30代40代50代でシミだらけ!顔のシミを取りたい・消したい方におすすめのクリニック

美容クリニック

顔にシミが沢山出てきて、すっぴんになるとシミだらけ状態で悩んでいる30代40代50代の方におすすめの顔のシミを消す最新の治療方法を紹介。

30代~50代になって加齢とともに今までなかったシミが顔にたくさん出てきたり、そばかすが気になるようになったという人もいますが、クリニックでの美容相談で多い悩みはやはり「シミ」です。

よくネットやSNSなどで「美白化粧品でシミが消えた」というような情報が載っていることがありますが、薬機法でNGですし、

基本的に「シミを化粧品で消すことはできません」

ネットやSNSの嘘情報に惑わされて、

顔のシミを取りたいと思って何年も美白化粧品やシミ取りクリームを使い続けて、「ちょっと薄くなったかも・・・(気のせい)」ではお金と時間をドブに捨てているようなものです。

唯一、ハイドロキノン配合クリームならシミを薄くする効果はありますが、時間もかなり掛かりますし消すまでいくのはなかなか難しいです。

できてしまった顔のシミを取りたいのであれば、やはり美容クリニックで治療を受けるのが基本です。

クリニックでのシミ取り治療では「レーザー治療」「光治療」がありますが、しっかりと確実に気になるシミを消す事ができます。

おすすめクリニック一覧を見る

↓すっぴんになるとシミだらけ・・・治療方法は?

シミだらけ・・・大量の顔のシミを取りたいならレーザー治療か光治療!

シミというのは主に「老人性色素斑」の事で、

主に紫外線にあたる事でダメージを受けメラニンが蓄積されて出てきてしまうのが原因です。

早いと30代~出てくる人もいて多くの人は40代からでてきてしまう加齢性のシミです。

メラニンは表皮と真皮の間にあるメラノサイトで作られますが、

紫外線が肌に悪影響を及ぼすので「それを守るバリア」として表皮と真皮の間にある基底層でメラニンを作っておくことで、そのメラニンが紫外線を吸収するので真皮にまでダメージがいかないようになっています。

例えば海に行って思いっきり日焼けをしたとすると、

日光に沢山あたると「紫外線がたくさん来てるな」と体が反応してメラノサイトがメラニンを作ってケラチノサイトという細胞がメラニンを保ち真皮を守るバリアとして働くといった仕組みです。

通常、作られたメラニンは時間とともに吸収されて元の肌の色に戻っていきます。

ただ、このメラニンが作られすぎたり、吸収が悪くなる部分が加齢とともに出てきてしまいます。

そうなるとメラニンが集まっている状態になってしまい、色がついて茶色いシミに見えてしまうといったわけです。

気付いたらいつの間にかシミだらけになっていた・・・という方も多いです。

先ほどの画像のように角質層の下にメラニンが溜まってシミになるのだから、美白美容液やシミ取りクリームでは、どれだけケアをしてもなくなるはずありません。

角質層までしか届かないので、できてしまったシミは自分でどうこうできるものではありませんし、偶然ポロっと取れるなんてこともほぼないでしょう。

クリニックのシミ取り治療としては、「レーザー治療」もしくは「光治療」が使われます。

メラニンが溜まってシミになっているのなら、

その溜まっているメラニンをレーザー治療や光治療で分解してあげればシミを消す事ができるわけです。

顔中シミだらけでも安心!最新のシミ取り治療「ピコレーザー」がおすすめ!

シミ取り治療ではシミの原因であるメラニンに特に反応するレーザーの波長を使用します。

レーザーにも色々な機種がありますが、今現在一番性能が良いのが最新の「ピコレーザー」になります。

ピコレーザーの種類

・ピコウェイ(PicoWay)
⇒アメリカのシネロンキャンデラ社の製品で厚労省の承認を得ています。

・エンライトン
⇒アメリカのキュテラ社の製品で3種類の波長が使い分けれられる。エンライトン3が最上位機種

・ピコシュア
⇒アメリカのサイノシュア社の製品で一番最初に開発されたピコレーザーです。

・ディスカバリーピコ
⇒イタリアのクワント社の製品

上記がピコレーザーの中でもクリニックでよく使われている機種になります。

ピコレーザーは従来のレーザー機器と比べて肌へのダメージやリスクが最小限に抑えられて、従来のレーザー機器でのシミ取り治療より格段に早くてきれいにシミ取りができるようになりました。

瞬時にメラニン色素を分解するので、レーザー照射後もかさぶたになりにくく炎症後色素沈着を起こす事もあまりありません。

肌をほとんど傷つけないため、ダウンタイムもほとんど気にならないレベルになっています。

ピコレーザーを使ったシミを消す治療方法は、

「ピコスポット」「ピコトーニング」の2パターンがあります。

旧型のレーザー機器を使っているクリニックはまだ多いですので、顔のシミを取りたいなら、シミ取り治療に使っている機器が「ピコレーザー」なのかをしっかりと確認するようにしましょう。

↓顔のシミを消したい方におすすめの最新の治療方法!

顔のシミを取りたい方におすすめの最新治療方法!

ピコスポット

⇒1回でピンポイントでシミを消したい方におすすめ

ピコスポットはピコレーザーを使った「シミのスポット治療」で、唯一、1回でシミ治療を終わらせる可能性がある施術です。

レーザーを高出力でシミにあてるとメラニンが反応して熱をもち、その熱のエネルギーでメラニン色素を分解して壊すという仕組みになります。

レーザーを当てた直後は少し白っぽくなってすぐに黒くなります。

ダウンタイムの間はクリニックで貰える肌色のテープで保護してメイクは当日から可能なので化粧で隠して生活をすることになります。

そして大体1週間後くらいに黒くなった皮膚がポロっと落ちてシミが消えるという流れになります。

ピコスポットは上記のような流れで濃いシミでも薄いシミでも、狙ったシミを高出力で1回で取る事を目的とした治療になります。

通常の濃いシミであれば境界がはっきりしているので、ピコスポットでの治療はとてもやりやすい部類に入ります。

できるだけすぐに顔のシミを取りたい方におすすめの方法です。シミがなくなるだけですっぴんにも自信が持てます。

↓ピコスポットが安いおすすめクリニック

ピコスポットの特集ページはこちら

ピコトーニング

⇒低出力のレーザーで顔全体のシミやくすみを取る

ピコレーザーの「トーニングモード」を使ったシミ治療になります。

レーザーではありますが、ピコスポットと違い低出力で顔全体に照射する事で、顔全体にあるシミ、くすみ、肝斑、色むらなどを改善していく治療になります。

低出力で広範囲のメラニンに反応させる施術なので、薄いシミだらけの方や肝斑がある方の治療方法にベストな選択肢になります。

1発でシミを取ることはできませんが、

複数回の治療を受ける事でできてしまったシミやそばかすを消すことも可能で少しずつ顔全体の肌トラブルを改善する事ができます。

顔中が薄いシミだらけのような方にもおすすめの治療方法で、複数回受けたい場合は2週間に1回くらいのペースで受ける事ができます。

ダウンタイムや痛みは全くないので美容クリニックで施術を受けたことがないという方でもかなり受けやすい治療になります。

ピコスポットと比べると顔全体にマイルドに効かせる治療方法になるので、

平均的に5回程度の治療を受ける必要があります。

↓ピコトーニングが安いおすすめクリニック

ピコトーニングの特集ページはこちら

フォトフェイシャル(光治療)

⇒顔全体をキレイにトーンアップしたい方におすすめ

光は色々な波長のものが含まれていますが、レーザーの場合はその中からメラニンに効果の高いものだけをあてていました。

光治療のフォトフェイシャルの場合は、

色々な波長を集めた光を顔にあてていきます。

ですのでレーザーのように特にメラニンだけに効くというわけではないですが、色々なものに効く複数の波長の光をあてていくのでシミの改善、赤みの改善、肌質の改善、毛穴の改善など様々な効果があるのがポイントです。

例えばシミだけではなくて色ムラがあるような方は、フォトフェイシャルの方が適用になる場合があります。

・ピコスポット
⇒メラニンのみに反応する波長を使い肌組織を傷付けないので出力を上げて1回でシミの治療ができる

・フォトフェイシャル
⇒色々な波長の光を使用するので、出力を抑えめにして顔全体を少しずつ治療していく

シミ以外の肌トラブルにも効果があったり、シミができにくい肌になれる点は大きなメリットですが、その代わりにピコスポットのレーザー治療のように1回でシミを消すことはできません。

レーザー治療と違って光治療は回数を重ねていくのが前提の治療方法になります。

1ヶ月に1回のペースで受けていって、

平均的には3回~5回程度の治療を受けるのが推奨されています。

ピコトーニングと同じように顔全体にあてて治療をしていく形で、顔全体の様々な肌トラブルに効果がありメラニンも徐々に分解する事ができます。

肌トラブルやダウンタイムのリスクもほとんどない治療方法です。

一番効果が高いのはステラM22という最新の機種になります。

2021年1月時点では、日本に5台しかない最新のフォトフェイシャル機器でフォトフェイシャルを受けたいならステラM22がベストです。

↓フォトフェイシャルが安いおすすめクリニック

ステラM22の特集ページはこちら

30代40代でシミだらけの人におすすめのクリニック5選!

以下のクリニックはシミ取り放題のキャンペーンがあるので、シミだらけで顔中に大量にあるという方は、かなりおすすめのクリニックになります。

オーロラクリニック

ピコスポットが1ショット3,300円!30分間シミ取り放題プランあり

オーロラクリニックも厚労省や米国FDAの認可を受けているピコレーザー(ピコウェイ)でのシミ取り治療が受けられます。

ピコスポットによるシミ取りの値段は1ショット3,300円でこちらのクリニックもかなり安いです。顔のシミを30分間全部取り放題というプランもあって期間限定で38,500円に割引中です。

ピコトーニングやフォトフェイシャルのメニューもあるので自分に合ったシミ取り治療が受けられます。施術後はシートマスクでの保湿もセットになっていて良心的です。

2021年4月に新宿に開院したクリニックで、院内もキレイで穴場のクリニックです。

料金一覧 ★ピコスポット
・シミ1ショット⇒3,300円
★ピコスポット打ち放題キャンペーン
・シミ取り放題(5ショット)=14,300円
・シミ取り放題(10ショット)=27,500円
・シミ取り放題(30分)=38,500円
★ピコトーニング
・全顔1回⇒16,500円
★フォトフェイシャル
・セレックV(全顔1回)⇒19,800円

東京(新宿院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
シミ取り治療の詳細はこちら

表参道メディカルクリニック

シミだらけの人におすすめ!無制限のシミ取り治療が安い!

表参道メディカルクリニックでは、ピコシュアやエンライトンと2種類のピコレーザーを導入。

ピコスポットでの顔全体のシミ取り放題プランが無制限で54,780円のみで受けられるのがポイントです。

何個でも気になる所があれば全部打ってくれるので、顔がシミだらけで無数にあってできるだけ多く取りたいという方には一番おすすめのクリニックになります。

無制限で取り放題はかなり凄いです。

逆に、シミ1個だけとか数個だけなら上記で紹介しているレジーナクリニックやオーロラクリニックの方が安いのでおすすめになります。

ピコトーニングに関しては相場よりもかなり安いのでこちらを選ぶのも良いと思います。

料金一覧 ★ピコスポット
・シミ1個(5mm辺り)⇒6,380円
★ピコスポット打ち放題キャンペーン
・シミ取り放題(無制限)=54,780円
★ピコトーニング
・全顔1回⇒10,780円

東京(表参道院、銀座院、六本木院、新宿院、池袋駅前院)、神奈川(横浜院)、大阪(大阪院、心斎橋院)、福岡(福岡天神院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
シミ取り治療の詳細はこちら

湘南美容クリニック

シミ10個取り放題がたったの26,000円のみでOK!

湘南美容クリニックは、シミ取りレーザー、ピコトーニング、フォトフェイシャルと様々なシミ取り治療に対応しているクリニックになります。

CMでも話題になっていますが、顔のシミ10個まで取り放題プランを実施中。シミの大きさは問わないのでとにかく大きいシミがあっても10個26,000円のみで確実に取ってくれます。

また、スポットのシミ取りでも2mm以下のシミであれば1個2,680円で取れます。

またフォトフェイシャルでは日本に数台しかない「ステラM22」を導入しているのでフォトフェイシャルでのシミ取り治療を考えている方はかなりおすすめになります。

料金一覧 ★Qスイッチルビーレーザー
・シミ(2mm以下)⇒2,680円
・シミ(4mm以下)⇒4,,200円
・シミ(6mm以下)⇒5,980円
・シミ(10mm以下)⇒8,100円
・シミ(16mm以下)⇒13,770円
・シミ(22mm以下)⇒18,880円
・シミ(30mm以下)⇒24,000円
★シミ取り放題キャンペーン
・シミ取り放題(10個まで)=26,000円
★ピコトーニング
・全顔1回⇒11,000円

★フォトフェイシャル
・ステラM22(全顔1回)⇒12,800円
・フォトRF(全顔1回)⇒9,980円
・フォトシルクプラス(全顔1回)⇒12,830円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、福島(福島院)、東京(新宿本院、新宿南口院、銀座院、SBC銀座院、新橋銀座口院、渋谷院、渋谷アネックス院、表参道院、六本木院、池袋東口院、池袋西口院、赤坂見附院、高田馬場院、品川院、秋葉原院、上野院、湘南メディカル記念病院(両国)、西葛西院、東京蒲田院、赤羽院、自由が丘院、二子玉川院、立川院、町田院、湘南内科皮フ科町田院、八王子院)、神奈川(横浜店、横浜東口院、川崎院、武蔵小杉院、橋本院、藤沢院、横須賀中央院、辻堂アカデミア)、埼玉(大宮東口院、川口院、所沢院、川越院)、千葉(千葉センシティ院、船橋院、松戸院、柏院)、群馬(高崎院)、栃木(宇都宮院)、茨城(水戸院)、愛知(名古屋院、名古屋栄院、栄矢場町院)、静岡(浜松院、静岡院)、新潟(新潟院)、石川(金沢院)、長野(長野院)、岐阜(岐阜院)、京都(京都院、京都河原町院)、大阪(大阪梅田院、大阪駅前院、大阪心斎橋院、大阪あべの院、大阪京橋院、大阪堺東院)、兵庫(神戸院、姫路院、西宮北口院)、奈良(奈良院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、香川(高松院)、愛媛(松山院)、福岡(福岡院、小倉院、熊本院)、鹿児島(鹿児島院)、沖縄(那覇院)、海外(ベトナム院、アーバイン院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
シミ取り治療の詳細はこちら

レジーナクリニック

直径1cm未満のシミ取りが1個3,278円!打ち放題プランも!

レジーナクリニックはピコレーザー(ピコウェイ)を使用したシミ取り治療がとても安いクリニック。

直径1cm未満のシミであれば1個3,278円のみで取れます。他のクリニックでは2mmとか3mmでもっと値段が高いので破格の安さになっています。

顔のシミ取り10個のプランも25,300円とかなり安いです。顔のシミを1個~10個くらいとりたいのであれば、コスパ面でレジーナクリニックが一番安いです。

他にも無制限に顔にあるシミを全部取り放題のプランもあります。顔中シミだらけでも取り放題プランなら無制限でまとめてシミを取る事ができます。

また、ピコトーニングも顔全体の治療で1回1万円以下なのでこちらもトップクラスの安さになります。東京の表参道にクリニックがあるので通える人はかなりおすすめのクリニックです。

シミ取り治療が人気すぎて予約殺到中!

料金一覧 ★ピコスポット
・シミ1個(1cm未満)⇒3,278円
・シミ1個(1cm以上1c㎡未満)⇒11,000円
・シミ1個(1c㎡以上2c㎡未満)⇒22,000円
(※以降1c㎡ごとに+11,000円)
★ピコスポット打ち放題キャンペーン
・シミ取り放題(無制限)=97,900円
・シミ取り放題(5個)=14,300円
・シミ取り放題(10個)=25,300円
・シミ取り放題(20個)=48,400円
★ピコトーニング
・全顔(1回)⇒8,580円(初回)
・デコルテ(1回)⇒14,080円(初回)
・手の甲(1回)⇒7,480円(初回)
・背中上部(1回)⇒21,780円(初回)


東京(表参道院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
シミ取り治療の詳細はこちら

品川美容クリニック

フォトRFやフォトシルクプラスがかなりお得!

品川美容クリニックもシミ取り治療の種類が豊富にあるので、症状に合った最適な治療方法を選べるというメリットがあります。

こちらも値段的にはかなり安いクリニックでフォトRFでのシミ治療が1回3,920円フォトシルクプラスが1回8,640円と破格な安さになっています。

フォトフェイシャルでの治療が安いので顔全体のシミや他のトラブルを総合的に治療していきたい方は品川美容外科に向いています。

スポット的なシミ取りは従来のQスイッチヤグレーザーを使用しているので、他のピコレーザーを導入したクリニックを選んだほうが良いです。

料金一覧 ★Qスイッチヤグレーザー
・シミ1個(3mm未満)⇒3,850円
★ピコトーニング
・鼻・頬・アゴ⇒5,670円
・頬骨上・額⇒7,560円
・全顔⇒24,570円
★フォトフェイシャル
・フォトRF(全顔1回)⇒3,920円

・フォトシルクプラス(全顔1回)⇒8,640円

北海道(札幌院)、宮城(仙台院)、東京(品川本院、新宿院、渋谷院、表参道院、池袋院、銀座院、上野院、立川院)、神奈川(横浜院)、埼玉(大宮店)、栃木(宇都宮院)、千葉(千葉院)、新潟(新潟院)、愛知(名古屋院)、静岡(静岡院)、大阪(梅田院、心斎橋院)、京都(京都院)、兵庫(神戸院)、岡山(岡山院)、広島(広島院)、福岡(福岡院)、鹿児島(鹿児島院)、熊本(熊本院)、沖縄(沖縄院)
※2020年12月現在

無料カウンセリング予約!↓
シミ取り治療の詳細はこちら

30代~50代は注意!シミ取り治療は肝斑があるかないかの診断が大事です

シミ取り治療では、肝斑があるかないかが重要なポイントになります。

肝斑は30代~50代くらいに多く見られるシミで通常のシミと同様に紫外線の影響もありますが、それだけではなくピルとか妊娠とかの女性ホルモンの影響を受けてメラニンを作るメラノサイトを刺激する事が原因と言われています。

肝斑があるというだけで、先ほど挙げたピコスポットやフォトフェイシャルのようなアグレッシブなシミ取り治療を行う事ができません。

肝斑は炎症性のシミなので刺激を与えるような治療を行うと逆に悪化してしまうリスクがあります。

ですので肝斑が優位に出ている場合はピコトーニングが適用になります。
(※併用でトラネキサム酸の服用なども行います)

また、

老人性色素斑+肝斑
そばかす+肝斑

といったように、肝斑の上にシミがあったり、

「老人性色素斑」、「そばかす」、「ニキビ跡の色素沈着」、「肝斑」といったように色々な種類のシミが重なっているケースも多いです。

通常のシミ(老人性色素斑)だけならピコスポットでパチッと簡単に取れるのに、

肝斑があるせいでそれが受けられないという事もあり、肝斑があるかないかだけでシミ治療の難易度が上がってきます。

ですのでシミ取り治療で失敗したくないのであれば、

しっかりとクリニックの「無料カウンセリング」を受けて通常の加齢性のシミだけなのか?肝斑もあるのか?というのを最初に診断してもらう事がとても大事になってきます。

肝斑があるのが分かったとしても、

ちゃんと消す事ができる効率的な治療方法や治す順序があるので安心してください。

30代40代50代の方で顔のシミを取りたいなぁ~って思ったらレーザー治療か光治療を受けるのが基本です。ただし最初の診断がとても大事になるので、まずは「無料カウンセリング」でドクターに診断をしてもらいましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。