTの測定値によってAGAかどうかが分かるとともに将来ハゲる確率が高いのかが分かるようになっています。

自宅にいながら郵送でも検査ができるので、

最近薄毛に悩んでいるんだけど、AGAなのか、それとも別の原因で薄毛なのかをまずは診断してみる事をおすすめします。

自分がAGAかどうかが分かれば、

AGAだったら
⇒AGA治療薬などの薄毛治療を検討

AGAじゃなかったら
⇒その他育毛剤などでの薄毛治療を検討

というように、意味のない無駄な治療をせずに最適な治療方法を開始する事ができます。

AGA検査キットはより正確な診断をしたい方におすすめ!AGAクリニックなどでの診断だけだと、実はAGAじゃなかったという事にもなりかねません。

↓AGAかどうかが分かる!検査キット!

AGAかどうかがより正確に分かる!AGA検査キットで診断!

イースト駅前クリニック

【公式HP】https://www.eastcl.com/

髪の毛5本だけで分かる!自宅で簡単AGA検査キットが一番安い!

【AGA検査キットが最安値】

イースト駅前クリニックでは、自宅で簡単に自分がAGAかどうかが分かる検査キットを販売しています。

AGA検査キットをネット注文して届いたら頭頂部の髪の毛5本を採取して郵送するだけで簡単。一度も病院に行かないで検査をする事ができます。

検査キットではDHT(ジヒドロテストステロン)の量を解析する事で、頭皮診断などよりも確率の高い診断ができます。

DHTの数値が低くステージ1であればAGAではないのでAGA治療薬を飲む必要がなくなります。

検査結果が出るまでは2週間ほどかかります。薄毛が気になる方は、まず自分がAGAかどうかをしっかりと診断するのがおすすめです。

WEBから申し込みをする事で自宅に検査キットを郵送してくれます。他のいくつかのクリニックでもAGA検査キットを購入する事ができますが、ここと全く同じものですし値段はイースト駅前クリニックが最安値になっています。

予約も不要で診察代も無料になっているので、必要なのは検査キットの購入代金のみでOK!

値段 ・AGA検査キット⇒5,980円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、東京(新宿東口院、新宿西口院、新橋院、池袋院、上野院、渋谷院、秋葉原院、町田院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮院)、千葉(柏院)、愛知(名古屋院、名古屋栄院)、石川(金沢院)、静岡(静岡院)、京都(京都四条鳥丸院)、兵庫(神戸三宮院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、福岡(博多院)
※2020年12月現在

↓AGAかどうかが分かる検査キット↓
AGA検査キットを試してみる!

AGA検査キットは上記のイースト駅前クリニックが最安値になっています。AGA検査の結果でDHTの数値が分かりますが、「ステージ1」ならAGAの心配はないので良い結果が出たら嬉しいですね。

AGA検査キット(毛髪ホルモン量測定キット)の使い方

イースト駅前クリニックのホームページから、WEBでの購入をする事でご自宅にAGA検査キットが届きます。

※病院に行ける人は直接行って購入してもOK

自宅に検査キットが届いたら、

基本情報の記入を行い、前頭部か頭頂部の3cm以上ある髪の毛を5本程度採取して、指定の台紙に張り付けてポストに投函して郵送します。

毛髪検査センターにてDHT値などを測定して検査結果がメールにて通知されます。

結果が届くまでには約2週間程度かかります。

検査ではDHT値やリスク度が分かります。

毛髪中のDHT量をもとにAGAのリスクが示されるので、マイクロスコープなどによる医師の診断だけよりも確実なAGAの診断が可能です。

ステージ1であればAGAの問題はなしなので、AGA治療薬を飲み始める必要はありません。

もしもAGAだと分かったら育毛剤とかでは対処ができないので、AGAの治療を行う必要性があるという事になります。

また、測定結果をもとにクリニックで診察を受けることで、

薄毛の原因や進行具合やあなたに合った効果的な治療法の提案をしてもらう事も可能です。

⇒AGA検査キットはこちらから

AGAは進行型の病気なので早期に治療を開始するのが鉄則です。

なんとなくでも薄毛の前兆に気付いたのだとしたら、少しでも早めに行動をするようにしましょう。

そしてもし自分がAGAだと分かったら、育毛剤などでは対処できないので、今すぐにでもクリニックでAGA治療薬による薄毛治療を始めましょう。

基本的な治療方法はAGA治療薬による薄毛治療になります。

フィナステリド(プロペシアなど)
⇒「5αリダクターゼ」をブロックする事でDHTの生成を抑制しAGAの進行を止める薬

ミノキシジル
⇒DHTによって悪化した血行を改善してしっかり栄養を送り新しい毛を生やす薬

AGA治療の一般的な方法としては、

フィナステリド錠+ミノキシジル(外用薬)

というのが基本的な組み合わせになります。初めてのAGA治療では上記の組み合わせから始めるのがおすすめ。

AGA治療は自宅からオンライン診療のみでも開始する事ができるので、病院に行けない人もすぐに治療を始める事が可能です。

↑オンライン診療があるAGA治療クリニック一覧

少しでも早く治療を始める事によって、髪の毛をフサフサに戻すことが可能です。今までなかった毛髪ホルモン量測定キットはかなり貴重な検査キットです。

寿命が尽きる毛根が増えてしまう前に早めに行動しましょう!

自分で判断するのではなくて、少しでも髪の毛が怪しいな・・・と思ったら、まずはAGA検査キットで診断を受けてみるのがおすすめです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。