出来てしまったシミに効く飲み薬のおすすめは?美白に良い医薬品の内服薬ランキング

美容アイテム

出来てしまったシミは内側からのケアも大事って聞いたからシミに効く飲み薬で良いのないかな?

顔に出来てしまったシミを化粧品とかでケアはしてるけど全然改善されてないという方におすすめなのがシミに効く飲み薬です。

美白サプリを必死に飲んでいる人もいるけど、美白に良いのはやはり医薬品の内服薬です。飲んでた人ならわかると思いますが美白サプリで、すでに出来てしまったシミが消えるという事はほぼあり得ないです。

シミに効果的な医薬品の飲み薬はいろいろ販売されていますが、特にシミに良いとされている成分は主に以下の3つになります。

シミの飲み薬を使うなら成分を見てしっかりと選びましょう

↓出来てしまったシミに効く飲み薬はコレ

シミに効く飲み薬はこの成分が入ったものを選ぶべき!

L-システイン

L-システインはアミノ酸の中まで、体の中から代謝をサポートしてくれます。

皮膚、髪の毛、爪に多く含まれており、代謝を助けるということは肌のターンオーバーを正常に近づけることができるということです。肌のターンオーバーは28日周期とされていますが年齢とともに遅れていきます。

そうすると古い角質や細胞が肌の表面にとどまり、押し上げられて排出されるはずのメラニン色素が排出されず、色素沈着を起こしてしみになるのです。

L-システインはメラニン色素を表皮に押し上げ、排出するのを助ける役割があるとされています。ですからL-システインはシミに効果的と言われているのです。

アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミンCのことです。

ビタミンCと言うとレモンに多く含まれていて肌にいいというイメージがあるでしょうが、ビタミンCには細胞や肌の酸化を防ぐ還元作用があります。酸化を防ぐということは紫外線などに反応した細胞が劣化するのを防ぐ役割があるということです。

紫外線は活性酸素を生み出し正常な細胞を傷つける恐れがあります。酸素ですから酸化させ、さびた鉄のようにするということですが、ビタミンCにはそれを防ぐ効果があるということです。

アスコルビン酸にも同じ効果が期待でき、体の中に取り入れることでより高い効果が期待できるのです。またビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きを持っています。

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに必要不可欠ですが、年齢とともに減っていくという弱点があります。ビタミンCは幹細胞でコラーゲンが生成されるのを助けることで、年齢に負けない肌作りを可能としているのです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑という鼻筋を中心に左右対称にできる淡褐色のシミに特に効果的とされています。

元々血液を溶かす物質の働きを抑制し、止血するために使われていた成分ですが、肝斑にも効果があるとして皮膚科や美容外科で広く使われています。

また肝斑だけではなくいわゆるシミの老人性色素斑やニキビの後にできやすい炎症後色素沈着などにも効果があるとされています。

このように、主に3つの成分がシミに効く飲み薬の中でメジャーな成分になっています。

トラネキサム酸は主に肝斑用と言ってもいいので、普通のシミ対策をしたいという方は成分表示をチェックし、L-システインとアスコルビン酸がバランスよく配合されている飲み薬を選んでみてください。

※出来てしまったシミを早く消したいなら・・・
・第3類医薬品のシミに効く飲み薬がオススメ
・L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)で相乗効果
・飲み薬をメインにして美白サプリは栄養補助で使うのがベスト

以下で紹介しているシミに効く薬は副作用の心配をする事なく飲める第3類医薬品なので安心です。

出来てしまったシミのケアやこれからシミを増やさないためのシミ予防に内服薬でのケアはとても有効ですよ。

出来てしまったシミに効く飲み薬は以下から!

出来てしまったシミに効く飲み薬のおすすめはコレ

以下で紹介しているのは全て医薬品のシミ飲み薬です。

ミルセリンホワイトNKB

コスパが圧倒的に良い!シミ飲み薬の定番

ミルセリンホワイトは累計4万個も売れているシミの飲み薬の中では定番の商品。

入っている成分は下で紹介しているホワイピュアとほぼ同じなので効果は変わりません。定期購入なら初回45%OFFの値段で購入が可能です。定期購入は縛りなしで休止も解約も自由だから安心です。

とにかく定期購入なら圧倒的なコスパの良さなのが魅力なので迷ったらこれを選べばOK。

価格 ・定期購入(180錠)⇒2,400円
(※2回目以降2,400円)
・通常購入(180錠)⇒
4,400円
内容量 180錠(1回2錠を1日3回)
有効成分 アスコルビン酸(1,000mg)、L-システイン(240mg)、リボフラビン(ビタミンB2)(6mg)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)(12mg)、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)(50mg)など

↓今すぐ購入する!
シミに効く飲み薬を購入する!

ホワイピュア

芸能人も愛用!理想的なシミに効く飲み薬がコレ

ホワイピュアは顔や体全体のシミやそばかすや色素沈着に効く第3類医薬品の飲み薬。

Lシステインやアスコルビン酸やその他ビタミンなど配合成分も理想的で、これを飲むだけで全身のシミをケアする事ができます。定期購入だと初回の値段がかなり安くなります。

しかもお届け回数に縛りもなしです。今なら美白クリーム(10g)もプレゼントでついてくるのでかなりお得です。

価格 ・定期購入(180錠)⇒2,090円
(※2回目以降5,423円)
・通常購入(180錠)⇒
6,380円
内容量 180錠(1回3錠を1日2回)
有効成分 アスコルビン酸(1,000mg)、L-システイン(240mg)、リボフラビン(ビタミンB2)(6mg)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)(12mg)、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)(50mg)など

↓今すぐ購入する!
シミに効く飲み薬を購入する!

WHITE RUMAN(ホワイトルマン)

アスコルビン酸の量が多いの特徴のシミに効く飲み薬!

ホライトルマンは特にビタミンに特化しているシミの飲み薬で他の物よりアスコルビン酸などの量が多めに配合されています。

ただL-システインが入っていないので相乗効果を得る事ができないのはマイナス。

定期購入は1回でも休止OKで安心。

価格 ・定期購入(120錠)⇒2,090円
(※2回目以降6,578円)
・通常購入(120錠)⇒
8,690円
内容量 120錠(1回2錠を1日2回)
有効成分 アスコルビン酸(1,200mg)、リボフラビン(ビタミンB2)(10mg)、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)(100mg)など

↓今すぐ購入する!
シミに効く飲み薬を購入する!

ミルセリンホワイトとホワイピュアはほぼ同成分なので効果は同じです。

定期購入を続けるならミルセリンホワイトの方が安いのでコスパで選ぶならコレです。ホワイピュアは特典で美白クリームが付いてくるのでそこを比較してどちらにするか決めましょう。

シミの第3類医薬品の内服薬を紹介しました。毎日自宅でできるシミのケアとして飲み薬はとても気軽にできるのでおすすめですよ。

シミに効く飲み薬のL-システインとビタミンの相乗効果

シミに効果的とされている成分にL-システインがありますが、アスコルビン酸(ビタミン)との相乗効果を知っておくことでよりシミ対策がしやすくなります。

では具体的にL-システインとビタミンはどのようにシミに働くのでしょうか。

L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)が共同でもたらす作用

L-システインにはさまざまな効果があるのですが、特にシミに対してはアスコルビン酸(ビタミンC)と協力することでシミの原因物質であるメラニンが作られるのを抑えてくれます。

さらに黒色化してしまったメラニンを無色にしますので、日焼けすることもありません。

日焼けはメラノサイトが紫外線に反応して、メラニンを生成し、黒色化することで起こりますから、メラニンが作られなければ日焼けすることもないのです。

また肌の代謝を28日周期に近づけていくターンオーバーのサポート作用もありますので、新しい細胞にスムーズに生まれ変わり、古い角質がとどまったままの状態を回避することができます。

その結果、角質にとどまっていたメラニンも排出されやすくなるのです。

コラーゲンの生成もサポート

さらにL-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)にはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。コラーゲンは肌のハリと弾力をキープする働きがありますが、年齢やストレスなどでその生産性は落ちていきます。

すると肌からハリや弾力が失われ、シミやしわ、たるみなどの原因となってしまうのですが、コラーゲンの生成をサポートするL-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)の働きによって肌はいつまでも若々しく、ハリとツヤのある状態を保つことができるのです。

肌トラブルの回避

L-システインには肌のターンオーバーを正常化する働きがあると先ほど述べました。

肌のターンオーバーが正常に行われると色素沈着した角質細胞が剥がれ落ちてシミが予防できるだけではなく、古い角質が毛穴を埋めてできるニキビを予防することもできます。

さらに古い角質がたまるとくすみができ、ごわごわとした肌になってしまうのですが、これも予防することができます。

ほかにもシワやたるみ、ほうれい線など年齢によって現れる気になる肌トラブルを予防改善する効果が期待できるのです。

体にもいい影響が

またL-システインは体の代謝もスムーズにしてくれますので、体が疲れるのを予防してくれます。

ビタミンにも同じく体の疲労回復効果を持つビタミンCや、体をさび付かせる活性酸素を除去するビタミンEなどがありますので、L-システインとビタミンが組み合わさることでより高い効果が期待できるのです。

仕事が忙しく疲れやすい人、夏バテしやすい人、二日酔いしやすい人にこそお勧めと言えるでしょう。

医薬品の内服薬で出来てしまったシミをケア

シミ対策を本格的にしたいなら内側からのケアを行いましょう。

内側からのケアというと薬やサプリメント、食べ物を思い浮かべる人も多いでしょうが、シミの内側からのケア方法として最も有効なのは飲み薬を使った方法です。

では実際にシミ対策として有効な飲み薬についてみてみましょう。

外からのケアはバリア機能の破壊につながる可能性がある

最近多く見られる美白化粧品ですが、シミの元は表皮の奥底にありますから、バリア機能を果たしている表皮を一度壊さなければなりません。

バリア機能を壊すということは外からの刺激、たとえば紫外線やほこり、ダニ、雑菌などに弱くなるということですからお勧めできません。

しかし美白有効成分を肌の奥まで届けるためには表皮を通過しなければなりませんし、表皮はミルフィーユのように4重になっていますから、その隙間を突破するのは無理です。

ですからバリアを一度破壊して、別に含まれているバリア機能を生成する成分で再構築しなければならないのです。

だからシミは体の内側からのケアがお勧め

しかし美白有効成分を体の中から取り入れると話は別です。

肌の外から取り入れるわけではないのでバリア機能を破壊する必要はまずありません。さらに食べ物が消化吸収されるように美白有効成分も胃腸を通じて消化吸収されますから血行に乗って必要な場所へと運ばれるのです。

必要な場所へ届いた美白有効成分はメラノサイトで働き、黒色メラニンの発生を抑えながらもメラノサイトの体を紫外線などから守ろうとする力をキープします。

食べ物より飲み薬がお勧めな理由。

しかし美白有効成分は麹だったりビタミンCだったり、食べ物にも含まれているものです。なぜ食べ物ではなく薬の方がいいのか、と疑問に思う方もいるでしょう。

確かに美白有効成分を食べ物から摂るのもいいのですが、体に吸収されるのは含有成分量のわずかな量ですし、本当に体が必要とする量を摂取するためには大量に同じ食品を食べなければなりません。

しかも日本では手に入りづらかったり、味が合わなかったり、高くて買い続けることができなかったりするものもあります。そんな思いをするなら、ほぼ100%が吸収される飲み薬の方が手軽なのです。

はっきりとした効果を得たいならシミの医薬品飲み薬。

徐々に効果を実感したい方や補助的に使うのであればサプリメントの使用もありですね。サプリメントは健康補助食品であり、いつもの食事で摂取する栄養成分を補うためのものです。

医薬品の内服薬は科学的なデータにより効果や効能が証明されているものです。

どちらのタイプがいいかはあなたが良く考えて決めるといいでしょう。

しっかりとした効果を実感したいならサプリではなく医薬品の飲み薬がベストです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。