マリオネットラインを消す最新治療法は?ブルドック顔を即効で治すおすすめプチ整形

美容クリニック

マリオネットラインができてブルドック顔に・・・即効で治すプチ整形って何かあるのかな?

口角から下にくっきりとできてしまった「マリオネットライン」

マリオネットラインができるとブルドック顔のように見える事からブルドックラインとも呼ばれています。

40代50代の方で悩まれている方がとても多く、1回できてしまうとほうれい線よりも厄介なシワで見た目年齢が上がり、より老け顔に見られてしまいます。

あるだけで何も特がないマリオネットライン・・・

何とか消したいですよね?

そんなマリオネットラインを消す最新治療法を紹介します。

マリオネットラインができてブルドック顔になる原因は?

マリオネットラインができてしまう原因は主に2つの要因があります。

一つは「脂肪が減る事」でもう一つは「顔のたるみ」です。

加齢によって40代50代になると深部にある脂肪は減っていきますが、浅い所にある皮下脂肪はあまり減りません。

そうなると今まで深部にあった脂肪のおかげで顔が張っていたのに、それが減っていくので、風船がしぼんだような状態になって顔がたるんでいきます。

口角の部分に皮下脂肪がしっかりあるような人が加齢によってたるんでくると、その口角部分の皮下脂肪がたるんできて、そのたるみが原因となってマリオネットラインができてしまうというわけです。

つまり根本的な治療をするには、顔のたるみをなんとかする必要があります。

マリオネットラインを消す最新治療法・おすすめプチ整形

マリオネットラインはできてしまった後でも美容クリニックでの治療を受ける事で、場合によっては即効消す事も可能です。

例えば上記の画像の方はマリオネットラインがくっきりと入っていましたが、その溝を埋めるようにヒアルロン酸を注入してあげる事で、いとも簡単にマリオネットラインが目立たなくなりました。

こちらの方は医療HIFUによる引き締めとヒアルロン酸注射によってほとんどマリオネットラインを消す事ができています。ココまできれいに治すことができると見た目年齢も5~10歳は若返って見えます。

ただ、マリオネットラインは1つの治療で治すというわけではなく、たるみ治療をメインに複数の治療を組み合わせるのがおすすめです!

例を挙げると、ヒアルロン酸注射で溝を埋めて目立たなくしつつ、糸リフトなどでたるみの原因も改善するといった形です。

複数の治療を行う事でとても大きな改善効果を得る事ができます。

↓マリオネットラインを消すおすすめの治療

医療ハイフ

マリオネットラインがまだ軽度な状態であれば、医療HIFUで顔を引き締める事で目立たなくすることが可能です。

ただハイフによって顔全体のたるみが引き上がる事はないので、マリオネットラインがまだ薄い軽度な人におすすめの治療です。

他のたるみ治療と併用することでより効果的になってきます。

⇒ダウンタイムはほぼなし

↓医療ハイフが安いおすすめクリニック

上記のページから医療ハイフに対応したクリニックが探せます。

脂肪溶解注射(BNLSアルティメット)

マリオネットライン付近の脂肪が明らかに多くて、それがたるんでシワが形成されてしまっているようなブルドック顔の方の場合。

脂肪溶解注射で脂肪を減らす事で目立たなくする事も可能です。

ついている脂肪を取ってあげて、さらに頬のたるみを引き上げる治療を受ける事で大きく改善する事ができます。

⇒ダウンタイムはほぼなし

↓脂肪溶解注射が安いおすすめクリニック

上記のページから脂肪溶解注射に対応したクリニックが探せます。

ヒアルロン酸注射

一番簡単な治療として、マリオネットラインができてしまった溝にヒアルロン酸を注入して、
その溝を埋める事でマリオネットラインを目立たなくする方法があります。

ヒアルロン酸を入れて膨らますだけでもキレイになる事はありますが、

ヒアルロン酸注射のみだと顔はたるんだまま・・・

という事は、根本的な原因である「たるみの改善」が何もできていないので、

医療HIFUや糸リフトなど、最終的にはたるみの治療と併用するのがおすすめになります。

⇒ダウンタイムはほぼなし

糸リフト(スレッドリフト)

マリオネットラインを消すのにかなりおすすめなのが糸リフトです。

溶ける糸を使った施術で、こめかみや耳付近を固定源として糸を挿入して縦にグッと引き上げることができます。

糸リフトなら根本的な原因である顔のたるみの改善ができます。

糸リフトなら切らない施術ですし、若い人でも受けておく事によって今後のたるみ予防にもなるのがポイントです。

ヒアルロン酸注射と組み合わせるのがおすすめです。

⇒ダウンタイムは3日~1週間程度

↓糸リフト(スレッドリフト)が安いおすすめクリニック

上記のページから糸リフトに対応したクリニックが探せます。

フェイスリフト

フェイスリフトは皮膚を切ってグッと引き上げる施術になります。

こちらは切る手術になるのでダウンタイムは糸リフトよりも長くなりますが、糸リフトよりも効果が高いです。

耳付近を切って皮膚を取り除いて、たるんだ皮膚をグッと引き上げる事ができるので、

マリオネットラインの段差を大きく減らす事ができます。

⇒ダウンタイムは1週間~2週間程度

クリニックでのマリオネットラインの治療は、それぞれの症状に合わせて治療を組み合わせて行われるのが定番です。

マリオネットライン(ブルドック顔)を治すのは自分でできる?

マリオネットラインができてしまった状態から、自力で消すのは不可能です。

何人かのお医者さんに聞きましたが、よくマッサージをすると消えると言っている人もいますが、顔のたるみをマッサージで無くす事もありえないという事です。

ただ、自力で少しでも治す、またはならない努力はする事はできます。

ダイエットをする事で顔の脂肪を落とす

もし太っているのであればダイエットをする事で、

顔の頬の脂肪が多少は落ちるので重さが軽くなって段差も目立ちにくくなります。

ただ、ダイエットに成功したとしても顔の脂肪をしっかり落とすのは難しいので効果は実感し辛いです。

摩擦が起きるようなマッサージをしない

よく自分でできるマッサージとかを動画で見てやっている人も多いですが、

マッサージでグリグリと肌に刺激を与え続けると肌の下にあるコラーゲンやエラスチンが潰されてしまいます。

また脂肪もどんどんと緩んでいって逆にたるみの原因になります。

顔のたるみ対策でコロコロ美顔器をやっている人もいますが、無意味ですし、

肝斑やニキビの原因になるので止めましょう。

日焼け対策を徹底する

日焼け対策をしないと肌がドンドン老化して行ってしまいます。

人間の肌の老化の原因の7~8割は光(紫外線)によるものと言われています。

紫外線によって肌の中にあるコラーゲンが萎縮したり、肌が老化することで皮膚が薄くなりシワができやすくたるみやすい状態になってしまいます。

ですので肌の老化を防ぐためにも日焼け止めなどで、しっかりとしたケアをするようにしましょう。

マリオネットラインを消す事ができれば、見た目年齢が大きく変わりますしフェイスラインがとてもきれいになります。

マリオネットラインを消すおすすめの治療方法を紹介しました。気になる方は「無料カウンセリング」を受けるのをおすすめします!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。