【最新】イベルメクチン(12mg)のおすすめ購入方法は?個人輸入の通販サイトが安い!

美容アイテム・お薬

イベルメクチンとは何?って人も見てみて!イベルメクチンはオミクロン株など新型コロナウイルスの予防や治療に効果があるのでは?と話題の飲み薬です。

イベルメクチンはノーベル賞を受賞した大村智博士が開発した元々寄生虫に対して使われていた治療薬です。

この薬によって沢山の病に苦しむアフリカの人たちを救ったという実績がある素晴らしい薬です。その功績により、大村智博士はノーベル賞も受賞しています。

イベルメクチンは疥癬症や線虫症などを中心に5億人以上に投与した実績があり、抗寄生虫薬としては幅広い実績がある薬になっています。

そんな薬がなぜ最近注目されているかというと、

新型コロナウイルスに効くのではないか?と期待されていて臨床試験を行っている最中であるからです。

現在ではまだまだエビデンスデータが足りないので、

コロナに効くという医者もいるし、効果があるかは分からないという医者もいて意見は分かれている状態になっています。

今後もっと治験を進めていって実証していければ、とても素晴らしい事ですので期待したい所です。

以下では実際に現役の医者にイベルメクチンが、本当にコロナに効くのか?を聞いてみた事をまとめています。

↓イベルメクチンの医者の見解!↓

医者に聞いた!イベルメクチンの効果は?新型コロナウイルスに効くのは本当?

イベルメクチンの新型コロナウイルスに対する効果としては、実は、試験管内では有用性がすでに確立しています。

イベルメクチンの作用機序としては、

まず、コロナウイルスが体の中に入って感染する時は細胞のレセプターにくっつきます。

そして、それからウイルスが細胞内に入ってきます。

しかし、イベルメクチンはウイルスがレセプターにくっついて細胞内に取り込まれるのをブロックする事ができます。

この効果がある事は「試験管内の実験」では既に分かっています。

また、コロナウイルスが細胞内に入って来た場合、

ウイルスを複製するためにタンパク質を作っていきますが、そのプロセスをブロックする効果というのも試験管内では証明されています。

要は、コロナウイルスの増殖もブロックするという事です。

つまり現段階で分かっている事は、

・コロナウイルスが細胞内に取り込まれるのをブロックする
・コロナウイルスが増殖するのをブロックする

という2つに関しては、あくまでも試験管内での実験では証明されているわけです。

アメリカの医師団体の臨床試験では新型コロナに対して著しい有用性があったとの報告もあります。

具体的には感染後1週間以内の服用で76%、中等症以降の後期治療でも46%もの有効性が確認されたという報告がされています。

今現在イベルメクチンで認められているエビデンスは上記になります。

ただし、まだエビデンスデータが不足しているので、効果があるとはっきり言う事は出来ないし、否定的な医者がいるのも事実です。

ランダム化比較試験などを実施して、データが蓄積されていく事で効果が「効果がある」もしくは「効果がない」というのがはっきりしてきます。

つまり現段階で、コロナに対する効果に関しては「分からない」と答えるしかできないのが実情です。

という事でした。

最近発表されたイベルメクチンの新型コロナに対する効果は?

最近でもイベルメクチンがコロナに対して有効である、というようなデータはどんどんと出てきています。

上記の画像はコンピュータを使ったオミクロン株への有効薬剤スクリーニングを行った結果です。

こちらではファイザーの高額な新薬パクスロビドやMPro 13bやリピナビルを上回り、イベルメクチンが最も有効との結果も出ています。

そして極め付けは2022年1月31日の一番最新のニュースです。

ロイターが報じたニュースで、非臨床試験ではありますがイベルメクチンがオミクロン株に対しても、デルタ株などの既存の変異株と同等の抗ウイルス効果があることを確認した。

という発表がありました。これはYahooニュースにも載りました。

⇒Yahooニュースはこちら

新型コロナウイルス感染症の治療薬として、現在、第3相の臨床試験を行っているイベルメクチンへの期待はますます高まるばかりになってきています。

現在日本国内だと新型コロナウイルスに対するイベルメクチンの投与は、適用外使用という形になっていて、患者さんの同意のもとで医者の判断で投与する事が可能ではあります。

ですので、日本国内の病院でも実際にコロナ陽性の患者さんにイベルメクチンを投与しているお医者さんはいます。

またイベルメクチンにやや否定的なお医者さんでも、例えば患者さんがイベルメクチン信者だったら、「どうしてもイベルメクチンを投与してほしい」とお願いされることがあります。

そうなると、比較的強い副作用がなくて出しやすい薬だし患者さんも望んでいるのであったらという事で、「後悔されたり、もし出さなくて恨まれるのも嫌だから」という理由で出しているというお医者さんもいると聞きます。

最新の発表などを見てもイベルメクチンは

やっぱりコロナに効果があるんじゃないか?と思いますが、問題は実際にコロナ陽性の感染した人に投与した時にもしっかりと効果があるのかという所です。

ここのエビデンスが「まだ足りていない状態」なんです。

今現在は第3相の臨床試験に入っているので、もしイベルメクチンが新型コロナに効果がある事が確実となれば副作用もあまり気にならない飲み薬なので比較的気楽に出せます。

そして、自宅療養の人にも投与する事ができるので、良い結果が出るようなことになれば素晴らしい事ですし、世界中の人も喜ぶと思います。儲からなくなる製薬会社の人だけは嫌がるでしょうが・・・

↓今現在イベルメクチンを購入するには?

イベルメクチンの購入方法!どこで買えるの?通販は安全?

実際に既にイベルメクチンを備蓄して予防として飲んでいる人は多いです。

中にはワクチンすら打たずにイベルメクチンだけで新型コロナ対策をしているという人もいます。

ドラッグストアや薬局で買えるのか?が気になる人もいると思いますが、イベルメクチンは処方薬になるので薬局などで購入する事ができません。

イベルメクチンは流通が少なくて処方してくれる病院も少ないので、ほとんどの人が個人輸入でイベルメクチンを入手しているようです。

以下ではイベルメクチンを購入する事ができる個人輸入の通販サイトを調べて値段を比較しました。利用者が多くて実績のある安全なサイトのみを掲載しています。

もしもの為にイベルメクチンを持っておきたいという方は、そちらから選んで購入するのが一番手っ取り早いと思います。

イベルメクチンの通販・個人輸入はココ!一番安いのは?

通販サイト 値段 クーポン
ユニドラ ★イベルメクチン(12mg/50錠)
・1箱⇒7,400円
・2箱⇒12,800円
・3箱⇒18,600円
・4箱⇒23,600円
UD3QXWTS
ベストケンコー ★イベルメクチン(12mg/50錠)
・1箱⇒7,400円
・2箱⇒12,800円
・3箱⇒18,600円
・4箱⇒23,600円
くすりエクスプレス ★イベルメクチン(12mg/50錠)
・1箱⇒7,400円
・2箱⇒12,800円
・3箱⇒18,600円
・4箱⇒23,600円
メデマート ★イベルメクチン(12mg)
・10錠⇒2,600円
・50錠⇒12,000円
・100錠⇒22,000円
・300錠⇒60,000円

※2022年2月現在の値段

上記のようにユニドラ、ベストケンコー、くすりエクスプレスで1箱(12mg50錠)が7,400円で購入できます。

アクセス数を比較するとほとんどの人がユニドラで購入しています。まとめ買いをすると、1箱あたりの単価が下がって値段が安くなるのでよりお得になります。

イベルメクチンにも色々な種類が売っていますが、

中でも一番買っている人が多いのがイベルメクチン12mg50錠(イベルメクトール)です。

迷ったら、とりあえずこれを買っておけば間違いないです。

⇒皆が買ってる!イベルメクチン12mg50錠

2022年1月31日にロイターやYahooニュースなどにオミクロン株への抗ウイルス効果があることを確認したと掲載されてしまったので、ユニドラを見ても通常の何十倍ものアクセスになっています。

物凄い数の注文買い占めが起こってきているので、売り切れて入荷待ちになる可能性が非常に高いです。

イベルメクチンが欲しい方は早めに購入する事をおすすめします。

イベルメクチンのニュースが出て注文が殺到しているようです。とにかく、もしもの為に1箱くらいは持っておきたい所ですね・・・

最新情報あり!偉い人たちのイベルメクチンへの見解・評判まとめ!

⇒皆が買ってる!イベルメクチン12mg50錠

イベルメクチンの使い方・飲み方は?副作用はある?

イベルメクチンの使い方は予防と治療で2つのやり方があります。

FLCCC(※新型コロナ治療最前線のクリティカルケアアライアンス)による公式な使い方・飲み方を記載します。

まずオミクロンなど新型コロナウイルス(COVD-19)の感染予防としての使い方は、イベルメクチン18mgを治療開始初日に1回飲んで、その後は毎週1回飲むようにします。

イベルメクチンは食後に飲むようにします。

ビタミンD3を2,000IU(50μg)とマルチビタミン1錠も毎日飲むとより効果的という事です。

先ほど紹介したユニドラでは、イベルメクチン12mg50錠、ビタミンD、マルチビタミンが全部セットになった、コロナ予防セットも販売されているのでこれを買えば間違いなしです。

⇒コロナ予防セットを見てみる

FLCCCではそういう飲み方になっていますが、

イベルメクチンの血中濃度は最大で40時間の為、予防として飲む場合は、その血中濃度を考えて週2回に分けて12mg1錠を1回ずつ飲む方が良いという方もいます。

血中濃度を意識して適切な間隔を空けて飲むというイメージです。

続いては、新型コロナウイルス(COVD-19)に感染してしまって、治療薬としての使い方になります。

治療としての飲み方は18mgを毎日1回食後に服用するという形になります。それを5日間連続で行います。

・新型コロナウイルスの予防
イベルメクチン18mgを治療開始初日に1回飲んで、その後は毎週1回飲む。
(※週2回に分けて12mg1錠を1回ずつ飲むのもあり)

・新型コロナウイルスの治療
イベルメクチン18mgを1日1回食後に飲む。それを5日間連続で行う。

それに加えて、ビタミンDマルチビタミンで免疫力向上する事で、一緒に取ればさらにコロナ対策に良いという事になります。

⇒FLCCCによる予防方法の詳細はここ

薬なので全く副作用がないわけではないのですが、イベルメクチンは比較的副作用も少なく投与しやすい部類の薬になります。

もし新型コロナに効果があるのであれば投与もしやすい薬という訳です。

イベルメクチンは現状ではまだまだ分からない部分も多いです。

今後もランダム化比較試験などのデータがもっとたくさん出て来たら、効果があるかないかももっとはっきりと分かってくるのではと思います。

現段階でも自身でイベルメクチンを購入して、自分の判断で投与しているという人は結構耳にします。

一番最新のニュースではオミクロン株への有用性も発表されています。

twitterなどを見ていると自分でデータとかも調べて、これは効くぞ!とかなり前から自信をもって使っている人も多いです。

効果があるかないかは意見の分かれる所ですが、

比較的副作用は気にならない安全な薬ですし、万が一、家族や自分が感染した場合に備えて、自宅に備蓄しておくとかなり安心です。

私も何箱かはすでに購入して保管しています。

イベルメクチンを購入したい方は、個人輸入の通販サイトを使った購入方法がおすすめ。自分でできるコロナ対策として使っている人がとても多いです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。